ゴールデンカムイネタバレ244

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

週刊ヤングジャンプ掲載「ゴールデンカムイ」。

前回は宇佐美と尾形の会話から尾形の行動の裏にある動機みたいなものを深く掘り下げていましたね。

そして宇佐美は尾形は鶴見中尉を困らせに札幌までやってくるはずだと断言していました。

さあ244話ではどうなるのでしょうか?


ゴールデンカムイ244話のネタバレ予想

⇒今からキングダムを一気読みするなら?全巻セットの現在の値段はこちら

ゴールデンカムイ244話ネタバレ考察「アシリパ捜索中のソフィア」

冒頭はソフィアです。埋蔵金の手がかりのアシリパを探しています。

途中立ち寄った監獄近くのニヴフ村で、スヴェトラーナと岩息(ガンソク)に出会います。

この二人は大陸を目指して行動を共にしています。

作中では「スヴェトラーナと岩息はこのあと大陸でなぜか大冒険を繰り広げるのだがそれはまた別のお話」と書かれていました。

スヴェトラーナはソフィアのように強くなって首都サンクトペテルブルクで成り上がって両親を呼び寄せるって言ってましたね。

今はまだその途中ということか。

そしてソフィアにアシリパの居場所を聞かれ、岩息は

「小樽のおばあちゃんに会えるのを楽しみにしていましたよ」

そう言われて小樽を目指します。

ソフィアの率いる集団では深刻な栄養不足が起きているようで、脚気、壊血病などビタミン不足で起きる病気に続々となっているようです。

そして場面は代わり、月島と鯉登がメンコをしてます。

メンコですよ!?いい大人が真剣に勝負してます。

メンコには東郷大将とか伊地知少将などの顔が書かれています。

どうやら伊地知閣下のメンコが強いようで月島は何枚も東郷閣下を手に入れてます。

そこへ月島の頭にパン!と鯉登が上村中将のメンコを叩きつけます。

「お前は出世せんぞ」

「接待メンコをしろと?」

悔しそうに言う鯉登に冷静に返す月島。いいコンビだな。

そこへ殺気が!?

月島が振り向くと、そこには殺気立ったソフィアの姿が。

アシリパを探しに来た途中だけど、同胞がこの二人に殺されて恨んでいるようです。

本当はその場で殺したいけど、今はアシリパ優先ということでおとなしく去るソフィア。

月島は知り合いかと聞かれ、

「いいえ。でもかなり危険そうなので気をつけてください」

そう答えます。

ところで二人がいる場所はどこなんだろうか?小樽かな。なにやら特徴的な建物があるけど、ちょっと分からない。

月島は鶴見中尉からの伝言として、

「札幌で待つように」

そう鯉登に伝えます。アシリパ捜索を打ち切って札幌に向かっているようです。

すると鯉登はスッと鶴見中尉のメンコを自慢げに取り出します。

自作かよ!

「ほしけりゃ自分で作るんだな」

いらねえよ!欲しいのはあんたくらいだろ!?

ゴールデンカムイ244話ネタバレ考察「札幌にて」

今度は牛山と都丹庵士が虚無僧の格好で札幌を歩いています。

牛山はカレーのお店に行きたいらしい。しかし都丹庵士は目立つからダメだという。

そこへ

「飴子買いな♪」

の売り子の声。都丹庵士は何やら聞き覚えのある様子。誰の?と問う牛山に

「上エ地(うえじ)・・・」

「ああ~あいつか。あの悪魔」

そして場面は代わり、少年が行方不明の犬タローを探しています。

声をかけるのは上エ地。

見つけたからと言って少年を人気のないところへ誘い出す。

少年から顔中にある入れ墨のことを聞かれて

「入れ墨だよ。自分で針を刺して入れたんだよ」

痛いのは痛いけど、我慢したら強くなれたって思えるという。

自分が塗りつぶされて強い人間に変身できるのがいいらしい

ここで同じ脱獄犯の海賊房太郎の回想シーンになります。

房太郎は上エ地について語っています。曰く、

・監獄の外で作業してたら房太郎の叔母に声をかけられた
・山口の方言で、身なりがよくて眉毛の形が似ていて、耳たぶにほくろがある。
・房太郎に面会に行きたいけど、親族だとバレて広まるのが嫌らしい
・旦那は政府の関係者
・上エ地は房太郎の顔を見るたび「面会に来たか?」と何年も聞いた。

そのため、房太郎は自分に叔母がいたことを知らなかったが、叔母が来るのを何年も待っていたという。

房太郎には血縁者が誰もいない。その叔母のみ。

面会に来ないのは自分が凶悪犯だからかなと思っていたという。

しかしある日、牛山と話したときに

「そんな女は一度も見たことがねえ」と断言される。

そこで房太郎が上エ地を問い詰めたら、房太郎の顔を見て笑い転げたという。

上エ地はがっかりした人間の顔が大好物らしい。

・・・なんて奴だよ!?

ゴールデンカムイ244話ネタバレ考察「上エ地に忍び寄るのは・・・?」

そんな上エ地が、少年に犬の居場所を指し示すと少年が一瞬嬉しそうになる。

しかし角を曲がってよく見ると、犬の首が失くなっていた。

青ざめる少年の顔をじっと見る上エ地。

さらに犬の首を持っていた箱を開けて少年に見せる。

少年は泣きそうになる。そんな少年を見て上エ地は

「うーん、違うな。ちょっと怖すぎたか?」

ちょっと思惑と違って戸惑っている様子でした。

そして次の次のコマでは少年は上エ地に首を締められて顔が真っ青になってます。

「苦しい?もうやめようか?死にたくないよね?お家に帰ろうか・・・」

「嘘だよ!」

少年はもう死ぬ寸前なのか表情がなくなってます。

すると上エ地は

「ああ・・・その顔だよ圭二」

と、なぜか自分の名前を呼んでます。幼少期に親にこうやって首を締められた経験があり、それを再現するかのように行動してるのかもしれませんね。

すると今度は上エ地の背後から尺八の音。

そして牛山の登場です。

「そんじゃあ背骨が折られた時に顔を見せてもらおうか!」

手に持った尺八を真っ二つに割りながら怒りの牛山が出てきました。

ゴールデンカムイ244話ネタバレ予想&考察のまとめ

次号の予告には

「圧し折れ!チンポ…先生!」

そして次号は最凶vs最強!第七師団巻頭カラーだそうです。

まあ、ガチに戦えば牛山の圧勝でしょうが、上エ地は逃亡を計るのかな?

やっぱりっこいつが札幌の連続殺人事件の犯人だろうか。

そしてそろそろアシリパちゃんにも登場してもらいたいものだ。

次回も楽しみです。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating