【イチケイのカラス】第11話のあらすじ・ネタバレ・見逃し配信情報!!

【イチケイのカラス】第11話の見逃し配信はどこで視聴できる!?

フジの月9で放送されているイチケイのカラスは裁判官目線で描いた法定ドラマです。

カジュアルな服装をした裁判官とエリート役の黒木華さんとのコンビが人気ですね^^

今週は最終回です。みちおは満期を迎えどうなるのでしょうか?

以下のサイトで無料視聴出来ます。

動画サービス名 配信状況 無料期間
FODプレミアム (配信中) 14日間
TVer (放送後1周間以内)
hulu 14日間
U-NEXT 31日間
dtv 31日間
Paravi 14日間

【イチケイのカラス】相関図紹介!

イチケイのカラス あらすじ・ネタバレ

【イチケイのカラス】第11話のあらすじを紹介


 裁判官であるみちお(竹野内豊)が、元同僚の弁護士・青山(板谷由夏)と癒着し、無罪判決を出しているという告発記事が週刊誌に掲載された。そんな折、みちおを呼び出した日高(草刈民代)は、「地裁の裁判官の任期は10年。任期満了後にはほとんどが再任される。問題のある裁判官以外は――」と告げて……。 坂間(黒木華)は、日高がみちおを呼び出した理由を知ろうとした。しかしみちおは、カレー店を開くという話だけだったと嘘をつく。みちおの任期終了まであと3週間。再任は、最高裁裁判官会議の指名により内閣が任命するが、実質的にはみちおと因縁のある相手、香田健一郎(石丸謙二郎)が事務総長を務める最高裁事務総局の決定によるものだった。坂間や駒沢(小日向文世)は、ゴシップ記事の裏で何か大きな力が働いていると考え、みちおが職権発動している重過失致傷事件を検証し直すことに。

 事件の被告人は大学生の笹岡庸介(菅原健)。自転車競技部に所属する笹岡は、大会に向けて深夜に自主練習をしていた際に、かなりのスピードを出していた上、左側通行を守らず、旅行から自宅へ帰ろうとしていた家族連れと衝突事故を起こす。その事故で、7歳の向井愛が意識不明の重体となっていた。笹岡は、左側通行を守っていたが、角を曲がる際にライトで視界を遮られ、さらに工事用のガードフェンスがあったために右側を走るしかなかったと主張していた。だが、検察の調べによれば、深夜に工事を行っていた記録は一切ないという。坂間は、大きな力で真実を捻じ曲げるなら司法はそれを許さない、と言ってみちおへの協力を申し出る。みちおは、そんな坂間に「この案件が最後になろうとも、僕はいつも通りやるよ」と返すが……。

引用:公式サイト

【イチケイのカラス】第11話ネタバレと感想

【イチケイのカラス】第11話は今までのシーンを振り返るところから始まります。

イチケイでみちおは青山弁護士との癒着疑惑が上がっていた。前回、青山弁護士とみちおが歩いているところを写真に撮られスクープされていたのだ。

週刊誌には「ただならぬ関係!!裁判官と弁護士の癒着!!」と大々的に書かれていた。

青山弁護士から「脇が甘かった。みちおを潰すためにずっと狙われていた。」とLINEが入ります。

少年の刑事事件で情報を伝え、青山弁護士は民事訴訟で多額の報酬を受けたと週刊誌に書いてあるがみちおは否定します。

2人の親密な関係から青山弁護士は新事務所を構え、その道を与えたのは情報を伝えていたみちおだと書いていたのでした。

SNSでは炎上し、駒沢部長は

駒沢部長駒沢部長

誰かが、入間みちおを狙ってる。。

とみちおの危機を感じます。以前に日高はみちおを呼び出し、裁判官10年目のみちおに任期の話しをしていました。

坂間は日高となにを話していたのか気になり、訪ねますがみちおは詳しく言いません。

夜、詳しく聞こうと思いみちおの部屋を尋ねるとみちおの姪っ子と甥っ子が来ていた。

姪っ子と甥っ子は「なぜ、働くのか?」という疑問を坂間に投げかけます。

同じ職業でも頭の中は違うことを考えていると不思議に思う甥っ子達。

坂間は冷静に分析しながら、みちおに訪ねます。

坂間千鶴坂間千鶴

本当は日高さんとなにを話してたんですか?

しかし、誤魔化すみちお。

翌日も裁判所の前ではマスコミが癒着の件で待ち構えていました。

坂間千鶴坂間千鶴

入間みちおのクビの件、日高さんが伝えに来たらしいですね。裁判官10年目。ほとんどの裁判官は再任されるが、問題のある裁判官ある裁判官は再任されない。

ゴシップ記事により危うい状況になっているみちお。

駒沢部長駒沢部長

これは政治が絡んでいるのかも知れない。。

裁判官の再任を決めるには最高裁裁判官会議により内閣府が任命する。

最高裁事務総局は香田健一郎総長だ。

日高もなにか大きな力が働いていると勘づく。

駒沢部長駒沢部長

入間くんに深く関わらせたくない案件があるのかも知れませんね。

しかし、みちおは買い被りではないかと言うが坂間達は現在、みちおが抱えている事件で職権を発動した事件を検証しなおす事にした。

自転車による重過失事件だ。

事件概要~

被告人は20歳の大学生/笹岡庸介。自転車の競技部に入部していた笹岡は大会前の自主練の最中にスピードを上げたまま家族連れを轢いてしまう。

7歳の少女は重体で意識不明となっている。

被告人の主張と違う事からみちおは職権を発動したと語る。

  • 工事中のフェンスがあり光で道が遮られ直進は出来なかった。
  • 右側を走るしかなかった、そしてぶつかった。
  • と話す。

    しかし、警察が言うにはその道で工事の記録がない。というものだ。

    駒沢部長駒沢部長

    情報収集です!!

    みちお達は現場に向かい、検証してみる・坂間も政治が絡んでいると思い案件を手伝う。

    坂間千鶴坂間千鶴

    大きな力が働いているなら真実を証明したい。

    被告人はSNSで「完全クロだ!!以前にも信号無視で事故を起こしている!」など叩かれていた。

    最後の案件になるかも知れないみちおはいつもどおり検証すると言うが、、。

    事故現場に向かい実際に自転車に乗って検証するみちおと坂間だが、坂間は工事建設の張り紙を見つける。

    労働基準法に違反して夜中に建設工事をしていた可能性があった。

    坂間千鶴坂間千鶴

    この案件は私が担当している事件と繋がりがあるかも知れない。

    工事は大型施設の建設で六本木ヒルズ以上の規模となり国際交流の場として建設している建物だった。

    イチケイで坂間は自分が担当している案件を読み上げる。

    坂間はその建設現場で起きた地下鉄工事の事件を担当しており、業務上過失致死となった事件である。

    地盤が軟弱で工事費が嵩み、計画が崩れた事が問題とされ、それにより多数の現場職人達が事故にあったと書記官の川添は話す。

    そして現場監督の本庄昭という人物がその事故で命を落とした。

    事故の責任は本庄昭と鷹和建設の青柳健作が事故の責任を追うことになったが本庄昭は事故死により不起訴。

    しかし本当に事故なのかは不明。日頃の過重労働が原因ではないかと昭の母親は話す。

    プロジェクトリーダーは代議士の安斎高巨という2世議員だ。

    そして工事の元請けは巨大な脱税をしていた鷹和建設だ。なにか大きな闇があるのかもしれないとイチケイ達は怯える。

    入間みちお入間みちお

    それでは自転車事故事件と建設現場での事件2つを併合審理しましょう。

    法定には大物弁護士の江原が登場する。

    傍聴マニアが見守る中、審理は始まる。

    ~第1回目併合審理~

    自転車事故を担当している弁護士は被告人の笹岡が倒れた場所は工事現場の搬入が行われていた場所だったと主張。

    もし夜中に工事をしていたなら、搬入している最中だった可能性も高いと話す。

    そして、地下鉄工事の弁護士が違法労働について否定します。

    駒沢部長駒沢部長

    法律通りに工事をしていたという記録はありますか?

    と部長が聞くと工事履歴を残した記録書があると弁護士は話すが、違法労働を隠するもりならば改ざんしているのでは?と坂間は疑問視する。

    入間みちお入間みちお

    工事に関わった全員から話しを聞きたいですね♪

    そして次回は工事に関わった20名ほどから違法労働の有無を聞くことになった。

    みちおの再任が危うい事は弁護士会の間でも話題らしく、大物弁護士の江原は裁判官から弁護士には戻らせないぞと圧力をかける。

     坂間は日高と会ってカレーを食べている、日高はカレー屋をオープンしたのだ。

    安斎高巨について坂間は尋ねるが日高は司法と政治の問題になる。どんな裁判になるのか楽しみだと坂間に話す。

    審理に本庄昭の母親が現れる、息子の歩はイチケイ事務所で待機している。

    歩はお気に入りの漫画を読み審理が終わるのを待った。

    ~第2回目審理~

    20名ほどの建設工事員が集まるが違法な労働はなかったと口を揃えて言う。

    法定には本庄昭の母親が証言台に立ち、過重労働を主張するが弁護士の江原は本庄びギャンブル好きを主張。

    工事員らが違法労働がないとした上、過重労働を訴えているのは本庄昭の母だけとなった。

    違法労働があったのかなかったのか調べる事になった。

    入間みちお入間みちお

    職権発動します♪違法労働について調査開始♪

      みちおらは労働基準監督署 過重労働撲滅特別対策班=通称:カトクを尋ねる。

    カトクの戸田に過重労働の告発はあったのかと聞くと、匿名の告発メールはあったが、調べた結果、違法労働はなかったと判断したと言う。

    大物弁護士の江原も同席しており違法労働について否定する。駒沢部長はなにか気になる事があるようだ。

    その頃、坂間やみちお達は東京スクランブルシティの事務局で話しを聞いていた

    地下鉄と一体化された工事は計画が崩れ資産は計画以上にかかることが判明した。

    早くすすめるように指示したのはリーダーの安斎かと話すと安斎の秘書の田ノ上がみちおらの前に現れる。

    坂間とみちお達は秘書の田ノ上に話すと大きな問題だが、国と戦うのか?と圧力をかけられる。

    結果によっては裁判官の再任もありえると脅す田ノ上。

    夜、イチケイ達はお酒の場で怪しいところを詳しく話す。

  • 安斎高巨の父は大物議員の安斎康夫
  • 安斎康夫はカトクの戸田と同じ大学で先輩に当たる
  • 安斎康夫は建設族・厚労族など多種多様なところに顔が効く。
  • 違法労働があってもなかった事にできるとイチケイらは話す。大きな圧力がかかる事件だ。

    しかし、みちおは複雑な顔をする、詳しく調べれば調べるほど、みちおは再任できない可能性は高くイチケイ達も裁判官として終わりかもしれない。

    駒沢部長駒沢部長

    入間くんはみんなの事を思ってんだよね。

    みちおは突き進んで調査したら、皆の仕事がなくなるとみちおは話すが坂間は背中を押す。

    坂間千鶴坂間千鶴

    今までどんな仕事も調べてきたのに、ここに来て保身するなんて、私達の事を思うならそんな保身いらない!!みんなもそうでしょ!!

    意見は合致し、イチケイは真相を明らかにすることを決めた。

    みちおの任期は残り10日になった。

    相手が国や大物議員だとしても怖がらずいつもどおりにいようと決めた。

    駒沢部長は雲隠れしている鷹和建設の人事部長・原口について話す。

    駒沢部長駒沢部長

    原口部長は違法労働についてなにか知っている。だから雲隠れしたのではないか。。

    みちおは法定にもう1人連れてくると話した。

    本庄宅に向かうみちおと坂間。

    漫画について話すみちおと坂間、昭の息子・歩から昭の事を聞く。

    「勇気を上げた。」と話す歩、その理由を聞くと歩は父との交換日記を見せる。

    みちおは歩を法定に誘う。

    書記官達は雲隠れ中の原口の娘に会いに行くと娘は

    「明々後日、私の誕生日だからお父さんと会うよ!」

    と聞かされる。その日は公判最後の日だった。

    公判の日、書記官は原口を法定に呼び現場工事員と顔を合わせる。

    ~第3回目審理~

    名前を呼ばれ安斎高巨が証言台に立つ。

    安斎は国民を守る/国益を守ると自分の考えを主張する。

    「1億人以上の経済が絡んでいる。私は個人を相手にしているのではない。国民を相手にしているのだ。日本の借金はたくさんある。それが私の使命だ。」

    と話す。そして

    「これは言いたい。工事に間に合わせろとは言ったが、違法労働しろとは言ってない。黙認もしてない。本当に違法労働はあったのか?真実が知りたい」

    と安斎は尋ねると本庄昭の息子の歩が証言台に立つ。

    歩は「お父さんは働いていました。僕が寝る時間には居なくて起きた時も仕事してた。」と話す。

    そして昭は泣きながら、”女の子が自転車にぶつかって大怪我をした。”と歩に話していました。

    “間違っている事をちゃんと言えた。””きっと働かなくても良い。”と歩に言ったという。

    弁護士は5歳児の言うことだと異議申し立てるが坂間が叫ぶ。

    坂間千鶴坂間千鶴

    少年が一生懸命話しているんです。

    5歳児の証言は過去に少ししかない。そして歩には証言能力があることを示す。

    本庄昭は誰かに違法労働を訴えた。その誰かとは、、この法定にいると検事は話す。

    入間みちお入間みちお

    司法は事実を捻じ曲げない。なぜ、事故にあったのか。なぜ亡くなったのか。誰が裁かれるのか、、あったことをなかった事にされたら多くの人が傷つく。想像して!!

    みちおは法定から降りて訴える。すると工事現場作業員20名と原口が挙手し原口は証言台で語る。

    「カトクに違法労働を訴えたのは私です。このままでは大変な事故が起きるかも知れないと。本庄さんは過労で死んだ。それを社長の指示で私が偽装した。」

    入間みちお入間みちお

    自転車事故の原因は違法労働にあるとします。責任は鷹和建設にあります。

    そして鷹和建設の脱税資金の一部が安斎康夫の政治資金に流れていた。

    安斎康夫が絡んでいると見るが、息子の安斎高巨も金の流れを知っていた。

    後日、安斎貴臣と安斎康夫のニュースがTVで放送される。

    違法労働を隠蔽していた父・安斎康夫を安斎貴臣は告発し、自転車事故で意識不明だった少女の意識が戻った事もニュースに流れる。

    駒沢部長駒沢部長

    入間くんには伝えて納得しているそうです。

    坂間は駒沢部長の電話で最高裁判所に向かう。

    坂間千鶴坂間千鶴

    入間クンがクビってどういう事?説明して!!

    最高裁事務局の香田は言う。

    「入間くんが責任を取ったんだ。本来なら坂間もクビだったが入間くんが責任は僕にあると言ったんだ。」

    坂間は裁判官として大切な事を香田に話す。

    坂間千鶴坂間千鶴

    私は裁判官としての入間みちおのこれからを見てみた。お願いします。

    その時、野球服を来たイチケイメンバーが現れる。

    駒沢部長駒沢部長

    入間くんのクビを許しませんょ。

    坂間も入間みちおの裁判官として認め、皆は入間のクビの件を訴える。

    草野球場にいるみちおの元に電話が入る。

    坂間千鶴坂間千鶴

    暖かい場所と寒い場所、、どちらが良いですか?

    みちおはクビは免れたが、地方に飛ばされ初出勤の日、早速職権を発動した。

    坂間千鶴坂間千鶴

    定期的に伺いますから、きちんと仕事してくださいね。私はイチケイのカラスになります、

    坂間千鶴は入間の後を継ぎイチケイのカラスとなった。

    第11話                     完。

    【イチケイのカラス】Twitter第11話/Twitterみんなの感想・反応は!?

    【イチケイのカラス】第11話の個人的な感想

    動画ちゃん

    最終回の事件案件は重い内容でしたが、実際には表沙汰にならない事件をイチケイメンバーが暴いていくところに面白さがありました。正義とはなにか?とは国益が絡んだ事件は裁くのが難しいです。しかし国民を守るなら個人の命も大切ですね。イチケイのカラスでは圧力や裏で働いている”なにか”について暴くストーリーが多く、スッキリしました!!

    【イチケイのカラス】第11話をFODで無料視聴しよう!!

    FODプレミアムはどんな人におすすめ!?メリット紹介
    FODプレミアムは以下の人におすすめの動画配信サイトです。

  • 現在、放送中のフジTVのドラマを見逃した時。
  • 昔のフジTVの月9ドラマを見たい。
  • フジTVムービーを楽しみたい(踊る大捜査線/ガリレオなど。)昔の作品を観たい。
  • 雑誌100誌以上読み放題したい。
  • フジTVアナウンサーの裏側が知りたい時。
  • フジTVアニメ(ちびまる子ちゃん。ほのぼの、ワンピースなど子供と一緒に見たい時)
  • FODプレミアム詳細情報
    月額料金 976円(税込)
    コンテンツ数(見放題) 3000本以上
    無料お試し期間 2週間
    支払い方法 クレジットカード/キャリア決済/Amazon Pay/iTunes Store/

    【イチケイのカラス】ネタバレと見逃し情報まとめ

    以上、イチケイのカラス最終回でした。法定ドラマなので、少し難しい感じもしますが裁判官と検事の関係や裏の力など見応えある場面が多いです。

    第1話からはFODで観ることが出来ます^^

    0 0 vote
    Article Rating