呪術廻戦129話ネタバレ考察!追い詰められた真人、一か八かの領域展開を!

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は寿命わずかなメカ丸と京都高専・三輪ちゃんの会話、そして京都高専の残りのメンバーが新幹線で東京へ。

一方、真人との戦闘で東堂も黒閃を決めて全員が全力で戦います。

さあ129話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは129話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦129話のネタバレ確定速報!

呪術廻戦129話ネタバレ「東堂が仲間外れに」

真人vs虎杖&東堂で戦ってますが、あくまで真人の狙いは虎杖。

東堂なんていつでもワンタッチで殺せる、みたいに仲間外れにする真人に少し苛立つ東堂。

虎杖が真人の首を蹴って分断すると、それぞれ再生して胴体側が多重魂で混ざりあった「幾魂異性体」になります。

虎杖が真人の相手をし、改造人間の方を東堂が相手します。

東堂は脳内で分析します。

2つに分かれたからといって、単純に1対1の分断ではなく、力の配分を改造人間側が8、首から再生した真人が2と判断。

改造人間の等級は3級から2級弱と聞いている東堂は改造人間を手早く潰そうとしますが、痛い反撃をされます。

そして改造人間に力任せにぶん殴られビルを貫通して地面へ。

着地と同時に距離をとり、改造人間に石を投げ、相手の背後にスイッチしてぶん殴ります。

すると改造人間はいとも簡単に死んでます。

あれだけありえないパワーがあったのに、なぜ・・・?

東堂はすぐに思い至ります。複数の魂を一瞬で燃やすことで爆発的パワーを得たことに。

そして東堂の目の前にはさらに2体の改造人間が。

一方、東堂と虎杖の分断に成功した真人はこのまま押し切ろうとします。

しかし虎杖も攻撃をよけて反撃。真人は虎杖の足をつかんでぶん投げます。

だが虎杖が着地した場所には東堂が立っており、分断は失敗。悔しがる真人。

真人は思考します。

改造人間2体では東堂を仕留めきれない。そして東堂にはブギウギがあるので攻撃を当てるのはかなりハードルが高い。

かといって領域展開をすると宿儺に触れて自分が殺される。

領域展開は複雑で、虎杖だけを除外して展開する技量は今はない。ならどうするか?

「それを教えてくれたのは・・・」

すると真人は領域展開を唱えます。

東堂は「それは自殺行為だろう」と驚いてますが、

「自閉円頓裏(じへいえんとんか)」

真人自身が「一か八か!」と言ってますが、何か違う狙いがあるようです。

そして最後のコマで

「0.2秒の領域展開!」

呪術廻戦129話の感想と考察

真人が一か八かやろうとしてる領域展開は、正直、何をやろうとしてるのか分かりません。

0.2秒と言ってることから、0.2秒だけ発動して攻撃を当てて即解除すれば宿儺の逆鱗に触れないのでは?という感じでしょうか?

東堂も素晴らしい身体能力と術式で真人を翻弄してなかなか見応えがありますね。

次回はどうなるか楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating