映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」あらすじ・主題歌・登場キャラ紹介!!
The following two tabs change content below.
alice

alice

映画を愛してやまない情報発信系会社員のアリス。ファンタジー系の洋画がお気に入りでテンポの良い作品なら大好物! 好きな監督はティム・バートン氏。どんでん返しのあるミステリー作品も最近はチェックしている。幅広くおすすめしていきたいのです♫

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」は切なさと背景に心打たれる文学映画!

本作は2013年に公開された新海誠監督の5作目の作品で興行収入は推定1億5000万円を稼ぎ出した。

日本のみならず、台湾、香港、中国、で同時上映され同年8月には韓国でも上映。新海監督ならではの繊細なタッチが人気を集めた作品で万葉集の短歌を引用していることでも話題となりました。

靴職人を目指す高校生と歩き方を忘れた女性の物語を新海監督の世界で繊細に表現した東京を舞台に再現した46分の短編ストーリーで主題歌は大江千里の「Rain」を秦基博がカバーしていることでも注目された恋愛アニメ映画です。

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の感想まとめ

映画を見たファンからは雨のシーンが素晴らしい!絵に感動するという声が多かったです。

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」のあらすじ

靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

(引用:公式サイト kotonohanoniwa.jp/より)

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の登場人物と声優を紹介

(引用:kotonohanoniwa.jpより)

<秋月 孝雄(あきづき たかお)>入野自由 / 関根航(子役時代)
<雪野 百香里(ゆきの ゆかり)> 花澤香菜
<タカオの母> 平野文
<秋月 翔太> 前田剛
<寺本 梨花> 寺崎裕香
<松本> 井上優
<佐藤> 潘めぐみ
<相沢> 小松未可子
<伊藤 宗一郎> 星野貴紀

以下、舞台あいさつコメント(入野自由)

今回この役をやる上で一番意識したのは新海監督の作品であるということです。監督の空気感や世界観を意識して役に挑みましたね!
あとは感じるままに映像に身を委ねてお仕事させていただきました。

(引用:舞台あいさつ動画より)

スタッフ

原作・脚本・絵コンテ・演出・撮影監督・編集・監督 – 新海誠
作画監督・キャラクターデザイン- 土屋堅一
音楽 – KASHIWA Daisuke
エンディングテーマ「Rain」
作詞・作曲 – 大江千里
編曲 – 皆川真人/多田彰文
歌 – 秦基博(OFFICE AUGASTA)

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の主題歌は大江千里の「Rain」を秦基博がカヴァー!

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の主題歌は大江千里の「Rain」を秦基博がカヴァーした形になっています!

イメージソングはこの作品の為に秦基博自身が描き下ろした楽曲「言の葉の庭」でエンディングテーマの「Rain」は大江千里の楽曲を秦基博がカヴァーし、雨のシーンにピッタリの演出となっています。

映画「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の見どころ

「言の葉の庭(ことのはのにわ)」の見どころはやっぱり風景がキレイ!雨の日に観賞したい!という声が多かったです!

年下の男の子と女性教師っていう表現設定がまた良い!切なくてラストもくどくない!

オムライスが食べたくなってきた(笑)一度御苑に行ってもいいかもって思った。

(引用:filmarks.com)

0 0 vote
Article Rating