ワンピース991話ネタバレ考察!ドレークと共闘成立!そしてカイドウvs赤鞘侍へ!
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は麦わら一味が勢揃いでライブフロアで戦闘も白熱。

そして飛び六胞のドレークはクイーンやササキに裏切りがバレて粛清されます。

逃げ出したドレークはルフィに共闘を持ちかけますが果たして・・・?

さあ991話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!


ワンピース991話のネタバレ確定速報!

ワンピース991話ネタバレ「ドレークと共闘成立!?」

ライブフロアに落ちてきたドレークがナンバーズを攻撃したことに「どうして」とカイドウの兵からは疑問の声が起こります。

飛び六胞のページワンも状況が分からず「なぜお前がナンバーズを潰す?」と声をあげます。

この時、ドレークの脳裏にはコビーとの会話が浮かびます。

コビー曰く、ルフィとは友達になるとすごく近いが、敵対すると手の届かない場所に行ってしまうという。

意味が分かりかねるドレークに対し、コビーはルフィには人を引きつける力があると言います。

ドレークはなんとしてもルフィと共闘したい様子。

カイドウを倒したいというドレークに対し、ゾロは警戒します。

ゾロはドレークがホーキンスとともにカイドウの傘下に落ちたヤツだから信用できません。

ドレークは飛び六胞の立場を追われたと説明しますが、ゾロやジンベエは、だからといってこっちにつくヤツは逆に信用できないと激怒します。

ジンベエ曰く、

「海賊の世界にも仁義はあるぞ!」

しかしルフィは「いいぞ」と気軽に返事しますが、ゾロとジンベエは納得しません。

そしてページワンとうるティはルフィが海賊たちのボス的存在だと気づき、攻撃しようとします。

ページワンは恐竜化しますが、ウソップの「必殺緑星・ドクロ爆発草」で攻撃します。

またサンジはこの時、うるティという可愛子ちゃんの存在に気づき、

「あのカワイ子さんは誰だ?」

と頬を染めながらつぶやいてます。いいですね、サンジはいつだってブレません。

そしてページワンがふっとばされて弟の心配をするうるティ。

そこへナミの方角から

「好きな駆除はトカゲ駆除!覚悟しなさい!」

とナミの後ろに隠れたウソップが叫びます。

するとナミにやられたと勘違いしたうるティとページワンがナミに向かってきます。

これで、うるティ&ページワンvsナミ&ウソップで戦闘が始まりそうです。

そして再びカイドウのところへ向かおうとルフィが動くと、遠くにいたアプーが音の斬撃を放ちます。

とっさにサンジに耳を塞ぐように指示するルフィ。

ここでアプーの現在の賞金額が出てきました。

百獣海賊団情報屋のスクラッチメン・アプーは懸賞金3億5000万ベリー

なるほど、正式な役職も情報屋なのか。

そしてナンバーズの八茶が前に出てきました。あの「ハチャハチャ」言うヤツです。

そして驚きの情報が。

なんとアプーはナンバーズの調教師だそうです。

なるほど、あの音楽で調教?したのか。それって調教のスキルだけでもけっこう強いな。

以前、ナンバーズと一緒に行動していたことからアプーもナンバーズでは?みたいな説が流れましたが、そういうことなら納得です。

ナンバーズだちは10人でアプーの指示の元、いくつもの街を破壊してきたそうです。

そして突然ですが、八茶はフランキーの乗ったフランキー将軍を見つけて、オモチャを見つけたような表情になります。

それに気づいたジンベエはフランキーに外へ走るように指示。八茶もそれに続きます。

これで八茶vsフランキー将軍の戦闘が始まることになります。

そして未だ、ドレークと剣を戦わせるゾロ。

ドレークは「お前らの勝利の方が俺には好都合だ。これでどうだ?」

そうゾロに問いかけますが、ゾロは「正直だが、立場を隠してる」

そう指摘します。

まあ、今、ここで立場を言うわけには行きませんよね。さあドレークはどうするのか?

そこへアプーがもっとナンバーズを呼ぼうとします。

これに気づいたドレークとゾロがアプーを攻撃します。

ドレークは

「こいつは元から嫌いだ。潰すがお前らの為じゃない」

するとゾロは

「なんだ気が合うな。共闘成立だ」

と一気に共闘が成立してしまいました。

そこへ上からクイーンがマシンガンで上から銃撃をします。

何人もの侍たちが撃たれています。

しかしドレークは何かに気づきます。

「まさかこの弾!!」

ドレークがこれだけ驚くということは、例のあれですが、SMILE?

失敗するとキラーのように人格に副作用とかいろいろ問題も多いあのSMILEに間違いありませんね。

こんなふうに武器にも使えるとはなかなかの技術力です。

ワンピース991話ネタバレ「その頃、カイドウは・・・」

現在、鬼ヶ島ドームの上ではジャックとその手下vs赤鞘侍&ミンク族の戦闘が続いています。

カイドウはなぜか見守るだけ。

そして突然、

「そこまでだ!お前ら!」

と叫びます。

カイドウ曰く、ジャックはうちの大事な大看板で、その部下が殺されるのを黙ってみる道理はない、という。

そして謝るジャックに対し、「お前が弱いわけはない」

「あいつらが強すぎるんだ!」

”月の獅子(スーロン)”化したミンク族のせいで、ジャック側にも甚大な被害が出ているようです。

そしてジャックをはじめ部下たちには「もう充分だ。下がって手当してこい」と下がらせます。

そして高い位置から

「逃げ疲れて死ぬがいい。何発避けきれるか見ものだな」

と豪語しつつブレスを吐きます。

すると上空に飛んだ錦えもんが

「(逃げるなんて)考えたこともなかった」

そう言って狐火流”炎裂き”でブレスを真っ二つにします。

そしてその勢いのままカイドウの口に攻撃します。

そして赤鞘侍たちが口を揃えて

「逃げる?笑わせるな!もう逃げ疲れた。お前の首とともにおでん様の侍として死なせてくれ!」

そう覚悟を見せます。

それに一瞬青ざめるカイドウは「!!!」と決して屈しない赤鞘侍たちに驚いたような表情をするのでした。

ワンピース991話の感想と考察

全員集合してから、個々の戦いにまた別れて勝負をつけていくわけですね。

ワンピースの定番ともいえる展開でワクワクしますね。

ナミ、ウソップはうるティと、フランキーは八茶と、そして残るのは

ルフィ、ゾロ、サンジ、ジンベエ、チョッパー、ロビン、ブルックでしょうか。

敵側としてはクイーン、キング、アプー、ナンバーズら。

ドレークがルフィ側につき、また戦力が増しました。

ゾロやサンジがキングやクイーンとの戦闘を担当し、ルフィをカイドウの元へ送るのでしょうか?

それとも上に上がるまえにルフィが誰かと一戦する可能性もありますね。

そしてクイーンの放った銃弾の秘密、アプーの動きも気になります。

カイドウと赤鞘侍たちも意外にいい戦いをしそうな雰囲気。

尾田先生のことだから、ここから赤鞘の誰かが裏切る展開がある可能性もありますが、次回もどうなるか非常に楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating