映画「秒速5センチメートル」あらすじ・登場キャラ・主題歌・見どころを紹介(ネタバレあり!?)

映画「秒速5センチメートル」は日常の中に潜む切ないラブ・ストーリー作品!

本編は2007年3月に公開されたアニメ映画で、新海誠監督の3作目の劇場公開作品で興行収入は1億円を超え、思春期の恋愛を63分という上映時間の中で3部作に分けた短編アニメーション作品である。

男女の甘く切ない恋愛をテーマに3部構成に分け描いたのが特徴的で、

キャッチコピーは「どれほどの速さで生きればきみにまた会えるのか。」

舞台は1話ごとに設定が異なりロケ地巡りも人気スポットとしてメディアで取り上げられており、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」を受賞した作品である。

映画「秒速5センチメートル」の感想まとめ

映画を見たファンからは切ない!心に刺さる!という声が多く上がっています。

映画「秒速5センチメートル」のあらすじ

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。
貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。3本の連作アニメーション作品。

(引用:秒速5センチメートル公式サイト https://www.cwfilms.jp/5cm/story/より)

映画「秒速5センチメートル」の登場人物と声優を紹介

<遠野 貴樹> 水橋研二
<篠原 明里> 近藤好美/尾上綾華
<澄田 花苗> 花村怜美
<水野 理紗>  水野理紗

スタッフ

監督 新海誠
脚本 新海誠
原作 新海誠
製作 伊藤耕一郎

以下、新海誠監督のコメント本文

「秒速5センチメートル」は、ひとりの少年を軸にして描かれる、独立した3本の作品からなる連作短編アニメーションです。
時代は1990年代前半から現代までの日本。場所は少年の人生に沿って東京や地方のいくつかを変遷します。
この作品には、他の多くのアニメーション作品に見られるようなSFやファンタジーなどの架空の要素は登場しません。そのかわり徹底したロケハンを行い、今この現実をアニメーション表現の中にすくい取ろうと試みています。
現実のそういう側面をフィルムの中に切り取り、観終わった後に、見慣れた風景がいつもより輝いて見えるような、そんな日常によりそった作品を目指しています。

(引用:秒速5センチメートル公式サイト https://www.cwfilms.jp/5cm/story/より)

映画「秒速5センチメートル」の主題歌は山崎まさよし氏!

映画「秒速5センチメートル」の主題歌は山崎まさよしの「One more time, One more chance」です。

90年代に山崎まさよし氏が描きあげた名曲をジャケットを変更して再びリリース!

新海誠監督が当時よく聞いていた音楽ということで「いま、ここにある日常」を舞台にアニメーションの中にリアルに表現したという。

カップリングには弾き語りVerが入っている。

映画「秒速5センチメートル」の見どころ

「秒速5センチメートル」の見どころはやっぱり風景の描写!音楽がステキ!という声が多かったです!

最後の山崎まさよしと映像のコラボは最強!!

桜が散るスピードの速度がタイトルってのもオシャレ!2話が個人的に好き。

山崎まさよしの主題歌がほんとすごい良し。

桜が舞い散るシーンが繊細でステキ・美しい!!

種子島に行きたくなる映画だ!

初恋のリアルな感情がわかるww

以上、映画「秒速5センチメートル」のあらすじ、登場キャラ、見どころについて紹介しました。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

0 0 vote
Article Rating