呪術廻戦132話ネタバレ考察!とうとうラスボス・ニセ夏油が登場!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回はお互いに黒閃を決めるべく殴り合いする真人と虎杖。二人ともボロボロだけにそろそろ最後の攻撃・・・という感じですが。

さあ132話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは132話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦132話のネタバレ確定速報!

呪術廻戦132話ネタバレ「真人の作戦は・・・」

ここからは真人の心の声。

黒閃は狙って出せる術師はいないと言われるが、今の虎杖なら狙って出せそうな雰囲気がある。

おそらく虎杖は黒閃を決めるだろう。もし無策で挑めば祓われてしまう。

しかし自分は既に対策を済ませていると。

その対策とは・・・

真人の左腕のサイズを変更することで当たる部位をずらす。

そして強化装甲を解いた左腕を呪力でカバーする。

虎杖は拳に呪力を集中してるはずなので、虎杖の首にカウンターを当てる。

そんなことを考えながら、虎杖と至近距離でお互いにパンチを打ち合います。

先に虎杖のパンチが真人の左肩に当たります。

そこへ真人のパンチが虎杖の首に当たり・・・

「俺の勝ちだ!」

そう真人が確信した時、真人の左肩にダメージが入ります。

「時間差で二重の衝撃・・・」

そう、これって虎杖の逕庭(けいてい)拳です。

解説によると、虎杖はかつて悪癖から逕庭拳が生まれたものの、呪力操作が向上するにつれ悪癖が消えて失ってしまった技だった。

しかし脹相との戦いを経て逕庭拳が再発。今では虎杖は逕庭拳を使いこなしていた!

そこへ遠くから東堂が

「呪霊よ、お前が知らんはずもあるまい。腕なんて飾りさ。拍手とは魂の喝采!」

そう、東堂が、左腕の切断された部分と右手でズチュと音をさせて拍手をしたが・・・

真人はまた入れ替わるのかと思い一瞬スキが生まれます。

しかし入れ替わっていなかった。東堂によると

「残念だったな。俺の術式はもう死んでいる」

そうか、あれが使えないのはちょっと残念。

そして一瞬生まれたスキをついて虎杖が黒閃を真人のお腹に決めます。

壁まで吹っ飛ぶ真人。強化装甲も解除されてます。

しかしもう改造人間のストックもなくボロボロです。

すると虎杖が

「認めるよ。お前は俺だ。」

虎杖は真人を否定したかったけど、今は違うと。

ただ真人を殺す。また新しい呪いとして生まれ変わったらそいつも殺す。何度でも殺す。もう意味も理由もいらない。それがこの戦いの俺の役割だと。

絶望し、恐怖して逃げ出す真人。追いかける虎杖。

まるで捕食者と被捕食者の関係になってます。

すると真人の前に現れたのはあのニセ夏油。

「助けてあげようか、真人」

そう言うニセ夏油の目は冷たい視線です。

呪術廻戦132話の感想と考察

たぶんニセ夏油は真人を殺して食べて取り込むのでは?真人の呪力を取り込んでパワーアップするつもりかな。

そしてそろそろニセ夏油の正体も判明してもいい頃では?

渋谷事変ももう1年近くやってるからな。そろそろ進展があってもいい頃。

となると、次回はパワーアップしたニセ夏油vs覚悟を決めた虎杖って感じになりそうですね。

まだまだ終わる気配の見えない渋谷事変。一体いつ終わるのか・・・!?

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating