映画「タイタニック」あらすじ・登場人物・見どころを紹介(ネタバレあり!?)
The following two tabs change content below.
alice

alice

映画を愛してやまない情報発信系会社員のアリス。ファンタジー系の洋画がお気に入りでテンポの良い作品なら大好物! 好きな監督はティム・バートン氏。どんでん返しのあるミステリー作品も最近はチェックしている。幅広くおすすめしていきたいのです♫

映画「タイタニック」は過去の沈没事故を映画化した感動のラブストーリー!!

本作は1997年12月に公開されたジェームズ・キャメロン氏による監督・脚本によって制作されたアメリカ映画で日本での興行収入は262億円を稼ぎ出し、当時の映画界では映画史上最高の記録となった。

1998年度のアカデミー賞では作品賞を始め11部門を獲得し大きな成功を収めた作品で、主演はレオナルド・ディカプリオが努め、ヒロイン役はケイト・ウィンスレットが担当し注目を浴びた。

1912年に実際に起きた豪華客船「タイタニック号」の沈没事故をモデルにした映画で切ないラブストーリー風に仕上げており90年代映画の名作である。

映画「タイタニック」の感想まとめ

映画を見たファンからの声がSNS上にたくさん投稿されています。

映画「タイタニック」のあらすじ

1912年に当時最大級の豪華客船タイタニック号が沈没してから、84年後の1996年の洋上から物語は始まる。
トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド・『碧洋のハート』の在り処を探るべく、小型潜水艇を用い深海のタイタニックの調査を行っていた。そして、上流階級女性が搭乗していたと思われる1等客室の部屋から一つの金庫を発見する。歓喜に包まれる調査団は金庫をこじ開けたものの、中にあったのは彼らが探していた宝石ではなく、古ぼけた紙切れだった。
しかし、その紙切れを綺麗に洗い直すと『裸体の女性』が浮かび上がり、その胸には『碧洋のハート』らしきダイヤを身に着けていたのだった。この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その放送を見たある老女は驚きを隠せずにはいられなかった。
そしてブロックに一本の電話が入った。その声の主はなんと沈没事故から奇跡的に生還し、今では100歳を超えるその絵のモデルだった。ブロックと連絡を取り合った女性は孫娘ともども調査団の船に訪れ、静かにあの豪華客船の中で起こった知られざる話を語り始める。
(引用:wikipediaより)

映画「タイタニック」のキャストと日本語吹替の声優を紹介

ジャック・ドーソン:レオナルド・ディカプリオ (松田洋治)
ローズ・デウィット・ブケイター:ケイト・ウィンスレット(日野由利加)
キャルドン・ホックリー:ビリー・ゼイン (山寺宏一)
ルース・デウィット・ブケイター:フランシス・フィッシャー (小沢寿美恵)
E・J・スミス船長:バーナード・ヒル (大木民夫)
ブルース・イスメイ:ジョナサン・ハイド(土師孝也)
スパイサー・ラブジョイ:デビッド・ワーナー (青森伸)
ファブリッツィオ・デ・ロッシ:ダニー・ヌッチ (檀臣幸 )
ブロック・ロベット:ビル・パクストン (石塚運昇)
ミセス・カルバート:グロリア・スチュアート(佐々木すみ江)
トーマス・アンドリュース:ヴィクター・ガーバー(納谷六朗)
リジー・カルバート:スージー・エイミス(山像かおり)
ルイス・ボーディーン:ルイス・アバナシー(池田勝)
トーマス・“トミー”・ライアン:ジェイソン・ベリー (吉田孝)

監督 ジェームズ・キャメロン
脚本 ジェームズ・キャメロン
製作 ジェームズ・キャメロン,ジョン・ランドー

映画「タイタニック」の見どころ

「タイタニック」の見どころはこんな声が多かったです!

・パニック映画としてもロマンス映画としても鑑賞できる!!
・大人になってみると格差社会について知ることができる。
・ここまで人を愛してみたい!
・ラストのシーンが感動して何回も涙してしまう、ジャックがかっこよすぎ!!
・ストーリー構成も楽曲も最高の作品!!
・レオナルドがかっこよすぎ!惚れてしまう!!
・3時間という長い作品なのに時間を忘れさせてくれる名作。

以上、映画「タイタニック」のあらすじ、キャスト、見どころについて紹介しました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

0 0 vote
Article Rating