キングダム662話ネタバレ考察~羌瘣、寝てばかりいる理由が判明!実は…

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

「キングダム」の前回は、媧燐は帰還する満羽たちに会うことに、そして什虎城では呉鳳明と騰が舌戦を繰り広げます。

さあ662話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく636話の内容を予想&考察してみます!


キングダム662話のネタバレ確定速報!

⇒今からキングダムを一気読みするなら?全巻セットの現在の値段はこちら

キングダム662話ネタバレ確定「楽華隊と玉鳳隊」

今回の表紙絵は深い海に沈む羌瘣。久々に羌瘣の話かな?

さて什虎を離れて今回からは再び趙攻めの最前線、つまり信たちに戻ってます。

現在の状況として、秦と魏の同盟が成立しているため、魏は韓攻めに専念。

什虎を拠点に西に領土拡大を目指します。

そして秦も拠点となった?の南がすぐ魏だったため、警戒して軍を置いてましたが、それがいらなくなったため、軍を邯鄲攻めのために北上させて、ますます軍が厚くなってます。

そして趙もそれを警戒して最前線に軍を送り込んでいるため、最前線の戦いはますます激化しているようです。

そんな中、2つの軍勢が攻勢を見せているという

その1つが蒙恬のいる楽華隊。

正確には将軍となったことで楽華隊から楽華軍に変更になりました。

蒙恬は元から軍を率いる才能があったけど、将軍になって万の兵を指揮するようになり、ますます磨きがかかるようになりました。

その進化の理由の1つが蒙武軍から移籍してきた剛将・愛閃(あいせん)

これまで唯一不足していた圧倒的な武力を手にしたことで攻撃力も凄まじくなってます。

そしてもう1つは玉鳳隊。

こちらも今は玉鳳軍になりました。

王賁も蒙恬と同様に万の兵の指揮で戦術の幅が広がりました。

さらに強烈な戦力が加わりました。それが・・・

亜光軍から3千騎を引き連れて移籍してきた亜花錦。

命令を無視して突っ走る傾向があるものの、上手に使いこなしてる王賁。まだまだ強くなりそうです。

さてその一方で逆に苦戦して押し込まれているのが・・・

そう、飛信隊。

本陣で重苦しい雰囲気で話し合ってる幹部連中。

河了貂も

「苦戦の理由は分かっている・・・」

それを聞いて

「・・・すまない」

そう返す崇原。崇原は歩兵団。そして信も

「しょうがねぇ。やっぱり松左が抜けた穴はそれだけデカかったということだ」

そう、亡くなった松左の抜けた穴がデカかったわけだ。

松左は歩兵団の副長で、気づかないところでいろいろ仕事していた。

亡くなって初めてこれほど松左に助けられていたとは思わなかったとうなだれる崇原。

戦いの主力は歩兵が中心のため、歩兵の立て直しは必須。

訓練はしてるものの、誰か怪物級の助っ人が入らない限り、急には解決しません。

そしてもう1つの原因を指摘する声が。

「もう1つの原因の方が深刻だと思ってる・・・羌瘣だ」

そう、羌瘣はあれからずっとほぼ寝たきりの状態。

出陣しても本陣から動くことはなく、そのせいで羌瘣隊は今では普通の5千人になってしまっている。

信もそれは分かってるだけに、自分で確かめるために羌瘣に会いに行くことに。

キングダム662話ネタバレ確定「羌瘣が寝たきりな理由とは?」

信が羌瘣の本陣に行くと羌瘣は中で寝ていました。寝るというより深い瞑想ですね。

信は朱海平原で羌瘣が助けたときに「命を分けて」と言っていたことが気になっているようです。

「羌瘣、お前一体どうしちまったんだ!?」

そう問う信に羌瘣は

「・・・もう少しだ」

と答えるだけ。羌瘣は説明します。

「お前に禁術を使ったため、気の流れを伝える大事な線が何本も切断された。深い瞑想をしてずっとそれらを繋ぎ直しているところだ。もうすぐ終わる」

飛信隊に迷惑をかけてるのは分かってるが、こうやって瞑想して治す方が早い、そう判断してのこと。

「それで前みたいに戻るのか?」

そう聞く信に

「・・・どうかな」

そうはぐらかす羌瘣。怒った信に羌瘣は

「戻るよ。任せろ。ちゃんと・・・戻ってみせる」

そう答えるのでした。

その後、敵が攻めてきたため、本陣に戻る信。再び瞑想を続ける羌瘣。

どうやら意識の中で水中で浮かんでいるようですが、手元に剣が実体化して見えるようになり、だいぶ回復してきたのは間違いないようです。

「もう少しだ。本当にもう少しで・・・」

その時、羌瘣は何かに気づきます。

それは大きな人の影で、羌瘣に襲いかかっているようでした。

慌てて飛び起きる羌瘣。

「な・・・何だ・・・今のは・・・」

羌瘣は果たして何を見たのか!?

キングダム662話の感想と考察

最終ページの煽りには

「意識下をさまよう羌瘣の心に浮かび上がる影…その予感が意味するものとは…!?」

そして次回予告には

「次号、羌瘣の身に迫るものとは…!?」

とあります。次回は何か起こるのでしょうね。

前半で、怪物級の誰かが助っ人に来てくれない限り・・・という、いわばフラグが立てられたため、これは間違いなく誰かがやってくる予兆です。

秦軍で助っ人に来てくれそうな人って誰かいたかな。

バジオウあたりが来てくれればすげーパワーアップするんだけど。

そして影の主だが、やっぱり同じ蚩尤族の誰かかな。そんな気がするが。。。

次回も楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating