アンデラ33話ネタバレ考察!風子の不運でバーン逃走を阻止へ!
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は敵のリーダーと判明したビリーがタチアナを勧誘しますがタチアナは拒否。そしてUMAバーンを使役して円卓を持ち去ろうとします。

ジュイスから円卓だけは手段を問わないから取り戻せと言われたアンディは久々に風子の不運を派手に炸裂させる腹積もり。

さあ33話ではどうなるのでしょうか?

ということで、さっそく今週号の紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは33話のネタバレ要素を含みます!


アンデッドアンラック33話のネタバレ&あらすじ

アンデッドアンラック33話ネタバレ「不運と不死に賭ける!」

冒頭、ジュイスから「どんな手を使ってもいい」と言われたアンディ。

ジュイスからバーンは強いが本当にいけるのか?と問われるが、アンディは

「勝算はある」

そう応えます。

バーンの上にいるラトラがいる限り、正攻法は通らない。

だから不運の不確定さに賭けるという。

それに納得したジュイスは全組織に向かって不死と不運を軸にした作戦を開始。

最優先事項はバーンの機能停止。

バーンを止めれば円卓を持ち出すことができなくなる。

ニコは怪我した一心とトップの治療へ。

バーンの進行を止めるための施設操作はラボメンバーでニコの娘?のミコに託すことに。

そしてシェンとフィルは道中、古代遺物が奪われるのを阻止するため保管庫へ。

チカラはその力でジュイスの血止めを。

タチアナは風子に

「ビリーさんにもきっと何か事情があるんだよ。」

「うん、ビリー様を助けてあげて…」

心温まるやりとりですな。

一方、バーンに乗っかり、逃亡中のビリーとアンリペアら。

アンリペアは楽勝モードだったが、ビリーは

「そう上手くはいかんさ。じきに阻止される」

二人は初対面だったらしい。アンリペアはビリーに対し、

「先に言っとくよ。俺とラトラは神殺しが目的じゃない。欲しいのは次だ」

こっちも裏切るなよ、そう釘をさすアンリペア。しかしビリーは

「(目的が違っても)構わんよ。漠然とした正義よりも利害の一致による信頼の方が公平だ」

つまり、ビリーの目的はアンリペアと同じではない。ユニオンと同じ「神殺し」が目的なんだろうか?

これについては後ほどアンディも疑問を呈しています。

さてラボではミコがメンバに号令をかけています。

大型UMA凍結保管用の冷却装置を全部バーンの頭上に緊急移動するようです。

凍らせるようですね。

しかし使用限界は10分間しかないようです。もし10分を超えた場合に備えて麻酔ガスを配備。

ニコはさらに電磁ケーブルの追加も指示。

ニコによると

「いいか俺たちがすべきは捕獲に見せかけた種集めだ!とにかくやべーのをひたすら集めろ!」

うーん、種集めって何だろう?突然出てきたな。

バーンを捕獲するんじゃなくて、バーンの種を集めるのか?ちょっと分からないな。

さてアンディは風子をおんぶしてバーンに追いつこうと駆け上がってます。

その最中、さきほどのビリーについて

「リップとビリーでは目的が違う。神殺しなら俺たちと協力する方が建設的だ。方針の違いだけで一から別組織を立ち上げるとは考えにくい。」

全く別の組織を立ち上げる労力を考えると、ただの神殺しとは考えにくいな、たしかに。

アンデッドアンラック33話ネタバレ「バーンの止め方とは?」

バーンの頭上に移動したアンディと風子。ビリーはジュイスの不正義を発動。

すると刀を持った風子が自死しようとして腕が勝手に動きます。

ジュイスと同様に自死させようとします。

しかし後ろからアンディが首を伸ばしてきて変わりに首を切られます。

そしてその瞬間に風子がアンディのほっぺたにキスします。

斬られた首が部位弾としてバーンの方へ飛んでいきます。

その部位弾はバーンの口の中にすっぽり入りました。

ということは、バーン自体に不運が起こります。

アンリペアが危機を察知してラトラをつかんで回避します。

そしてバーンにバリバリと電気が。電磁ケーブルが暴発したようです。

そして追加でミコが冷却装置を起動してバーンを一瞬で凍らせます。

しかしビリーは

「無駄だ。成体だから時間稼ぎにしかならん」

すると風子は

「まだ足らない。また来るよ。みんなで集めた大きい不運が」

ラボの方では不壊と刻まれたでっかい四角い柱が発射寸前です。

ミコがボタンを押すと・・・

バーンの後ろから不壊の柱が貫きます。

「不壊大杭砲(アンブレイカブルキャノン)」

アンディはその柱に押されるようにバーンの中から体外へ押し出されます。

「バーンは止めた!にがさねぇぜビリー!」

さあ、ビリーはこれを受けてどう動くのか?

アンデッドアンラック33話の感想と考察

ビリーとアンリペアの目的の違いが気になるな。

最初はアンリペアの登場で敵組織の存在が明らかになり、アンリペアの言う「次」が目的だと言うから組織の目的がそうだと思ってた。

しかし今回の内容で、アンリペアの目的の方が敵組織アンダーの目的からズレてることが伝わってくる。

アンダーの目的は次ではなくやっぱり神殺しなのか?そしてその目的を果たすと次が貰えるからアンリペアたちは所属してる。

しかしユニオンの神殺しとビリーの目的はどう違うのか?

そしてニコの言う「種集め」もUMAの種と思われるが、今まで種に関する記述はなかったような気がする。種をどうするんだ?

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating