映画「ベンジャミン・バトン」あらすじ・登場人物・見どころを紹介(ネタバレあり!!)

映画「ベンジャミン・バトン」は赤ん坊老人が若返っていく摩訶不思議映画!

本作は2008年に公開されたアメリカの映画でブラット・ピット主演による作品である。

80歳の状態で産まれた主人公を描いたストーリーが話題となり日本国内での興行収入は24.0億にも昇り本作は1922年に描かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説が原作となっている。

第81回アカデミー賞では作品賞含む13部門にノミネートされメイクアップ賞を受賞されるなど功績を残した作品である。

映画「ベンジャミン・バトン」の感想まとめ

映画を見たファンからの声がSNS上にたくさん投稿されています。

映画「ベンジャミン・バトン」のあらすじ

80歳の状態で生まれ、年を取るごとに若返る人生を与えられた男の一生を描く。

2005年、ハリケーンが接近中のニューオーリンズ。病院で死の床に伏している老女デイジーは、娘キャロラインに、ある日記帳を自分に読み聞かせるよう求める。その日記帳にはベンジャミン・バトンという男の人生が綴られていた。

1918年のニューオーリンズ。第一次世界大戦が終わった日の夜、生まれたばかりの赤ん坊が、ある老人施設の前に置き去りにされていた。施設を経営する妻クイニーと夫ティジーの黒人夫婦は赤ん坊に気付き拾い上げ、その老人のような姿に驚く。子どもの産めない体であったクイニーは、赤ん坊を神の子であると信じ、ティジーの反対を押し切り、自らの手で育てることを決意する。赤ん坊はベンジャミンと名付けられ、施設の老人たちからも歓迎される。身体機能の弱さゆえ、医者からも少ししか生きられないと見られていたベンジャミンであったが、無事に生き延びて成長し、施設内で車椅子の生活を送るようになった。

1930年の感謝祭の日、杖一本で歩けるまでに若返ったベンジャミンは、施設に遊びに来た入居者の孫娘デイジーと運命的な出会いを果たす。互いに惹かれ合う二人であったが、外見が老人のベンジャミンには、大っぴらにデイジーと遊ぶことは許されないのであった。
(引用:wikipediaより)

映画「ベンジャミン・バトン」の登場人物と日本語吹替の声優を紹介

ベンジャミン・バトン – ブラッド・ピット(山寺宏一)
デイジー・フューラー – ケイト・ブランシェット(塩田朋子)
エリザベス・アボット – ティルダ・スウィントン(高島雅羅)
トーマス・バトン – ジェイソン・フレミング(大塚芳忠)
ムッシュ・ガトー – イライアス・コティーズ(永田博丈)
キャロライン・フューラー – ジュリア・オーモンド(八十川真由野)
7歳のデイジー – エル・ファニング(諸星すみれ)
クイニー – タラジ・P・ヘンソン(松熊つる松)
ドロシー・ベイカー – フォーン・A・チェンバーズ(英語版)
キャロライン・バトン – ジョーアンナ・セイラー
ティジー – マハーシャラルハズバズ・アリ(西嶋陽一)
マイク船長 – ジャレッド・ハリス(稲葉実)

監督 デヴィッド・フィンチャー
脚本 エリック・ロス
原案 エリック・ロス,ロビン・スウィコード
原作 F・スコット・フィッツジェラルド

映画「ベンジャミン・バトン」の見どころ

「ベンジャミン・バトン」の見どころはこんな声が多かったです!

・非の打ちどころがないストーリー!
・二人が同じような年代になった時のあの嬉しさは感動モノ!
・終わり方が素敵でした。
・若いブラッドピットが格好良い
・映像技術が素晴らしい作品!
・街並みとか車とかオシャレで素敵だった。
・ラストのシーンが好き!

以上、映画「ベンジャミン・バトン」のあらすじ、登場人物、見どころについて紹介しました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

0 0 vote
Article Rating