アンデラ8話
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

不変の否定者ジーナとの戦闘の突破口を掴んだアンディはジーナのバリアの内側に入り込み…。

ということで、さっそく今週号の紹介します!

まだアンデッドアンラックについてイマイチ分からないという方は50秒のPV動画をご覧ください♪
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

異能×異能の異色バディ!!死を覚悟した不運【アンラック】な少女の前に、現れたのは死を求める不死【アンデッド】…!?

悪辣!暴虐!真っ裸!前代未聞のピカレスク・ヒーロー、ジャンプに登場!

ネタバレ注意!

このページでは8話のネタバレ要素を含みます!


アンデッドアンラック8話のネタバレ&あらすじ

前話までのおさらい

・ジーナの不変を暴くも苦戦
・突破口を見つけ、バリアの内側にアンディが入り込む!

アンデッドアンラック8話ネタバレ「ジーナをとうとう攻略」

これまでジーナは球状のバリアの中にいて、攻撃が届きませんでした。

そこへ風子の言葉をきっかけに突破口を見つけたアンディが、無理矢理、足元の入り口から内側に入り込みます。

風子の不運の性質上、バリアの外側で不運が発動してもジーナは倒せません。

しかし内側に入り込めば内側で不運が発動してアンディもろともジーナにも不運が来ます。

ジーナの作るバリアは空気の形を不変で固定したものだから、光は通ります。

ということで、アンディはジーナが操作していた巨大なUFOからの不運にかけたわけです。

実際、UFOからは緊急事態を知らせる通信が来ています。

なんとUFOが勝手に形を変え始め、武装が動き始めています。

しかも中からは操作を受け付けません。

そして・・・すっげービームが来た!

アンデッドアンラック8話ネタバレ「ジーナの残した遺言」

ビームを浴びたことで身体から「シューゥゥゥゥ」という音をさせて煙が出てます。

アンディは何をやってるかというと、指を千切って部位弾かと思うと、自分の右腕に指を突っ込んで、銃身に見立てて、ジーナの心臓に向けて発射!

しかし、実際は打った振りをして自分の手のひらで受け止めていたようです。

ん?だったら何でこんな手のこんだことやってるのかちょっと分かりませんが・・・

まあ、殺すつもりは初めからなかったようです。

なぜならジーナはもう長くないから(とアンディが言ってるから)。

ジーナの状態を見ると不変の力で保ってきたアンチエイジングが無くなりかけているように見えます。

否定の力がなくなるから亡くなるのか、亡くなるから否定の力がなくなるのか、どちらが先なんですかね?

ジーナは死ぬ間際に遺言めいたことを言います。曰く、

・本当は変わりたかった
・組織に入って為すがまま働いて人を殺したが自分も世界も変わらなかった
・この世界が変わらないように、が使命だと信じてきた
・自分は変われなかったけど、変わるのも悪くない

最期、醜くなってきて顔を見られたくないジーナにアンディは

「シワが増えたってお前の魅力は変わらないさ」

と粋なセリフ。名言ですね。

そして最期にアンディにお願いを言います。それは何か?

セリフは明かされてませんが、その後の風子とアンディの会話からは

ジーナのような苦しむ人間が出てこないように組織を変えてくれ!

ということでしょう。

アンデッドアンラック8話ネタバレ「残り8人の否定者が登場!」

ジーナを偲んで乾杯しようとしたところ、天井から組織のワープが現れて、上から変な怪獣がやってきて、二人をつまみ上げ、ワープの先へ連れていきます。

「N Ⅵ」というエンブレムが顔に刻まれていると思ったら、その数字が表面に出てるだけで、実は顔の部分が10面ダイスになっているようでした。

そこは円卓の間!

大きな円卓のテーブルには1から10までの文字が刻まれています。

それぞれの数字に応じた場所にメンバーが座っています。

おそらくBLEACHみたいに、数字が小さい方が強いってことでしょうね。

以下、1番から目についた特徴を。

1.変なヘルメットをかぶる長髪の人物

細い剣を使う。このチームのリーダーっぽい。

体つきが華奢なところから、女性の可能性が高そう。

2.シェン(すでに登場済み)

相手の意思の自由を奪って動けなくすることが出来ます。

また戦闘時は相手の攻撃があべこべになる。右が左に、上が下に。

ルールに縛られず楽しいこと、面白いことを優先しがちな性格。

シェン曰く、「逃げられず触れない。深層心理に働くから抵抗は無理」

シェンの視界に入ると動けなくなるらしい。

会話の中に中国語が交じることから、中国出身という設定か。

着ている服もカンフーっぽい印象。

3.サングラスをかけた黒髪の男性

見た目は日本のヤクザっぽい。銃を使う。強そう。

アンディの放つ部位弾を後ろを向きながら跳弾で相殺した。

「必ず当たる」的な意味の「不○○」と思われる。不可避じゃないし、なんだろう。

4.左腕が義手の子供

小学生っぽい外見。

指をしゃぶってるのか、癖なのか分からず。No.4なら強いのかも。

5.黒いロボット

おそらく中に人がいる。ロボットの全体像は分からず。

こういう場合、中にはいるのは実は美少女だった、というのが王道だが・・・

ブラクロのグレイみたいに。

6.鎧兜をつけた侍っぽい大男(鎧武者)

脳筋で豪快そうな性格っぽい。武器はおそらく刀に違いない

何気にNo.4の子供にアンディの部位弾が当たるのを手でかばっていた。

頑丈そうだし不壊の可能性も。

7.褐色で髪がツンツン、鼻と頬に絆創膏の男

寡黙で気難しそうなタイプ。髪が超サイヤ人みたいにツンツンしてる

8.バンダナをつけたジジイ。(こいつが技術者か?)

長髪にバンダナ。上半身裸に革ジャンを着ている。

おでこには小さな穴が4つあるように見える。

過去のアンディの回想に出てきた、50年前に捕まったときに拷問を担当した技術者らしき男とシルエットが一致する。

残りの9と10だが、どちらがアンディでどちらが風子なのかは今のところ不明。

全員が「不死」とか「不運」など「不」のついた熟語の否定者と思われる。

ちなみにこの中に、アンディの使う不壊の刀を作った人がいるらしい(「不壊」と呼ばれている)。

ためしに不のついた2文字、3文字の熟語を調べてみたけど、パッと見て、アンデッドアンラックに使えそうなのは分からなかった。

しかし、不死のアンディはともかく、それ以外の人は普通に歳を取るはずだから、50年前にはいなかったメンバーが多いはず。

8番だけジジイだから、50年前にアンディに拷問をしてた技術者の可能性が高い。

アンデッドアンラック8話の感想と考察

今まで否定者の定義っぽいことがちらほらと語られてきましたが、ここに来て他の否定者が勢揃いしましたね。

どいつもクセモノ揃いという感じです。

組織を変えるのがアンディと風子の目的ですから、他の否定者を殺しまくっても意味はありません。

むしろひたすら仕事をこなして実績を作り、リーダーに昇格して組織の中でのし上がる方が現実的かも。

おそらく、誰か否定者を処分せよと命令を受けても、その否定者のよき理解者になり、見逃したり違う行動を取って怒られたりするんでしょうね。

そうして型破りな行動をとるうちに組織の中に理解者が現れ始め・・・というストーリーかな。

バトルものなら、5対5の試合とか出てきそうだけど。

でも否定者同士の戦いはそれなりに見応えはあるから面白いかも。

まだ8話と始まったばかりだけど、勢いがあってしばらく続きそうなので見守りたいですね。

アンケートでも大人気みたいですし。

ちなみにアンデッドアンラック第1巻は2020年4月3日(金)発売予定です。

0 0 vote
Article Rating