ゴールデンカムイ260話ネタバレ考察!第7師団がアシリパ確保、死守して撤退へ!

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回は刑務所にいる時に語った海賊の夢の話、そして海賊の前に鯉登が現れ戦闘に。

月島が駆けつけた時には鯉登の姿はなく・・・

さあ260話ではどうなるのでしょうか?

ということで、さっそく紹介します!


ゴールデンカムイ260話のネタバレ確定

ゴールデンカムイ260話ネタバレ確定「」

さて鯉登はどこへ行ったのか?

月島を呼ぶために背中に油断ができた鯉登にそっと忍び寄る海賊。

取っ組み合いになり、水に落ちて海賊の長い髪で首をしめられて水に一緒に沈みます。

息が持たない鯉登がもう溺れる寸前に月島がやってきます。

月島はアシリパを確保するも、鯉登を助けるために海賊に銃を放ちます。

そして逃げる海賊。月島は鯉登を助けたことでアシリパを逃してしまいます。

任務としてアシリパの確保が最優先だったのは理解していたものの、やっぱり目の前で溺れる同僚を見捨てることはできなかったようだ。

そして逃げるアシリパはフラフラ歩いていた二階堂によってあっさり捕まります。

鶴見中尉の前に連れてこられるアシリパ。もう逃げられません。

鶴見中尉に脱獄囚の海賊を逃した報告をする鯉登と月島。

しかし深追いはするなと鶴見中尉は言います。

「刺青人皮の暗号は宇佐美が持ってきたもので充分。目標枚数は揃った。これ以上無駄な戦闘で兵を減らすことはならん。アシリパ確保!全員で死守だ!」

あー、これで死守されたらアシリパ奪還は難しくなるなぁ。

軍隊は統制がとれてるから、鉄壁の守りをされると手の出しようがない気がする。

一方、アシリパを逃してしまった海賊は・・・というと、なんとか取り戻そうとするも、銃を構え、怒りの形相の杉元がやってきてしまいます。

「アシリパさんを返せ!」

返せといっても、もう手元にはいないのだが、これは次回、激戦必至ですね。

外で待ってる土方たちは・・・というと、白石が戻ってこないことから、捜索が失敗に終わった可能性があり、

「もう少し待って来なければ私が行く」

と土方が。

門倉は倒れていて、もう生きることを諦めてる状況です。

ビール工場内は煙突が倒れて中がバッキバキに壊れ、たまたま中にいた門倉の近くが壊され、転がる門倉。

棒の先にひっかかり、宙ぶらりんになる門倉。

左右に揺らされてるうちに、そっと布団で寝ている夢を見ていて

「うーん・・・むにゃむにゃうまいっ!もう一杯!」

と寝言を言ってます。

ゴールデンカムイ260話ネタバレ確定&考察のまとめ

次号の予告には

「次号、不死身の杉元vs決死の海賊、第三ラウンド!!!」

ということでまた激しい戦いになるようです。

こうなると門倉の持っていた刺青を奪われ、アシリパも奪われ、土方一派には大損ですね。

第7師団が圧倒的有利な感じになりますが、果たしてここからどう挽回するのか。

札幌編もいよいよクライマックスかな。

次回も楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating