海外ドラマ,FBI
The following two tabs change content below.

海外のサスペンスドラマで、よく登場するFBI捜査官。

捜査の管轄権の問題で市警察とFBIが揉めてるシーン、よくありますよね。

FBI捜査官と市警察って何が違うの?

市警は州内であれば警察権があり、FBIは、いくつかの州にまたがった連邦犯罪と言われる事件を担当する連邦捜査局のことをいうそうです。

今回は、海外ドラマでは欠かせないFBI特別捜査官が活躍する15作品をご紹介します。


クリミナル・マインド

クリミナル・マインド
出典:U-NEXT

FBIのBAU(行動分析課)のメンバーが、犯罪者の心理を分析(プロファイリング)して事件を解決していくクリミナル・マインド

目を背けたくなるような残酷なシーンも多いですが、キャラクターとストーリーが魅力的で、シーズンを追うごとに面白くなっていく犯罪サスペンス。

各話の始めと終わりに紹介される過去の偉人の名言は、各話とつながっていて、犯罪事件を扱う人間ドラマにもなっています。

クリミナル・マインドの日本語吹き替えは、役のイメージビッタリの声優さん達がやっているので、日本語吹き替えで見ても字幕版と全然違和感ないのでおすすめです。

クリミナル・マインド 国際捜査班

クリミナル・マインド国際捜査班
出典:U-NEXTV

人気海外ドラマ「クリミナル・マインド」のスピンオフ

CSI:NYのマック・テイラーを演じていたゲイリー・シニーズが、FBI国際捜査班を率いるジャック・ギャレットを演じています。

国外で凶悪犯罪に巻き込まれた可能性のあるアメリカ人を救出することを任務にし、世界各地へ飛び、凶悪犯罪に挑んでいく。

「クリミナル・マインド」とのクロスオーバー・エピソードも見所のひとつです。

「クリミナル・マインド 国際捜査班」のマシュー・シモンズ捜査官(ダニエル・ヘニー)は、本家「クリミナル・マインド」のシリーズ13からレギュラー出演しています。

マインド・ハンター

マインドハンター
出典:Netflix

Netflixオリジナルシリーズのマインド・ハンターは、実話を基にした大人向け犯罪サスペンスドラマ

監督・制作総指揮は、映画「セブン」や「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー

全体的にトーンが低く落ち着いていて、それがドラマの魅力になってグイグイ引き込まれていきます。

舞台は1970年代のアメリカ、ビルとフォード、2人の捜査官がまだFBIに行動分析課(プロファイリング)が確立される前に、アメリカ犯罪史上に名を刻むシリアルキラーたちの行動を分析するために立ち向かうドラマで、シリアルキラーたちとの心理戦は緊張感が伝わってきて見応え十分。

Netflixで配信中


ハンニバル

ハンニバル
出典:U-NEXT

映画「羊たちの沈黙」の連続猟奇殺人犯ハンニバル・レクターの若かりし日々を描いたサイコスリラー

連続殺人事件を捜査するFBI捜査官のジャックは、天才プロファイラーのウィルに協力を依頼するが、犯人に共感し、脳内で犯行を再構築できるウィルの特殊能力を心配したジャックは、有名な精神科医のハンニバルに協力を依頼する。

シーズン1のエピソードタイトルにはフランス料理のコース名、シーズン2では懐石料理の名前が用いられています。

ハンニバル・レクターになりきったマッツ・ミケルセン、ウィル役のヒュー・ダンシーの演技は見もの。

怖いけど見たくなってしまう…そんな中毒性があるドラマ、グロいシーンも多いので、夜中に一人で見るには覚悟が必要です…。

ブラック・リスト

ブラック・リスト
出典:U-NEXT

FBIの最重要指名手配犯の一人である”レッド”ことレイモンド・レディントンは、世界中の犯罪者たちの裏取引に協力して「犯罪コンシェルジュ」と呼ばれている。

そんなレッドがFBIに出頭してきて、捜査に協力する代わりに新米女性捜査官のエリザベスをパートナーにするよう要求する。

いくつもの謎が張り巡らされたストーリー展開が見もの。

レッド役のジェームズ・スペイダーは、80年代映画「セックスと嘘とビデオテープ」でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞しています。

Xファイル

Xファイル
出典:amazon

UFO、オカルトなどの超常現象が関わる不可解な事件”X-ファイル”にFBI捜査官が挑む。

事件そのものも未解決のままで終わる不気味さがクセになる伝説のサスペンスドラマ

13年ぶりにTVドラマミニシリーズとして復活し、さらに2018年に新シーズンが放送されました。

新任捜査官ダナ・スカリーを演じたジリアン・アンダーソンは、2019年から公開されているNetflixオリジナルドラマ「セックス・エデュケーション」で、主人公の母親でセックスセラピストのジーン役を好演しています。

BONES-骨は語る-

BONES
出典:U-NEXT

理論派の法人類学者テンペランス・ブレナンと体育会系のFBI捜査官シーリー・ブース、正反対の2人が骨に残された手掛かりを元に難事件を解決していきます。

主人公のブレナン博士”ボーンズ”のキャラクターが面白いので、サスペンス要素もありますが、心理的なグロさはないので楽しめる犯罪ドラマです。

マンハント

マンハント
出典:Netflixx

連続爆弾魔”ユナボマー”ことテッド・カジンスキーが全米を震撼させた、実話に基づくサスペンスドラマ

犯人の決定的な手がかりを掴めずにいたFBIは、プロファイラーのジム・フィッツジェラルドに捜査を託します。

ジム・フィッツジェラルドが取り憑かれたように捜査にのめり込んでいく姿にイッキ見したくなります。

犯人のカジンスキーの生涯も描かれていて、見応えのあるドラマになっています。

Netflixで配信中

ホワイト・カラー

ホワイト・カラー
出典:hulu

服役中の天才犯罪者ニールは、FBI捜査チーム知的犯罪専門チームのピーター・バークからFBIのコンサルタントに抜擢される。

GPS追跡装置をつけて自由になったニールが、ピーターとともにNYの難事件を解決していく知的犯罪ドラマ

主人公の天才詐欺師ニールを演じるイケメン俳優マット・ボマーのファッションにも注目です。

ツイン・ピークス

ツイン・ピークス
出典:amazon

アメリカ北部の田舎町ツイン・ピークスで女子高生ローラ・パーマーの死体が発見され、FBI特別捜査官のクーパーが捜査を担当することになる。

海外ドラマブームの先駆けとなった「ツイン・ピークス」、どんどん謎が深まっていくストーリー展開で日本でも大ブームでしたね。

製作総指揮は、カルト映画の鬼才デビッド・リンチ

25年後の2017年にドラマの新シーズン「ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ」が放送されました。

U-NEXTで「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー 最後の7日間 リストア版が配信中

ブラインドスポット

ブラインドスポット
出典:U-NEXT

ニューヨークの繁華街に置かれたボストンバッグの中から、顔以外の肌がさまざまな図柄や文字のタトゥーで埋め尽くされた全裸の女性が現れる。

FBIの前に現れた正体不明の女、ジェーン・ドウ。

タトゥーが示す先に、巨大な陰謀が動き出す。

FBIチームが事件を解決するたびに、少しずつジェーンの過去が明らかになっていくクライムサスペンスドラマ。

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル
出典:hulu

FBI特別捜査官の兄と天才数学者の弟のコンビが、数学的思考を駆使して、さまざまな難事件を解決していく知的クライムサスペンスドラマ。

製作総指揮は、共に映画監督のリドリー&トニー・スコット兄弟。

リドリー・スコット監督は、映画「グラディエイター」でアカデミー賞作品賞を受賞しました。

クワンティコ

クワンティコ
出典:U-NEXT

アメリカのバージニア州クワンティコにあるFBIアカデミーを優秀な成績で卒業したFBI新人捜査官のアレックスは、ニューヨークで起きた爆破テロの容疑者としてFBIから追われる身になってしまう…。

FBIの新人FBI捜査官を演じるのは、ミス・ワールドにも選ばれたこともあるインドの美人女優プリヤンカ-・チョープラ。

シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察

シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察
出典:U-NEXT

ジェニファー・ロペスがドラマ初主演を務めた刑事ドラマ

ニューヨーク市警の敏腕刑事でシングルマザーのハーリー・サントス(ジェニファー・ロペス)は、犯罪組織からの賄賂を山分けするダーティなチームに所属していた。

そんな中、FBI汚職防止特捜班の罠にはまった彼女は、極秘ミッションにより自らのチームを潜入捜査することになる…。

アブセンシア~FBIの疑心~

アブセンシアFBIの疑念
出典:WOWOW

連続殺人事件の捜査中に突然姿を消したFBI捜査官エミリーは、6年後、瀕死の状態で発見される。

失踪から6年の時間が過ぎ、死亡したとされていた彼女、なぜ姿を消したのか、この6年の間で一体何があったのか?!

そして夫が既に再婚していたこと、最愛の息子が自分を母親と認識しないことに加え、ある殺人事件で自分が疑われていることを知った彼女の運命は…。

重厚なムードの中、先が読めない物語が展開するノンストップ・クライム・サスペンスドラマ。

海外ドラマ「キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き」のスタナ・カティックが、主演のFBI捜査官エミリーを演じています。
amazon prime videoで配信中

0 0 vote
Article Rating