海外ドラマ,サイコパス

怖いけど、見てしまう…。

サイコパスが登場するドラマはそんな中毒性があります。

今回は、1人で見るには覚悟が必要かもしれない、サイコパスな海外ドラマ12作品をご紹介します。

ちなみに私は海外ドラマは全部、ここの動画配信サービスで観てます。(無料期間もあるのでお試しでゼロ円で観れるのが嬉しい♪)


ハンニバル

ハンニバル
出典:U-NEXT

映画「羊たちの沈黙」の連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクターの若かりし日々を描いたサイコスリラー

連続殺人事件を捜査するFBI捜査官のジャックは、天才プロファイラーのウィルに協力を依頼するが、犯人に共感し、脳内で犯行を再構築できるウィルの特殊能力を心配したジャックは、有名な精神科医のハンニバルに協力を依頼する。

シーズン1のエピソードタイトルには、フランス料理のコース名、シーズン2では懐石料理の名前が用いられています。

ハンニバル・レクターになりきったマッツ・ミケルセン、天才プロファイラー ウィル役のヒュー・ダンシーの演技は見もの。

怖いけど見たくなってしまう…そんな中毒性があるドラマ。

グロいシーンも多いので、夜中に1人で見るには覚悟が必要・・・

キャッスル・ロック:ミザリー~殺人へのシナリオ~

キャッスル・ロック
出典:U-NEXT

映画史に残る狂人というべき「ミザリー」の主人公・アニーの若かりし頃を描いたミステリー。

何かから逃げるように各地を転々とするアニーと娘のジョイは、キャスル・ロックの手前で事故を起こし、エルサレムズ・ロットに滞在することになる。

キャッスルロックでは、ソマリアからの移民と地元住民の対立が激しさを増し、一触即発の状態にあった…。

脚本・製作総指揮はスティーブン・キング。

キング作品でおなじみのキャラクターが登場する多元的な世界観に引き込まれます。

マインド・ハンター

マインドハンター
出典:Netflix

Netflixオリジナルシリーズのマインド・ハンターは、元FBI捜査官の著書を元にした大人向け犯罪サスペンスドラマ

監督・制作総指揮は、映画「セブン」や「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー

ドラマの作り方がかっこいい、さすがです!

全体的にトーンが低く落ち着いていて、それがドラマの魅力になってグイグイ引き込まれていきます。

舞台は1970年代のアメリカ。

ビルとフォード、2人の捜査官が、まだFBIに行動分析課(プロファイリング)が確立される前に、アメリカ犯罪史上に名を刻むシリアルキラーたちの行動を分析するために立ち向かうドラマ。

シリアルキラーたちとの心理戦は、緊張感が伝わってきて見応え十分。

シリアルキラーを演じている役者さんが、実際のシリアルキアーそっくりの風貌なので、本人が出演しているのか?(ありえませんが・・・)と思うほど・・・。

ビル役のホルト・マッキャラニー、フォード役のジョナサン・グロワ、カー博士役のアナ・トーヴ、フォードの恋人役のハンナ・グロスといい配役がピッタリ!

特に女性陣の声のトーンが低くて色っぽい。

主人公のフォードが犯罪者に深く危険なほど近づいていくうちに、観ている自分自身もどっぷり引き込まれてしまいます。

Netflixで配信中


ベイツ・モーテル

ベイツ・モーテル
出典:U-NEXT

映画史上に残るアルフレッド・ヒッチコック監督の傑作サスペンス「サイコ」の前日譚。

サイコキラーはこうして誕生した!

殺人シーン、ノーマンと母親の異常な関係、殺人鬼を誕生させた街の背景など・・・。

17歳の少年ノーマン・ベイツが猟奇殺人鬼に変貌していく過程をスリリングに描く。

amazon prime videoで配信中

クリミナル・マインド

クリミナル・マインド
出典:U-NEXT

FBIのBAU(行動分析課)のメンバーが、犯罪者の心理を分析(プロファイリング)して事件を解決していくクリミナル・マインド

目を背けたくなるような残酷なシーンも多いですが、キャラクターとストーリーが魅力的で、シーズンを追うごとに面白くなっていく犯罪サスペンス。

各話の始めと終わりに紹介される過去の偉人の名言は、各ストーリーとつながっていて、犯罪事件を扱う人間ドラマにもなっています。

ハンドメイズ・テイル/待女の物語

ハンドメイズ・テイル待女の物語
出典:hulu

カナダ文学界の巨匠マーガレット・アトウッドのディストピア小説「待女の物語」が原作。

舞台は近未来のアメリカ。

民主主義が崩壊して、社会は、キリスト教原理主義に支配されていた。

子供を産める女性たちは「待女(メイド)」として、上流階級の家で不妊の妻の代わりに、子供を産むよう義務付けられていた…。

ショッキングな内容が、全米で社会現象を巻き起こしている衝撃作。

行動を極限まで制限された監視下の世界で、どのように今を生き抜くか、主人公の女性の目線を通して力強く描かれた秀作ドラマです。

エミー賞の主要部8部門を獲得しています。

デクスター/DEXTER

デクスター
出典:hulu

マイアミ メトロ警察殺人課の血痕分析官デクスターには、もう一つの顔があった…。

デクスターの目的は殺人事件解決ではなく、悪事を行う者たちを消すシリアル・キラーなのだ。

しかし、マイアミに別のシリアル・キラーが現れ、デクスターが築いてきた世界に衝撃を与える。

エミー賞にもノミネートされたサスペンスドラマです。

そしてなんと!続編が10話のリミテッドシリーズとして製作されることが決まったようです。

楽しみでしょーがない!!

アメリカン・ホラー・ストーリー1984

アメリカン・ホラー・ストーリー1984
出典:U-NEXT

ロサンゼルスオリンピックに湧く1984年。

とあるキャンプ場で恐るべき悪夢が再燃する・・・。

13人もの人間を殺害した実在の殺人鬼と架空の殺人犯の物語が見事に交錯していく。

アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟

アメリカン・ホラー・ストーリー:精神病棟
出典:U-NEXT

1960年代の精神病院。

新聞記者のラナは、移送されてくる連続殺人犯への取材のため、精神障害者収容施設ブライヤークリフを訪問する。

だが、ラナ自身が厳格なシスターによって囚われの身になってしまう。

宗教関係者や医師たちの狂気が渦巻く施設で、恐怖の物語が展開する。

アメリカンホラーストーリー精神病棟,相関図
出典:foxjapan

1960年代のレトロなファッションや音楽、同性愛や異人種間の結婚など、当時タブー視されていた社会問題に対する視点も要注目!

アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談

アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談
出典:U-NEXT

16世紀に住人が集団失踪を遂げた「失われた植民地」事件をベースにした恐怖の物語。

ドキュメンタリー番組のように進む物語展開が、実際の事件を見るかのような気持ちにさせ、さらに恐怖をあおり立てる。

レディー・ガガの迫力満点な怪演も必見!

アメリカン・ホラー・ストーリー:黙示録

アメリカンホラーストーリー黙示録
出典:U-NEXT

共同体という謎の組織により核戦争が勃発し、世界中が崩壊しているというニュースが流れ、街はパニックに陥る。

美容院にいた億万長者の娘・ココは、父親から連絡を受け、美容師らと共に避難所へ向かうが、そこは、組織に選ばれた優秀な遺伝子を持つ者と、大金を支払った者のみが入ることを許される特別な場所だった…。

核戦争のアメリカを舞台に、生存者の恐怖を描いたディストピア感満載のドラマです。

YOU-君がすべて-

YOU-君がすべて-
出典:Netflix

「YOU-君がすべて-」という作品名を見て、青春恋愛ストーリーかな、なんて思ってはいけません。(この画像からそうは思わない!?)

好きな女の子が出来て、その子を好きなあまりストーカーしちゃうストーリー

本屋の店長ジョーは、ある日、作家志望の女性ベックに恋をします。(シーズン1)

その恋心が執着に変わる時、ジョーは密かに、そして計画的に、自分と彼女の間に立ちはだかるものを次々と取り除いていく…。

危険な魅力と異常な執着心を持つ男ジョーは、ひとたび狙いを定めた標的を決して逃さない!

ストーカーって怖すぎる…、と思いますが、ジョーは隣人の男の子にも親切だし、普通にいい人なんですよね。

でもこういう普通の人が、何かの拍子にサイコパスなストーカーになっちゃうのかも?!

サイコパスな行動をするんだけど、純愛物語のようにも見えてしまう。

ちょっとクスッと笑えたりする、続きが見たくなってしまうドラマです。

Netflixで配信中

今回は、「反社会性パーソナリティ障害」のサイコパスが登場する海外ドラマを紹介してきました。気になるものはありましたか?

他にも紹介したい作品がたくさんありましたが、涙をのんで厳選しました。

この記事を参考に海外ドラマを楽しんでいただけると嬉しいです。

動画配信サービスでは、他にも面白い作品が本当にたくさん配信されているので、まだ利用したことのない方もお試しで楽しんでみてはいかがでしょうか?