呪術廻戦131話ネタバレ考察!最終形態の真人vs虎杖の戦闘、そろそろ決着か!?

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は0.2秒の領域展開をした真人。東堂は左腕をやられ、自ら切断しますが、ここでリタイア。

東堂のスイッチで真人に黒閃を決める虎杖。真人が分身を出して相手をさせている間に真人は自分の本当の姿、魂の本質を掴み、最終形態に変身します。

さあ131話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは131話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦131話のネタバレ確定速報!

呪術廻戦131話ネタバレ「真人の最終形態vs虎杖」

黒閃を経験して自分のむき出しの魂の本質を理解した真人。

「お前を殺して俺は初めてこの世に生まれ堕ちる」

堕ちるって・・・

本当に迷惑な奴ですね、真人。

そしてここから怒涛の蹴り合い、殴り合いが始まります。

なんとか隙を見つけて真人のボディを殴るも、その固さに驚く虎杖。

そして以前とは全く別次元の存在になってしまったことを理解する虎杖。

虎杖の攻撃が通らず、だんだんダメージをおい始める虎杖。

「コイツを倒すには最大呪力出力の黒閃をぶつけるしかない・・・」

そう決意する虎杖。

狙って出せる術師は存在しないというが、果たして虎杖は出せるのか?

しかし虎杖はもう膝がガクガクいってます。

一方、真人も、体の一部がボロっと崩れ落ちるなど、領域展開直後の黒閃のダメージが抜けてない様子。

そんなお互いの状態を理解しつつ、接近する二人。お互いに黒閃をぶつけようとしてます。

果たしてどうなるのか?

呪術廻戦131話の感想と考察

戦闘シーンが続きますね。

激しい戦闘になるも致命打には至らない二人。

黒閃を当たり前のように毎回決めているが、相当ハイになってる証拠でしょうね。

真人の最終形態、前のニヤニヤした表情の真人と違って仮面みたいになっていて表情が分からなくなってますます不気味になってますね。

今年中に決着つくんでしょうかねぇ。

次回も楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating