ヒロアカ263話
無料で読める漫画が3000作品以上!半額クーポンが必ずもらえる!
まんが王国
会員登録しなくてもすぐ読める無料漫画が多い!今すぐダウンロード!


★コメント欄にコメントできるようになりました!

前回はドクターの本拠地へ踏み込むミルコやクラストの活躍が中心でした。

特にミルコは複数の脳無ハイエンドたちと激闘を繰り広げ、カッコ良さが話題になりました。

そして今回の舞台は超常解放戦線の幹部たちがいる山荘側。いよいよ戦闘開始か?

そして上鳴と耳郎の上耳(かみじろ)の「耳鳴りコンビ」とも言われる二人にもついに!進展が訪れます!

ということで、さっそく今週号の紹介します!

ネタバレ注意!

このページでは263話のネタバレ要素を含みます!


ヒロアカ263話のネタバレ&あらすじ

前話までのおさらい

・クラストの個性がようやく判明!
・脳無ハイエンドの作り方とは?
・悲痛!ミルコが激戦でボロボロに!
・超パニックのスケプティック!

ヒロアカ263話ネタバレ「上鳴を心配する耳郎ちゃん!」

今回はそれまで活躍の場がなかった生徒たち。

超常解放戦線の幹部たちがいる山荘側が舞台です。

前衛と後衛に分かれるようで、プロヒーローたちと一部の生徒が前衛へ。そして残りの生徒らは後衛として待機です。

後衛組のメンバーですが、A組で確認できるのは八百万、耳郎、芦戸、峯田、切島、砂藤、尾白、障子、瀬呂、青山。

残りの生徒の中には当然、デクや爆豪、轟、飯田、お茶子、常闇、上鳴がいるはず。葉隠や口田はちょっと確認できなかった。

後衛組の耳郎ちゃんが心配するのは、もちろん上鳴。

上鳴

出典:https://heroaca.com/

その上鳴は、というと、全然、戦闘の心の準備ができていない。

プロヒーローらと突入しながらも、

「後衛にいたかったよー!」

と心の叫び。

そんな上鳴に対し、ミッドナイトが

「あなたの個性が必要なの。私達を助けると思って」

と声をかける。

そして前衛組では、あのヒーローが大活躍します。

そう、セメントス!
セメントス

出典:https://heroaca.com/

今回、セメントスが超かっこよかった!!

なんと個性の力で敵の建物のコンクリを操り、建物に無理やり、大きな入口を作ります。

眉間に血管が浮き出るほど力んでるセメントスはここにきて本領発揮ですね。

今までは訓練場の舞台を作ったりするくらいしか活躍してなかったからですね。

ヒロアカ263話ネタバレ「両軍入り乱れる山荘内部!」

どうやら幹部たちは会議中だったようですが、ヒーローたちが来たことで解放戦線の異能戦士だちも次々に出てきます。

中でも目立ったのは額に傷跡のある男。

これはスピナーやコンプレスがいる開闢行動支援連隊(ブラウン)の実力者No.1の男ですね。

超常解放戦線の部隊編成で隊長を補佐する各部隊の実力者たちも勢揃いしており、これは激しい戦闘が起きそうです。

建物の中の人たちも慌ててあちこちに移動してるのですが、一つだけ気になる絵が。

外典たち遊撃連隊(バイオレット)はMr.スケプティックの指示で前に出て戦うことになり、外典たちも走ってるのですが、その中に荼毘が!

荼毘

出典:https://heroaca.com/

なんと外典たちとは完全に別の方向へ歩いています。

これは何か別の目的があり移動していると思われます。

つまり、荼毘には何か隠された目的がある!?ということでしょうか。気になります。

荼毘といえばエンデヴァーや轟のことを本名フルネームで呼び、何かしら因縁を感じさせます。

荼毘はこの機に乗じて、個人的に会いたい人の元へ行こうとしているのかもしれません。

例えばホークス。「やっぱりこうなったか・・・」と思ってるのかもしれません。

あるいは初めから裏切るつもりでヴィラン連合に所属しており、実はヒーロー側の人間だったとか・・・は、あるわけないか。

ホークスのように有能なスパイって感じじゃないし。

ヒロアカ263話ネタバレ「公式認定!?上耳カップリング」

いよいよ上鳴が大活躍します。

弱気なまま走る上鳴に対し、ミッドナイト(上鳴は「ミッナイ先生」と呼ぶ)は

「チャージ(ヒーロー名)、あなたが一番守りたいものを思い浮かべな」

とアドバイス。すると上鳴は後ろをばっと振り返る。その目に写ったのはやっぱり・・・

耳郎ちゃんだった。

耳郎

出典:https://heroaca.com/

距離が遠すぎて目線が合ったわけではないが、耳郎ちゃんも上鳴を応援しており、二人の思いが通じ合う瞬間。

そう!つまり上鳴×耳郎の「上耳」カップリングが公式認定された瞬間です。

たぶん上鳴は初めて「好き」を意識したのかも。そして耳郎も。今後の二人が楽しみです。

 

そこへ先ほどのブラウンのNo.1の男が個性を放つ。

この男の個性は「増電」。

小さい電気を増幅して放電する能力で、スタンガンを自分の手に当てて増電して攻撃しようとします。

ここでこの男の必殺技?が登場。

制圧放電「雷網(らいもう)」

すると、男が何かに気づきます。

「!電撃が・・・吸われている!?」

上鳴は避雷針の代わりに指を高く掲げて「帯電」の個性で電気を吸収しているようです。

このシーンでの上鳴はヒロアカ始まって初めてと言っていいくらいかっこよかったですね。

ヒロアカ263話ネタバレ「ホークスがようやく敵を裏切り・・・」

最後の場面。

建物が崩れだし、人もいなくなった中で、かつてホークスがトゥワイスにいろいろ教えていた部屋の中。

ひっくり返り、羽に包囲されているトゥワイス。

トゥワイス

出典:https://heroaca.com/

そして光を背景に顔の表情が読めないけど、確実にホークス。

両手に羽の剣を持っています。

「なんでだよ・・・!?」

と、仲良しだったホークスの裏切りにショックを受けているトゥワイス。

一方、ホークスは、というと・・・

真顔です。もう暗殺者の目です。一切の感情がありません。

でもホークスがまっさきにトゥワイスを始末しに来るのは、意外だけど納得です。

トゥワイスが本気を出したら、両軍のバランスが一気に崩れてヒーロー側が不利になります。

だから確実に抑えておかないといけない男、それがトゥワイスです。

トゥワイスの怖さを知ってるからこその行動でしょうね。

じゃなかったら、リ・デストロとかもっと重要そうな幹部を始末しに行ってるはずですし。

はたしてホークスはトゥワイスを殺すのでしょうか?

そこまで非情になれるのか?でもここで見逃すと後で大逆転される可能性も。

ホークスも辛いところですね。トゥワイスはいいヤツだと分かってるだけに。

さあ次週はどうなるのか?気になりますね。

ヒロアカ263話の感想と考察

ドクターの本拠地側と解放戦線の本拠地側のどちらにどのヒーローを配分するか、という組分けも興味深いです。

セメントスやシンリンカムイが解放戦線側にいることを考えると、こちらは拘束をメインにしてるのかも。

でも敵の実力者だちも一筋縄ではいかない感じなので激戦が必至ですね。

一応、解放戦線側にいるヒーローですが、確認できるのは

セメントス、シンリンカムイ、エッジショット、Mt.レディ、ギャングオルカ、ファットガム、ハウンドドッグ、Ms.ジョーク、ミッドナイト、天喰環ら。

あとは初めて見るヒーローがけっこういます。

しかし、このメンツだとちょっと不安がありますね。大丈夫なのか?

プロヒーローってけっこう人材不足なのかね?

特にMs.ジョークはどうやって戦うんだよ!(けっこう気になるが)

たとえばセメントスが建物ごとコンクリートで包んで出れなくして、入り口を一つに絞り、そこで時間をかけて消耗戦でやっていけば被害も少なめで何とかなりそうだが。

あと気になるのが敵の実力者の一人で、トゥワイスにいる人海戦術隊ブラックの実力No.3の主婦っぽいおばちゃん。

包丁を武器にして戦うんだろうか?戦い方が気になる。

おすすめ漫画アプリ:まんが王国

まんが王国

無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊まるまる無料などお得なサービス満載!

特徴


・会員登録しなくてもすぐ読める無料漫画が多い!普段見ない漫画を読めて新鮮!
・割引クーポンやポイントサービスが多い。無料会員でも1冊半額クーポンが貰える。また来店ポイント、ランチタイム限定クーポンもある。
・ポイント還元サービスはお得。月額5000円コースで6400pt貰えて、本屋で買うよりも2~3冊多く無料で読めるので助かる。

0 0 vote
Article Rating