映画「ミスト」あらすじ・登場人物・見どころを紹介(ネタバレあり)

映画「ミスト」は謎の生物が街を襲う衝撃のラスト映画

本作は2008年5月に公開されたスティーヴン・キングの小説を元にしたSFホラー映画で、フランク・ダラボン監督・脚本によって制作された作品である。

「霧」をテーマに描かれた本作は「意外な結末」「衝撃のラスト」と公開初日から話題を読んだ。

映像化は難しいとされていたが、フランク・タラボン監督・脚本により実現可能になった、同作はTVドラマも存在し結末はそれぞれ違うのが特徴的です。

映画「ミスト」の感想まとめ

映画を見たファンからの声がSNS上にたくさん投稿されています。

映画「ミスト」のあらすじ

激しい嵐が町を襲った翌朝、湖のほとりに住むデヴィッド・ドレイトンとその妻のステファニーは自宅の窓やボート小屋が壊れているのを見つける。デヴィッドは買い出しのため、8歳の息子のビリーと隣人のブレント・ノートンと共に車で地元のスーパーマーケットへ向かった。店は客たちで賑わっていたが冷蔵庫以外は停電していた。デヴィッドたちが買い物をしていると、店外ではパトカーや救急車が走り回りサイレンが鳴り始めた。その直後、鼻血を流したダン・ミラーが店内へ逃げ込み「霧の中に何かがいる」と叫ぶ。店内の一同が戸惑うなか店外の辺り一面は白い霧に包まれていく。不安に駆られた客たちは店内へ閉じこもった。
(引用:wikipediaより)

映画「シンデレラ」のキャストと日本語吹替の声優を紹介

デヴィッド・ドレイトン:トーマス・ジェーン(堀内賢雄)
アマンダ・ダンフリー:ローリー・ホールデン(日野由利加)
ビリー・ドレイトン:ネイサン・ギャンブル(佐藤利奈)
オリー・ウィークス:トビー・ジョーンズ(茶風林)
ミセス・カーモディ:マーシャ・ゲイ・ハーデン(宮寺智子)
ジム・グロンディン:ウィリアム・サドラー(辻親八)
ブレント・ノートン:アンドレ・ブラウアー(古澤徹)
ダン・ミラー:ジェフリー・デマン(佐々木敏)
アイリーン・フランシス・スターンハーゲン(羽鳥靖子)
バド・ブラウン:ロバート・トレヴァイラー(小室正幸)
サリー:アレクサ・ダヴァロス(うえだ星子)

監督 フランク・ダラボン
脚本 フランク・ダラボン
原作 スティーヴン・キング
『霧』
製作 フランク・ダラボン,リズ・グロッツァー

映画「ミスト」の見どころ

「ミスト」の見どころはこんな声が多かったです!

・パニック状況になった時の人間の心理がわかる作品!
・結末がエグイ、、それだけ。
・スーパーの宗教家おばさんのキャラが強烈!
・ラストが本当に衝撃!トラウマ映画!
・オリーがどんどんかっこよく見える(笑)
・謎の生物がキモイ!
・今まで見たことない結末!

以上、映画「ミスト」のあらすじ、キャスト、見どころについて紹介しました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

ネタバレは以下YOUTUBEからクリック↓

0 0 vote
Article Rating