POSE
The following two tabs change content below.

数多の海外ドラマの中でもこの作品は見るべき!

お家時間が多くなったこの時期、8ラボ編集部が厳選した見終わったあとロス状態になる、おすすめの海外ドラマ7作品をご紹介します。


パーソン・オブ・インタレスト

パーソン・オブ・インタレスト
出典:U-NEXT

久しぶりに面白いドラマを見た~と思ったのが、「パーソン・オブ・インタレスト」

事件を未然に防ぐ犯罪予知システム”マシン”を開発したハロルド・フィンチと元CIA工作員のジョン・リースが、命懸けで事件に挑んでいく犯罪サスペンスドラマ。

誰が加害者で被害者なのかが分からないスリリングな展開が見もので、恋愛事情がほとんど描かれていないのも魅力のひとつ。

海外ドラマ「LOST」に出演していたマイケル・エマーソン演じるハロルド・フィンチと、映画「シン・レッド・ライン」などに出演しているジム・カヴィーゼル演じるジョン・リースのコンビネーションが最高にいいんですよね。

影のある孤独な雰囲気の元CIAのジョン・リースを演じたジム・カヴィーゼルは、超ハマリ役!

かっこよすぎる…^^;

女性陣も、カーター役のタラジ・P・ヘンソン、ショウ役のサラ・シャヒ、ルート役のエイミー・アッカーと美人女優ばかり♪

しかもこの3人も、かっこいいんです!

シーズン5で完結しているので、長さもちょうどいい?!

見て損なし!のクライムアクションドラマです。

メンタリスト

メンタリスト
出典:U-NEXT

銃や暴力を使わず、知性と鋭い観察力でスタイリッシュに事件を解決していく傑作推理ドラマ

主人公の犯罪捜査コンサルタントのパトリック・ジェーンを演じるのは、アメリカのTVガイド誌で「今最もセクシーなTV俳優1位」に選ばれたこともある、タレ目の笑顔が最高のオーストラリア俳優のサイモン・ベーカー。

女性なら、ジェーンを演じるセクシーなサイモン・ベイカー見るだけでいいと思えてしまうほどかも?!

ジェーンの宿敵レッド・ジョンとの戦いや、CBI捜査官のリズボンとの関係もドラマの見どころのひとつ。

鋭い洞察力と心理術で事件を解決していくので、グロいシーンがほとんどないのもgood♪

普通の刑事ドラマに飽きてきた人にぜひおすすめしたい、何度見返しても面白いドラマです。

ボーダータウン 犯罪が眠る街

ボーダータウン 犯罪の眠る街
出典:Netflix

フィンランドの湖畔の町ラッペーンランタが舞台の犯罪ミステリードラマ。

仕事優先だった敏腕刑事カリ・ソルヨネンは、家族との時間を優先するため、静かな湖畔の町へ引越してくるが、その思いとは裏腹に、次々に事件が発生。

他の人とのコミュニケーションが上手くできない、ちょっとクセのある主人カリの魅力にグイグイ引き込まれていきます。

ちょっと驚いたのが、事件解決まではじっくり描かれているのに、事件解決はサラッと流れるように終わり、次の事件に入っていくこと。

聞き慣れないフィンランド語に最初は戸惑いますが、「キートス」がフィンランド語で「ありがとう」って意味なんだな~と分かってきたりして、次第に心地よく聞こえてくるから不思議。

北欧の名前(特に苗字)を覚えるのが大変ですが、北欧の綺麗な景色(特に深い雪に覆われた銀世界に圧倒されます)、洗練された北欧インテリアに目を奪われます。(湖畔周辺に住んでいる人の家における窓の割合が大きく、窓の掃除が大変そうだな…と他人事ながら心配になります^^;)

驚くのが、主人公カリが所属する重犯罪調査班の殺風景な職場!あれが、最先端なのか?(*_*)!

”静”のカリに対し、”動”の女刑事レナもカッコイイんですよね。

そして、主人公カリの娘ヤニナが歌うシーンがすごくいい!

思わず巻き戻して繰り返し聞きたくなるほど…

インテリアが好きな人なら、北欧インテリアを見るだけでも満足するはず。

カリの奥さんポーリーナ、いつでもおしゃれです♪

しかし、こんなに身近に事件が起きるものなのだろうか?とちょっと不思議になるくらい、家族や知り合いが次々と犯罪に巻き込まれていきます。

アメリカのサスペンスドラマとはちょっと違う雰囲気のドラマが見たい人におすすめの、1つの事件が2~3話で終わる北欧ミステリードラマ。

シーズン3で終わりかな~?

ぜひ続きがみたいドラマのひとつです。

Netflixで配信中


POSE

POSE
出典:U-NEXT

第1話を観てドハマリした「POSE」!(*_*)!

オープニングで、がっちりハートを持っていかれました!

80年代後半のNYを舞台に、LGBTQの人々のプライドと純愛、夢を追う姿が描かれています。

ダンスやファッションを競うコンテスト”ボール・カルチャー”での衣装や音楽が半端ない!

こんな世界があったんだ…

まるでショーを見ているようで、思い切り引き込まれます。

シーズン2が放送されるのがまだまだ先だと知った時、見終わりたくないからと、シーズン1を先延ばししながら見たほど…

シーズン1でブランカとプレイ・テルが病院で歌うシーン、号泣必至(;_;)、心が揺さぶられます!

そして、演じているのは、トランスジェンダーの俳優さん達という画期的ドラマ。

製作総指揮は「Glee」のライアン・マーフィー、彼自身も同性愛者であることを公表しています。

ライアン・マーフィー最高!

「The category is LIVE!」

LGBTQの人たちが、力強く生きていく姿に感動すること間違い無しの未見の人にはぜひ見てほしい、超おすすめのドラマです!!

セックス・エデュケーション

セックス・エデュケーション
出典:Netflix

直訳すると性教育というタイトルが奇抜なセックス・エデュケーションは、イギリス発のNetflixオリジナルドラマ。

セラピストの母を持つオーティスは、経験もないのに性的な知識が豊富な高校生。

学校で有名な同級生メイヴに誘われ、人付き合いが苦手な彼が秘密のセックス相談クリニックを始めるが…。

とにかく登場人物全員のキャラクターがいい!

ゲイや同性婚、家庭環境に恵まれない子、バイセクシュアルなど…。

みんながそれぞれの個性をすんなり受け入れているのが、すごく素敵だなと思います。

主人公オーティスの親友エリックが、自身のアイデンティティーを確立しようと父親と話すシーンは感動モノ(;_;)

そしてエリックが学校のダンスパーティー会場に入ると流れた曲は、あの「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」の名曲!

できればティーンエイジャーの頃に見たかったと思うような、「みんな違って、みんないい!」と思えるおすすめのドラマです。

主人公オーティスの母親でセックスセラピストのジーンは、あの「X-ファイル」に出演していたジリアン・アンダーソン、グレーヘアーも似合って素敵に歳を重ねています♪

Netflixで配信中

ライン・オブ・デューティ

ライン・オブ・デューティ
出典:U-NEXT

数多のイギリス刑事ドラマの中から特におすすめしたい「ライン・オブ・デューティ」

警察内部で起こった不正を捜査する汚職特捜班AC-12が、汚職警官に立ち向かうイギリスのサスペンスドラマ

イギリステレビ放送局の最高視聴率を塗り替えた絶大な人気の大ヒットドラマで、汚職警官を追い詰めていく多彩な手法、緊迫感に満ちた尋問シーン、心理戦の応酬がスリリング。

登場人物に華がなくて、最初は見るのをためらいますが、シーズンを重ねるごとに面白くなってくるんです。

逆にみんな地味だから、話に現実味があるように思えてくるかも?!

何より出演陣の確かな演技力が、綿密なストーリーにより厚みを与えていて、グイグイ惹きつけられます。

ただ、主人公アーノットが、どうしてそこまでモテるのかが不思議でしょうがなくなりますが…^^;

そしてなんと言っても、シーズン2に登場するリンジー・デントン巡査部長のキャラは必見!

同僚にあんなことされたら、心が折れてしまう…、とても乗り越えられない…と思える逆境に何度も立たされますが、凄まじい執念で負けないんです、リンジーは!(*_*)!

イギリスの警察内部ってこんなに汚職が多いの?!と思ってしまいますが、続きが見たくなるイッキ見覚悟のドラマです。

ストレンジャー・シングス 未知の世界

ストレンジャー・シングス
出典:Netflix

全世界で大人気の「ストレンジャー・シングス 未知の世界」

1980年代、アメリカの小さな町ホーキンスで、12歳の少年ウィルが突然姿を消してしまいます。

そして突然現れた謎の少女エル…

ウィルの失踪事件を巡り、家族や友人たちがさまざまな不可解な事件に巻き込まれていき、小さな町ホーキンスに隠された秘密を知ることに…

とにかく見始めたら止まらなくなること間違いなし!

保安官のジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)やウィルの母親役のウィノナ・ライダーがいい味だしてます。

必死でウィルを探そうとする子供たちの姿は胸を打たれます。

シーズン3でエルがホッパーの手紙を読むシーン、涙なくして見られません!!

Netflixで配信中

0 0 vote
Article Rating