呪術廻戦ネタバレ115話

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は伏黒が以前七海にやられた呪詛師の男に斬りつけられダメージ、日下部&パンダは夏油の元部下たちと遭遇し、一触即発。

するとビルが爆発し、宿儺と、宿儺に殴られて白目状態の漏瑚が出てきます。

さあ115話ではどうなるのでしょうか?

呪術廻戦115話は2020年7月20日(月)発売の週刊少年ジャンプで掲載予定です!

※発売日当日にネタバレ確定速報に変更されます。

ということで、さっそくネタバレ予想します!

ネタバレ注意!

このページでは115話のネタバレ要素を含みます!


呪術廻戦115話のネタバレ予想

呪術廻戦115話ネタバレ予想「伏黒vs呪詛師の男」

前回、伏黒vs呪詛師の男、日下部&パンダvs夏油の元部下二人、宿儺vs漏瑚の戦いがありましたが、この中で一番やばいのは伏黒でしょう。

ここに来るまでに呪力も使い果たし、傷も負った状態です。

しかも相手は弱い者をいたぶるのが大好きな呪詛師の男です。

しかしこの男がちょっとくせ者です。

人間の手首が柄になってる剣の呪具を使ってるのですが、未だ全貌がよく分かりません。

今分かっているのは

・この呪具は自由に動かせる
・呪具を通じて見ることができる
・呪具には血が流れている(生きてる?)
男は七海の超打撃を受けても術式のおかげで死を免れている

七海にやられて倒れていたはずなのに、復活して伏黒に襲いかかってます。

となるとこの男(未だ名前不明)の術式はダメージをなにかに身代わりさせたり、たくわえた他人の寿命とかで身代わりさせるとか、なにか自分が傷つかないような方法があるんでしょうね。

七海が手足をぶち折っていればよかったのに、意識を奪うだけじゃやっぱりダメですね。

そしてこの呪具もちょっと特殊です。伏黒の式神のように主の言うことを聞く感じでしょうか?

冥冥もカラスを操ってカラスの視点から見れたりしますが、あれと同じかな?

伏黒を襲ったときも同じ呪具を持っていたので、せめて七海が武器くらい奪っておけばよかったのにと思わざるを得ませんね。

まあ、ちょっと気持ち悪い呪具ですが。。。

この戦いの結末ですが、おそらく・・・

・伏黒はやられる
・宿儺が漏瑚を余裕で瞬殺してやってくる
伏黒がやられるのを見て、宿儺が激怒、呪詛師の男をひき肉にする

という、最後まで名前ももらえないやられ役のモブキャラとして寿命を終えると思われます。

呪術廻戦115話ネタバレ予想のまとめ

呪術廻戦のマスコット、こと漏瑚は宿儺にこのままやられてしまうのだろうか?

すでに白目むいてるからなぁ、ここからの逆転があるとは思えないが。

あとせっかく登場した日下部も見せ場もなく宿儺の起こす大混乱に巻き込まれてうやむやになってしまいそう。

シン・陰流でかっこよく戦いそうだったのに、ちょっと残念。

呪術廻戦であんなやる気のないキャラはなかなか貴重。もっと登場してほしいものだ。

呪術廻戦115話のネタバレ確定速報!

2020年7月20日発売の週刊少年ジャンプの呪術廻戦115話より、確定速報を紹介します。

呪術廻戦115話ネタバレ「宿儺vs漏瑚」

前回の最後にビルから飛び出てきた宿儺と漏瑚。漏瑚はやられて白目をむいてましたが、戦いは継続です。

「そんなものか、呪霊!?」

「まだ…まだぁ!」

宿儺が挑発し、漏瑚が必死に頑張ってます。なんか漏瑚を応援したくなってくる。

まるで理不尽な上司に振り回されるブラック会社の社員のような印象を抱いてしまう

しかし構える漏瑚の両腕を切断し、瞬時に背後に移動し、頭を掴んで上空からビルの屋上・・・を通過し、床をぶち抜いて地上付近まで落としました。

漏瑚、大ダメージ!

漏瑚は内心焦ります。

以前、ニセ夏油に自分は宿儺の指何本分の強さかと聞いたとき、甘く見積もって8、9本分と言われました。

だから少しはやりあえると思っていたのに、結果は無残。

「分かっていた…分かっていたけれど、ここまでとは…!」

すると漏瑚をつまみあげ、宿儺が

「ほら頑張れ頑張れ。俺が飽きるまで何度でも付き合うぞ?」

まるでいじめっ子のような宿儺。漏瑚がいじめられています。頑張れ漏瑚!

そして怒った漏瑚はビルの中から爆発する攻撃でビルをぶっこわしつつ、外へ出て、

「極ノ番『隕』!」

なにやら奥義を繰り出すようです。

呪術廻戦115話ネタバレ「その頃、日下部は…」

前回、夏油の元部下たちと対立し、いざ戦闘が始まるところでビルの爆発があり、動きが止まってました。

すぐ後ろへ逃げようとするパンダと日下部。しかし、元部下たとに手下が囲い込みます。

シン・陰流のか前から「抜刀」する日下部。

あっという間に二人を斬りつけます。そして、

「聞け!呪詛師ども!特級同士がやりあってる。蟻んこの上で象がタップダンス踊ってんの!さっさと逃げ・・・」

「ならん!」

そう、いきなり日下部の背後に現れた宿儺がそう言いました。

あまりのことに身動きがとれない日下部、パンダ、元部下の二人。

「これより四方一町の人間全員、俺がよしと言うまで動くのを禁ずる。禁を破れば勿論殺す」

すると頭上から隕石が降ってきます。かなり近いところまできてます。

「ケヒッまだだぞ」

「まだ」

「よしっ」

宿儺がパンと手を打った瞬間に移動する日下部たち。

その瞬間に隕石が落下して、渋谷一帯がひどいことになってます。

その隕石でフーフー言いながら立ってるのは漏瑚。

「宿儺といえど無傷では済むまい」

あーあ、そういうのフラグって言うんですよ。すると

「当たればな」

なんといつの間にか近くで座ってる宿儺。

「なぜ領域を使わない?」

そう尋ねる宿儺に漏瑚は

「領域の押し合いでは勝てっこないことは分かっている」

汗をたらしながら恨めしそうに言う漏瑚。いい表情ですね。

漏瑚の場合、過去に五条悟に領域を押し返された過去があり、苦い経験になっています。

すると宿儺はそれをあざ笑いながらも、

「せっかく興が乗ってきたところだ。お前の得意で戦ってやろう」

「■」「開(フーガ)」

すると漏瑚が超びっくりした表情で

「それは…炎か?」

宿儺はそれが逆に意外だったようです。

「そうか知られてるものと思っていたが、そもそも呪霊、知らぬはずだ」

ほー、どういうことなんだろうな。

混乱する漏瑚。

「宿儺の術式は切断や斬撃ではなかったのか?」

うん、自分もそう思っていたけど、今、まぎれもなく炎つかってます

「心配せずとも術式の開示などずるい真似はせん」

残念。自分から術式を開示する意思はなさそうです。

「構えろ。火力勝負といこう」

そう言ってお互いに構える二人。余裕そうな宿儺に対し、漏瑚はもう冷や汗流しまくりです。

やべーよ、漏瑚。絶体絶命だろ?

呪術廻戦115話の感想と考察

とっくにやられてると思った漏瑚ですが、宿儺の遊び心が勝っているのか、まだ勝負が続いています。

ここでようやく宿儺の戦い方、術式などが明かされる模様。宿儺は複数の術式を使いこなすのだろうか?

一方、絶望的状況なのが呪術廻戦のマスコットキャラこと漏瑚さん。人間くさい表情が共感を感じてしまいます。

いいキャラだな。ここで宿儺に殺されるにはちょっと惜しい気がする。次回も楽しみ。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating