キングダムネタバレ652
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

「キングダム」の前回は突入する蒙武を迎え撃つ楚軍の満羽に、戦いたくてうずうずしている千斗雲。そこへ援軍として騰軍の騰と録嗚未が到着し、右翼・左翼に突入します。

しかしこれでも数的に不利な中、魏軍の項翼と白麗も到着し、オールスター勢揃いの様相になってきました。

さあ652話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく636話の内容を予想&考察してみます!


キングダム652話のネタバレ確定速報!

⇒今からキングダムを一気読みするなら?全巻セットの現在の値段はこちら

キングダム652話ネタバレ確定「追い詰められる蒙武軍!」

前回の終わりに魏軍が到着しましたが、今回、冒頭は到着する直前の蒙武軍、騰軍から。

楚の王都から援軍として項翼、白麗の両将軍が到着し、びっくりする蒙武軍本陣の蒙毅たち。

一方、戦バカの千斗雲は

「はぁ?どこのどいつだ、邪魔しに来たのは!いらねぇよ、そんなん!」

と頭に来ている様子。

蒙武や騰たちも異変を察知。

そして項翼は媧燐から「何かあるから力技でねじ伏せてこい」と送り出されたらしい。

すごいざっくりとした指示ですね。

騰は項翼たちにとって臨武君の仇ですからモチベーションが上がっています。

項翼たちの目の前にいるのは千斗雲と戦っている録嗚未軍。

千斗雲は邪魔されるのが本当にイヤで、蒙武を先に殺るか、邪魔しに来た味方をぶっ殺してから蒙武をやるか本気で悩んでます。

側近が「何言ってんですか」と冷静なツッコミしてます。この人、毎回ツッコミしてますね。ボケとツッコミがうまく機能しています。

そして騰は戦況を見てひと目でこのままでは録嗚未がやられると判断します。

白麗は遠弓隊に指令を出して録嗚未軍へ攻撃します。

録嗚未はあんな遠くから届かないと思っていたら頭の上に矢が降ってきて不利を察知し、全軍反転して一度離脱を決意します。

それを蒙毅が見て、全軍退却の指示を出します。

蒙毅は、楚の援軍3万を見てもはや戦にならなくなったから全体で立て直しを図ることに。

「急がないと本当に全滅するぞ!」

そのためには蒙武を引き戻さないといけないけど、蒙武はなかなか戻ってきません。

騰は退却の鐘を聞いて攻撃を中止し、蒙武の脱出を助けるために敵の中央へ攻め込もうとします。

しかしそれを許さないのが楚の玄右。騰を自由にさせません。

蒙毅は戦況を見ていよいよ焦りだします。

「このままでは本当に一刻も持たずに全滅してしまう…」

蒙毅の焦りもマックスになってます。

キングダム652話ネタバレ確定「ついにやってきた魏軍!」

戦況を高い場所に置いた椅子に座って眺める楚の本陣の寿胡王。

「はーまたしても十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう」

什虎になぜ各国が手出しできないのか秦軍にしっかり教えてやろうと思っていたけど、それすらする必要もないほど勝利を確信している様子。

「ん?」

異変に気づく寿胡王。騰や蒙武、楚の武将たちも勘付きます。

「何か来る」

ドドドドドド・・・

そう、やってきたのは魏の呉鳳明軍。

蒙毅はめちゃくちゃビックリしてます。たぶんもう魏軍は来ないと思っていたのでしょうね。

一方、騰は

「来たか、やはり」

と想定していた様子。

しかし楚軍は

「魏軍だとぉ!何でここに!しかもあの数・・・」

しかし本陣にいる寿胡王は嬉しそうな様子。

「なるほどのー、やればできるじゃんかよ。やーっと面白くなってきたな」

冷めた様子だった寿胡王がすっかりやる気に満ちています。

寿胡王は千斗雲に魏軍に当たれと指令を出します。

すると千斗雲は

「何これ、いいのこんなに?秦と魏と同時にやっちゃっていいいの?」

もう射精しそうなくらい興奮度がマックスになってます。変態ですね。

逆に蒙武軍本陣の蒙毅たちは活気づきます。

しかし蒙毅は熱くなる同僚たちに

「落ち着いて!まだ魏が同盟を受けたという正式な言葉を聞いていません!」

そう、最悪、魏軍が楚ではなく秦に対して牙を剥いていくる可能性だってあるわけです。

そこで魏軍に使者を出そうとしていたら、魏から使者がやってきたという。

魏軍総大将・呉鳳明が側近の一人、将軍・荀詠(じゅんえい)

呉鳳明の言葉を伝えに来たという。その言葉とは・・・

「秦軍・魏軍で共闘し、楚軍を打ち倒す。単純な挟撃でそちらに合わせてやる故、自由に戦え」

でした。それでも不安が拭えない蒙毅は確認します。

「本当に魏軍は同盟を受け入れたのですね?」

すごい念押ししています。それに対し、荀詠は

「三年だけだぞ」

そう言い残して去ります。

呉鳳明はいよいよ動き出します。

「秦軍と共闘し、楚軍をすり潰す!」

キングダム652話の感想と考察

最後のページの煽りには

「参戦を表明した呉鳳明。役者が揃った秦・魏連合軍、不落の什虎を奪取なるか…!?」

とあります。

今週から戦闘が始まるかと思ったら来週でしたね。とりあえず役者が揃ったところまで進みました。

呉鳳明はすり潰すと言っているので、標的になるのは近くにいる千斗雲、そして援軍の項翼、白麗らでしょう。

呉鳳明と録嗚未がうまく連携できれば千斗雲らを倒せる可能性も高まりますね。

逆に言えば千斗雲らが立ちはだかる限り、魏軍は中に進めず、蒙武、騰らは不利なままです。

つまり録嗚未がうまく連携して千斗雲をやっつけるか退却させないといけないわけですね。

そして魏軍の一番近くにいる項翼・白麗vs呉鳳明も戦闘に入るでしょう。

各所で激戦が繰り広げられるので次回が楽しみですね。

そして今回、千斗雲がなかなかのキャラで毎回楽しませてくれますね。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

5 1 vote
Article Rating