呪術廻戦ネタバレ118
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は伏黒が呪詛師の男にやられ、切り札としてとうとう「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)」を出しました。

それをかぎつけた宿儺がやってきて魔虚羅と宿儺が戦闘になりました。

さあ118話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは118話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦118話のネタバレ確定速報!

呪術廻戦118話ネタバレ「魔虚羅vs宿儺」

魔虚羅がさっそく宿儺に攻撃します。

持ってる剣を振り下ろす魔虚羅。それを右腕で受ける宿儺。

その衝撃に地面が凹みます。

剣がまとう呪力から何かに気づく宿儺。再び距離を取り魔虚羅をぶん殴る宿儺。

今度は宿儺の番です。

「解(かい)」

そう、宿儺の斬撃です。体がバラバラになるのかと思いきや、表面に傷がついただけでバラバラにはなってません。

それでも膝をつく魔虚羅。

宿儺はその間に分析します。

魔虚羅の剣は対呪霊に特化した「退魔の剣」であると。

さらに反転術式と同様の正のエネルギーを纏っている。

つまり、普通の呪霊があれを喰らえばひとたまりもない。宿儺だからこそ耐えられたと。

立ち上がった魔虚羅の頭上にある円盤が1つガコンと回ります。

すると傷が言えています。何かをしたようです。

ここで宿儺は様子見で再び魔虚羅に斬撃を。

すると魔虚羅はそれに対応し、剣で弾き飛ばします。

これには宿儺もびっくり。

「視えているのか!俺の術が!」

そして今度は魔虚羅が剣を横薙ぎにします。耐える体勢の宿儺。

すると・・・

見開き2ページで攻撃を受けた宿儺がいくつものビルを貫通してはるか遠くまで飛んでいきます。

追い打ちをかけてくる魔虚羅をかわし、腕の上にまたがり、魔虚羅の頭に手を添える宿儺。

「お返しだ」

ゾンッ!!

至近距離から斬撃を食らった魔虚羅、どう出る?

そこへ宿儺が踵落としでビルを貫通しながら地上まで蹴落とします。

「俺の読みが正しければ立ってくるな」

やがて、魔虚羅の頭上の円盤がまた一つガゴンと回り、無傷になった魔虚羅が立ち上がります。

宿儺はこの段階で仮設が検証されたのか

「やはりな」

そうつぶやきます。

曰く、「八岐の大蛇の近いものだな」と。

では魔虚羅の能力とは何なのか?

宿儺の分析によると、

二撃目の攻撃には一撃目の正のエネルギーから一転して呪力が籠められていたと。

そして宿儺の斬撃・解も見切ってきた。どちらもあの背後の法陣が回転した後に。

まとめると

布瑠の言葉とあの法陣は完全な循環と調和を意味しており、この式神・魔虚羅の能力は

「あらゆる事象への適応!最強の後出し虫拳(じゃんけんの意味)!」

一度食らった攻撃へは適応できてしまうので、2度目が通用しなくなるという能力か。

宿儺は最初に伏黒が魔虚羅を出そうとした時を思い出し、

「あの時の俺なら破れていたかもしれんな」

そう笑います。

「魅せてくれたな、伏黒恵!」

「領域展開・・『伏魔御厨子(ふくまみづし)』」

呪術廻戦118話の感想と考察

それにしても宿儺の相手の戦力分析は的確ですね。経験豊富なキャリアがあるせいか、さすがですね。

そして宿儺の領域展開。

これ、ひょっとしてこの領域の中に虎杖がいるんじゃないか?

もしかして魔虚羅vs宿儺&虎杖みたいな共闘の展開になったりして。

それはそれで面白いが。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating