呪術廻戦130話ネタバレ考察!真人、領域展開&黒閃で東堂を撃破、そして羽化!

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は真人が分身して改造人間みたいのを東堂にぶつけます。だがその作戦も失敗。

真人は捨て身の作戦として0.2秒の領域展開を試みます。

さあ130話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは130話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦130話のネタバレ確定速報!

呪術廻戦130話ネタバレ「真人の領域展開はどうなる?」

当たれば必中の領域展開ですから、触れるとまずい真人の攻撃から逃れるため、東堂は簡易領域を展開準備します。

一方、虎杖は領域展開をする前に真人を祓うために駆け出します。

しかし真人は黒閃を経験したことで研ぎ澄まされた覚醒状態のため、それより早く術式を発動します。

その瞬間、真人は宿儺と対峙します。

宿儺は真人を見て何も言いません。

真人は

「セーフってことでいいのかな。虎杖との間に保険は作ってるんだろうけど、させねぇよ。代わる間もなく虎杖は殺す。黙って見てろ」

次の瞬間、元の世界に戻ってますが、東堂の左腕がボコボコと変形を始めます。

東堂は瞬時に左腕を切断、左腕は直後に爆発します。

無防備な東堂のお腹に真人の黒閃が決まります。

吹っ飛ぶ東堂。しかし東堂もタダではやられません。

山勘でお腹に攻撃が来ると予測し、全呪力を集中させてダメージを最小限に抑えました。

血を吐いてもなお倒れない東堂。

そこへ追撃に向かう真人。今度こそダメかと思ったら・・・

右腕でお腹をパーンと撃って虎杖とスイッチ。直後にパンチする虎杖。黒閃を決めます。

東堂は倒れます。

一瞬でも真人とふれたけど、右手の手のひらがジューとやけどするくらいで済んでます。左腕は・・・なくなってしまったけど。

ここで東堂は戦列を離れます。後を虎杖に託します。

真人は多重魂で分身を出し虎杖の相手をさせます。

ダメージを受けた身で考える真人。だが、ついに自分の魂の本質、本当の形を掴んだという。

分身体の後ろで真人は自らの体を変身させました。

「遍殺即霊体(へんさつろくれいたい)」

なんか見た目は花御に似てますね。

呪術廻戦130話の感想と考察

最後のページの煽りには

「真人、魂の羽化!」

とあります。まさに羽化した感じですね。そして東堂も最後まで頑張ったな。

虎杖はこの後どう戦うのか?宿儺に代われるわけではないし、何かアイデアはあるのだろうか?

気になりますね。

そしてもう一つ、東堂の首からぶら下げていたペンダントが落ちて中身が分かる描写がありますが、2つの写真がありました。

1つは東堂が大ファンの高田ちゃん。そしてもう1つは虎杖の写真でした。

いつ写真撮ったんだよ!?盗撮か。虎杖は東堂にとってそこまで大きい存在なのかな。

マイ・ブラザーというくらいだけど、ちょっと気持ち悪いぞ。

まあ、次回も楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating