アンデラ43話ネタバレ考察!風子、アンディと再会、そしてヴィクトルと対決!

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回はアンディの仲間になって親睦を深める風子がアンディからようやく過去の話を聞きます。

すると風子は1865年というアンディが覚えてる一番古い記憶の世界に飛ぶことに。

さあ43話ではどうなるのでしょうか?

ということで、さっそく今週号の紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは43話のネタバレ要素を含みます!


アンデッドアンラック43話のネタバレ&あらすじ

アンデッドアンラック43話ネタバレ「1865年に飛ぶ風子」

冒頭、かなり意味深なシーンがあります。

安野雲が本になったアンディを守っています。

「彼は今、もうひとつの人生を経験している。もし風子ちゃんとはるか昔から出会っていたら、というね。」

もちろんアンディの人生は変わらないというが、”もしも”の記憶は残るという。

「その記憶はきっと彼の心を強くする」

そして

「邪魔をするなら死んでもらうよ、アンダーくん」

そう、このコマには安野雲のすぐ側に後ろ姿だけど誰かいます。これがアンダーくん?

アンダーといえば敵の組織名だが、アンダーのリーダーはビリーじゃなかったっけ?

それともビリーと同一人物なのか?謎は残りますね。

そして「死んでもらうよ」と言ってることから、安野雲には何か葬る手段があるんでしょうね。

アンデッドアンラック43話ネタバレ「1865年の風子」

1865年のワシントンDCに移動した風子。

すると目の前にはヴィクトルが!

そして会うなり

「ここからは俺の記憶だ。失せろ…」

しかし知らなきゃいけない風子としては引き下がれません。銃を向けるとヴィクトルからは

「必要ない。お前を殺せばヤツは弱る。せっかくの機会だ。その隙に乗っ取らせてもらおう」

そう言って指を突き出して、ドーンと銃を撃って風子を撃ちます。

そして気づくと風子は次の時代に移動してます。

これはアメリカの南北戦争時代の、前回、アンディと出会った世界。

すると風子の背後にいるヴィクトルがすぐ指を向けて撃ちます。

そして次に気づくと1876年。時代が少しずつ進んでます。

「お前が死ぬ度に次の章へ進む。」

「この本(アンディ)には2020年12月までが記録されている。これから俺はお前を殺し続け、終わりまで追いやり、お前の魂を本の中で潰し消す」

そう宣言し、風子を何度も撃ちます。

そしてとうとう、現代の最初にアンディと出会った新宿へ。2020年8月です。

風子は必死でアンディを探します。

ヴィクトルの言うとおりなら最後のチャンスはここしかない。

風子はまだアンディに何も返せてないから死ぬわけにはいかないと思ってます。

「アンディイイイイ!」

そう叫ぶ風子。

それを遠くから見るヴィクトル。

「探すのは手間だ。まとめて死ね」

そう言うとヴィクトルは両手の指を合わせて指先から血が吹き出ます。

「死閃(デッドライン)」

その血が吹き出て巨大な鞭のようにしなり、目の前の高層ビル群を切り裂きます。

「これで不運は死んだ。この日を逃せばもう奴にも会えまい。待っていろジュイス…。今度こそ俺が…」

なんだろ、意味深だな。封印されてジュイスと会えないから会いたいのだろうか?

今度こそ俺が・・・というのは世界が繰り返されてるから、今度こそは、という意味か。

しかしこの発言の直後、ヴィクトルは異変を感じます。

そう、風子は生きていた。しかもアンディに助けられて。

「10廻転(テンツイスト)」

アンディは右腕をその場で10回転させて、回転を加えた状態で右腕をちぎってヴィクトルに発射しました。

「阿呆が。こんな弾・・・」

そう言って弾をつかもうとするヴィクトル。しかし・・・

その弾はそのままヴィクトルの胴体を貫きました。

「いいね。最高だ」

アンデッドアンラック43話の感想と考察

ここでようやくヴィクトルとアンディが顔を合わせることになりましたね。

この時のアンディは過去に風子と出会ったときの記憶を持っているアンディで、約束を覚えていて、この日、この新宿にやってきたんだろうな。

いいね、熱い展開だ。

次週は激しい戦いになりそう。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating