魔女の守人ネタバレ8話
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

前回はなんとかゲンとルゥリを追い返したファフナたちですが、荒野の中、魔を相手にしながら進むのは限界があり、あと少しでピンチに!

そんな時に現れた謎の男は魔を簡単に倒してしまう。何やら魔女に詳しいらしく・・・

ということで、さっそく今週号の紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは8話のネタバレ要素を含みます!


魔女の守人8話のネタバレ&あらすじ

魔女の守人8話「発明家ドレイク・マルドゥック」

前回の最後で突然現れて、ファフナたちを救った男。

彼の名前は発明家のドレイク・マルドゥック。

ドレイクによると、すでに手配書は回っており、ファフナたちの正体にも気づいていた。

追手との戦いでボロボロになり、魔に襲われて死にそうになっていた。

ではなぜドレイクはファフナたちを助けたのか?

それはドレイク自身が語ってる。曰く、

「俺にはこの後、二つの選択肢がある」

つまり、ファフナたちを突き出して、懸賞金を得て、その金を研究資金に回すこと。

もうひとつはこのままファフナたちをかくまうこと。

前者はお金も得られるメリットがデカい。しかし後者にはデメリットしかない。

普通に考えればこのまま突き出す方が利口だろう。

ドレイクは

「結論を出すために少し考えてくる」

と言って夜風にあたりに行ってしまう。

残されたファフナとナータ。

何かを決意したファフナはドレイクを追いかけて外に行き、ドレイクに

「お前が俺達を突き出せないようにしてやる!」

ファフナ

と意気込んで戦おうとするも、

ゴッ!

「!?(何が起こった?)」

頭を抑えつけられて動けないファフナ。瞬殺です。

すごいなドレイク、一瞬で距離を移動してファフナに反撃というか動く隙すら与えなかった。

ドレイクは自分の過去を語る。

「俺も前職はメディ市国の魔女付き騎士だった」

ファフナによるとメディ市国というのはウヴ連邦王国の中枢部にある国で、エリート騎士が集まる国だとか。

ファフナはドレイクによって脳の平衡感覚を司る部分を揺らされたらしく、動けなくなってます。

魔女の守人8話「俺は・・・クズ野郎だ!」

ドレイクに諭されるファフナ。

仮に自分をやり過ごせてもその先はどうするのかと尋ねるドレイク。

今のファフナは力も知恵も何もかも足りない。

まず思ったよりも強くないこと。

バーン市国では一番強くても、ゲンの繰り出す、魔女と連携した戦いには全然ついていけなかった。

戦術に無知で経験も足りない。

そんな状態で掟に背いて魔女を連れ出して追われて魔女を危険に晒している。

魔女のマナスファを助けたいという思いは強くても、やることが少々短絡的で、結果的に危険に晒していることは変わりない、というわけです。

ドレイクはファフナを試すように

「やはりお前たちを助けたのは間違いだったか」

そんなドレイクにファフナはプライドを捨てて頼み込みます。

「あいつらの人生を狂わせてしまったのは俺だ!」

「俺には力が足りない…!」

「俺は弱い…俺は二人を危険に晒した…クズ野郎だ!」

そんなファフナにドレイクは感心したのか、選択肢をもうひとつ与えます。

魔女の守人8話「ドレイクの与えた課題とは?」

ドレイクは魔女付きの騎士だったと言いましたが、さらに過去を語ります。

「俺は騎士として魔女を殺した。そしてその魔女を俺は愛していた」

「お前はそんな失敗をまだしなくて済む可能性がある」

つまり、ドレイクの言うファフナがやるべきこととは、

「魔女を生かし続けること」

それこそが本来の魔女の騎士の役割で、この世界ではたったそれだけのことが難しい。

もしファフナがやる気があるなら、

「3日以内に俺を超えろ!」

そうドレイクは言います。

ドレイクはファフナに魔法や追手達のこと、生き抜く術を教えてやることにしました。

というか、初めからそうするつもりだったんでしょうけど。

ドレイクの脳裏に浮かぶのはかつて自分が守っていた魔女アイの姿。

自分がなし得なかったことをファフナに託したい、そんな気持ちがあったようです。

首からさげている骸骨も、そのアイのもののようですし。

やるか?と言われたファフナは当然、「やらせてください!」と訴えます。

ここで師弟関係が生まれるわけだ。

しばらくは熱血修行編が続くのかな?

魔女の守人8話のまとめ

たった3日間の修行でどこまで強くなるんだろうか?

教える内容を考えるともう少し時間かけてもよさそうだけど。

物語の序盤ではファフナは強い設定だったから、もっとバッタバタと敵を倒していくのかと思ったが、思うほど強くなかったわけか。

魔の生息地の最前線のバーン市国で騎士をやっていてもダメで、危険のない中枢部にいるエリート騎士の方が強いのか。

普通逆だけどなぁ。

あと、ファフナはそんなに自分をクズ野郎と卑下するほどダメかというと、ちょっと違和感がある。

ちょっと自虐的すぎないか?

殺されそうになったマナスファを救って、そのままなし崩し的に逃亡してるから、これくらいは仕方ないと思うけどな。

どちらかというと魔女に巻き込まれた被害者の方が正解のような気もするし。

SNSでもいろいろ言われてるようだが、5巻とか10巻とか続くイメージが湧かないよ。

大丈夫かな、連載。

0 0 vote
Article Rating