呪術廻戦123話ネタバレ考察!釘崎の必殺技が分身体の真人を追い詰める!
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!


呪術廻戦123話のネタバレ確定速報!

前回は虎杖と戦闘になる真人が一般人を使って襲わせて虎杖に精神攻撃をしていました。

そして直前に真人は分身と2手に分かれて、一方は虎杖を、そしてもう片方は地上にいる釘崎と遭遇しました。

さあ123話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは101話のネタバレ要素を含みます!

呪術廻戦123話ネタバレ「虎杖と真人の戦闘の続き」

冒頭、七海に下がるように言われて移動する最中の出来事。

釘崎は格上の呪霊たちと戦う無茶を防ぐために七海に帰るように言われていました。

「足手まとい」だからと。しかし、釘崎は

「それでもアイツらが戦ってるのに一人だけ帰るなんてできない」

そう言う釘崎には決意があった。

さて、虎杖と真人の戦闘に場面は戻ります。

相変わらず一般人を盾にしたり、殺したり、虎杖を襲わせて精神的に揺さぶってくる真人。

変形した一般人が吐いた血で目潰しされる虎杖、その瞬間、背後から真人が迫ってきます。

ここで場面は再び釘崎と真人に戻ります。

同じ頃、戦闘に入った釘崎たち。

七海から情報が入ったのか、真人の両手を徹底的に避ける釘崎。

しかし分身体の真人は本体のように自由に形は変えられるが、改造人間をいじったり、他者の魂に干渉して形を変えたりはできないという。

勝手に神経をすり減らしてくれて助かるよと、真人の分身体は釘崎を内心、あざ笑います。

真人と相打ちするも、自分は傷つき、真人はすぐ再生する。

それでも釘崎は

「分かっててもやんなきゃなんねぇ時があるんだよ!」

そう言って戦いを挑みます。

釘崎は壁を蹴って建物の2階に上がり、上から「簪(かんざし)」で釘を地面に刺します。

ただしそれは真人に全く当たらず、釘先の真意が分からない真人は「?」といった様子。

そしてもう1回、簪!

その瞬間、地面に落ちていた釘たちが真人を貫きます。そして釘崎は真人に接近。

それでも余裕の真人は

「あぁ、だから何だよって話」

と余裕ぶっこいてます。

釘崎は

「あんたの術式聞いた時からコレは効くんじゃないかって考えてた」

「!!」

そう、釘崎はわざと無策を装い、これを狙ってました。

「共鳴り」

その瞬間、本体の真人を釘が貫きます。

まさに真人が虎杖を襲う直前でした。真人の異変に虎杖はすぐ「共鳴り」だと気づきます。

釘崎は共鳴りで真人の肉体を通して魂を撃ち抜くつもりだった。

しかし共鳴りは本体の魂にダメージを与えることに成功し、そのダメージは再び分身にフィードバック。

血を吐く分身体。

「まさか!俺の天敵は虎杖だけじゃなかった!」

一方、釘崎も真人について疑問を感じます。

少し離れたところで自分の呪力が爆発するのを察知した釘崎。目の前の真人の呪力は半端な圧だし、自分に触ればいいのに触らない。

そして

「お前、分身だろ。術式使えないんだろ」

「…正解」

いいね。お互いに不敵な笑いを浮かべながら戦闘を楽しんでる。二人とも戦闘狂ですね。

呪術廻戦123話の感想と考察

次号の予告には

「次号、釘崎の作った隙を突いて虎杖が畳み掛ける!だが真人は!?」

真人にはまだ策があるってことか。

一番は目の前の釘崎を倒して虎杖の目の前で変形させて襲わせれば精神的にダメージを与えられるでしょう。

でも釘崎もなにげにしぶといし、果たして真人の思惑どおりになるか?

今回は釘崎が大活躍でしたね。次号は虎杖も活躍しそうです。

それにしても姿の見えない真希とか直毘人はどうなってるんでしょうね?そっちの様子も知りたいところです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating