【イチケイのカラス】第6話のあらすじ・ネタバレ・見逃し配信情報!!

【イチケイのカラス】第6話の見逃し配信はどこで視聴できる!?

フジの月9で放送されているイチケイのカラスは裁判官目線で描いた法定ドラマです。

カジュアルな服装をした裁判官とエリート役の黒木華さんとのコンビが人気ですね^^

入間みちおは判決に時間をかけてでも真相を知りたいという裁判官で検事たちからは煙たがられており、人の心がわかる裁判官を演じています。

動画サービス名 配信状況 無料期間
FODプレミアム (配信中) 14日間
TVer (放送後1周間以内)
hulu 14日間
U-NEXT 31日間
dtv 31日間
Paravi 14日間

【イチケイのカラス】相関図紹介!

イチケイのカラス相関図

【イチケイのカラス】第6話のあらすじを紹介


草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。そこに、坂間(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってくる。坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。 するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。 第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。みちおは、理路整然と話す岸田が、逃走時のことなるとあいまいな話をし始めることや、今回初めて自首してきたことが気になり、逃走経路周辺の防犯カメラを確認することにするが……。

引用:公式サイト

【イチケイのカラス】第6話ネタバレと感想

【イチケイのカラス】第6話は日高高裁判官とみちおが2人きりで話している回想シーンから始まります。

ある日、みちおはイチケイのチームと草野球を楽しんだ後、お昼ごはんにお蕎麦屋さんに寄ると坂間千鶴が日高最高裁判官を連れて蕎麦屋に入ってきます。

坂間千鶴坂間千鶴

偶然ですね!!日高さんの最高裁長官内定のお祝いです。ここのお店好きなので♫

日高は最高裁長官に内定が決まったのです。みちおは最高裁長官になるとどんな影響がでてくるのか、、と日高裁判官に言います。

入間みちお入間みちお

志摩総一朗の事件を担当することになった。彼が窃盗被害にあった。12年前の事件の波紋じゃないと良いな。。

とみちおは日高に伝え出ていきます。そしてみちおは公判に挑みます。

~第1回公判~

被告人の岸田茂は会計事務所所長の志摩総一朗の自宅に侵入し現金113万円を窃盗し逃走したという事件。

自転車を盗み、逃走している最中に新聞配達員に顔を見られ自首をしたという事件です。

前科6犯の岸田は過去の事件のいずれも窃盗だという。

名門大学を卒業した岸田は会社を辞め、それから窃盗を繰り返していた。

検事が被告人の脱落した人生を~・・と事件詳細を読み上げると被告人の岸田は

「なんだその言い方は!!、泥棒は立派な職業ですよ。脱落した人生なんていうな!!」と窃盗を美化した。

そしてルパンや人気悪徳ヒーローの名前などを出し、泥棒の魅力さと個性を法定で主張する。

みちおは面白く思ったのか一生懸命、話す岸田に「もっと泥棒の魅力を教えてw」と言います。

岸田の泥棒の心構えは

・お金が余っている家しか狙わない。
・人は絶対に傷つけない。

などと自分で定義を決めていた。それを聞いていたみちおは半分笑いながらも、

入間みちお入間みちお

逃走を考えていたならどうして自転車を盗んだのですか?自転車で行けば良かったのに。

というと岸田は「そこは盲点だった。」という。みちおはなにか気になった。

そして公判が終わり第2回公判が行われる。

~第2回公判~

証言台に新聞配達員が立つ。事件当時の岸田の様子は重そうな荷物を持ってフラフラしながら自転車を運転していたと配達員は言う。

岸田は泥棒に必要な荷物だ。と答えるが、みちおは今まで計画的に窃盗を繰り返している岸田なのに逃走時の証言は曖昧なのが気になると検事に伝える。そして前科6犯もある中、今回だけ自首をしているという点もみちおは気になっている。

公判が終わり、みちおが1人座っていると坂間が現れ、みちおに話しかける。

坂間千鶴坂間千鶴

いつもの裁判でしたけど、少し違う。話して下さい。12年前の事件を。

みちおは坂間に12年前の事件を話す。それはみちおが弁護士として担当した最後の事件だった。

~12年前~

被害者は大手電気メーカーの部長・布施元治。被告人は研究部の主任・仁科壮介という男性。

仁科は研究部から工場の製造部門に移動させられ、被害者の布施とトラブル状態だったという。

そして口論から仁科は工具で部長の布施を殺したというもの。仁科は罪を認めるも法定では無罪を主張したという事件だ。

しかし、みちおが聞いた仁科の証言は違っていた。

仁科は布施が倒れている現場に向かうと、すでに布施は死んでいたという。

そして現場から立ち去る人物を見たと仁科は言っていた。

警察官の厳しい取り調べで自分が殺したと言ってしまったが法定ではやっていないと主張する仁科。

そして現場から立ち去った人物こそ志摩総一朗だ。みちおは志摩の証人尋問を裁判官に求めたが、事件とは関係ないという判断に終わった。

その時の裁判官が日高最高裁判官だったのだ。

坂間千鶴坂間千鶴

でも日高さんは判決に間違っていなかったと言ってる。。

弁護士時代のみちおはこの事件にたくさんの疑問が残った。

どうして現場検証を行わなかったのか。

どうして証人尋問をしないのか。

そんな事を坂間に伝える。

結局、仁科の判決は無期懲役になり、仁科は刑務所に入る前に自殺した。遺書には「僕は無実です。」と書かれてあった。

この事件をみちおは今も後悔している。真実を知って仁科さんを救いたかった。

当時、国税庁だった志摩総一朗。現在はオメガ会計事務所に在籍し、事件となった大手電気メーカー・東丸電気の税理顧問を受け持っているのだ。

そして今回の事件は志摩総一朗の自宅に泥棒が入ったという事件。

坂間は全く別の事件ではないかと訪ねる。

そんな時、書記官の石倉が今回の事件の異変に気づき、みちおと坂間はイチケイ事務所に戻り、話を聞く。

岸田の逃走経路には防犯カメラが設置されており、イチケイや検事の誰よりも早く防犯カメラを見せて欲しいと言ってきた人物が存在した。

その人物は新聞記者の真鍋 伸という人物だ。

しかし、数日前に誰かに突き飛ばされ、頭を打って現在は脳死状態だという。犯人は不明。

新聞記者の真鍋は12年前の事件を調べていた。そして今回の泥棒の事件も調査していた。誰かに狙われた可能性が高い。

駒沢部長駒沢部長

謎だらけの事件ですが、目の前の審理に取り組みましょう!!

みちおは職権を発動し、改めて捜査するようにした。

イチケイチームらは事件を再現しようと試みる。被告人の岸田に違和感があったのだ。

自宅に入る前と入った後では岸田が持っていた荷物の重さが違うように防犯カメラから感じた。現金以外は何も盗んでいない。現金113万というとそこまで重くない。

そんな事からイチケイらは事件を再現し始める。

その結果、岸田は犯行現場から逃走する時20kgもするカバンを持っていた事が判明。その重さを現金に例えると2億程だ。。

被害届は現金の他に出ていないし盗みに入る時はもっとカバンは軽いように見えた。

イチケイ達は不思議に思い、新聞記者の真鍋はその事について調べていたのではとみちおは察し、真鍋の奥さんに会いに行く。

新聞記者の真鍋は天下りについて調べていた。志摩総一朗は天下りのコーディネーター的存在だったという。

そんな時、今回の窃盗事件を担当した小宮山検事がすぐに警察に送検するようにと言った事が分かった。

その小宮山検事を訪ねると”不見当”と返事が帰ってくる。

警察にすぐに送検するように言った小宮山検事だが、東京地検の検事達は圧力をかけられ捜査協力を禁止された。

~第3回公判~

岸田は現金以外に「木彫り」を盗んだと発言、しかしそれは偽物でなんの価値もなかったと証言する。

小宮山検事も公判を傍聴していた。

カバンの中身が現金113万なのか20kgもする2億円なのかは未だに不明。もちろんそれにより実刑も変わってくる。

そして志摩総一朗の証人尋問が行われた。

志摩総一朗は岸田に模造品の木彫りを盗まれた事を認めた。模造品(レプリカ)なので被害届は出さなかったという。

そして志摩はみちおの事を覚えていた。

12年前の事件を掘り起こす志摩。「12年前、僕を容疑者として証言台に立たせようとしたね。僕に恨みがあるのか」

と志摩は頬笑みながらみちおに訪ねる。

入間みちお入間みちお

今は窃盗事件の事について裁いています。

そして東京地裁の検事達は小宮山検事と岸田のやりとりにつかった録音を入手することが出来ず、駒沢部長に不見当だと述べる。

公判は終わり、駒沢部長は検事同士で圧力をかけられた事を知り会議する。

いつも事件に協力的で正義感の強い城島検事までもが黙秘を貫く。

それは中森という男検事からの圧力だった。12年前の事件を担当した検事でもある。。

検察のNO.3だ。城島検事はいう。「俺でもチキン状態だよ、、圧力かけやがった。」

検事側は捜査できなくなってる。岸田が盗んだのは2億円か113万か。。

そして新聞記者の真鍋が死んだと伝えられる。みちおは真鍋の奥さんに会いに行き、事件当時の事を詳しく訪ねる。

その頃、イチケイの書記官達は圧力をかけられている城島検事達を説得していた。

夜、お蕎麦屋で書記官達とお酒を飲んでいるみちお達のもとに城島検事達がやってくる。

城島検事達は小宮山検事の担当事務官から詳しく聞いたという。

窃盗犯の岸田の行方を警察よりも先に見つけようとしていたという。

志摩総一朗の家から岸田が2億を盗み、それが表沙汰になることを検察側が嫌がったと取れる。

小宮山検事と岸田の間でなにかしらの取引が行われたと思える。岸田のICカードから潜伏先は世田谷だという事が判明する。

検事達は大きな独り言を言い、みちお達にわかりやすく伝えた。真実を知るため、協力したかったのだ。

そして防犯カメラを抑えて岸田に見せる事にした。

   別の日、書記官・石倉と坂間・みちおは3人で真鍋が釣りをしていたという場所で釣りをし、12年前の話をする。

みちお達が地元の漁師に真鍋の話を聞くと舟板になにか隠したと漁師は言い、みちお達が探り始めるとデータらしきものが舟板の中からでてくる。

その頃、イチケイ達は岸田の潜伏先を調査していた。

第4回公判~

小宮山検事が証言台に立つ。

駒沢部長は話しかける。

岸田の潜伏先を誰よりも早く特定していたという人物。それは小宮山検事の後輩で畑山検事だった。

現在は弁護士になっているという。

小宮山と畑山は親しかった。

みちおは岸田に質問する。盗んだお金の金額は2億円ではないかと。

岸田は否定するが、みちおは傍聴している真鍋の奥さんの姿を岸田に見せる。

入間みちお入間みちお

人を傷つけないという泥棒魂。しかし誰も傷つけない犯罪なんてないです。

真鍋は事件の真相を調べている時、何者かに殺され妊娠している奥さんだけが残った。

岸田の行動が知らないうちに周囲に影響していた。みちおは岸田に訴える。

真実を話す大切さを岸田に何度も訴えかける。

岸田はその熱意に負け「私が盗んだお金は2億円です。」と告白する。

岸田は志摩総一朗の自宅の金庫を見た時、思った。

これは表沙汰にはできないお金だ。。被害届は出せない。。とそう思った岸田は2億円を盗み、潜伏先の倉庫に隠した。

その後、畑山元検事が岸田の元を訪ねてきたという。

1千万円。で畑山と岸田は話を付けていた。

全てを告白した岸田は素直になり罪と向き合う。

そして真鍋が舟板に隠していたデータを法定で見せる。

それは裏帳簿だった。脱税だ。志摩総一朗は焦った顔を見せる。

国税庁が黙認した可能性が出てきた。

志摩総一朗の自宅にあった2億円は企業のお金ではないかと疑いが出てきた。

そして志摩は連行される。

後日、志摩は大手企業の脱税に関与していた事をTVで報道される。それも1社ではなく数社だった。

その中に12年前の東丸電気メーカーも関与していた事が判明。

当時、殺害された布施さんと当時、国税庁だった志摩は接点があったのだ。

そして坂間は12年前に亡くなった仁科の遺族に会いに行っていた。

坂間は遺族に言う。「昔の事件を明らかにできる・・」と

坂間は仁科の遺族に再審請求を求めるよう知恵を埋め込む。

みちおもまた、日高裁判官に12年前の事件と今回の事件の関連性を訴えていた。。

第6話  完。

【イチケイのカラス】Twitter第6話/Twitterみんなの感想・反応は!?

【イチケイのカラス】第7話を考察してみた

動画ちゃん

第7話では12年前の電機会社殺人事件がとうとう明らかになるようです。坂間は再審請求を勧めるが、仁科の妹は良い返事をしないようです。しかし説得の末、再審請求で審理を求めるようです。

動画ちゃん

予告動画では12年前の事件について女性弁護士・青山弁護士が登場します。検察側に訴える城島検事の姿も見られ、昔の事件が動きだすようです。

【イチケイのカラス】第6話をFODで無料視聴しよう!!

FODプレミアムはどんな人におすすめ!?メリット紹介
FODプレミアムは以下の人におすすめの動画配信サイトです。

  • 現在、放送中のフジTVのドラマを見逃した時。
  • 昔のフジTVの月9ドラマを見たい。
  • フジTVムービーを楽しみたい(踊る大捜査線/ガリレオなど。)昔の作品を観たい。
  • 雑誌100誌以上読み放題したい。
  • フジTVアナウンサーの裏側が知りたい時。
  • フジTVアニメ(ちびまる子ちゃん。ほのぼの、ワンピースなど子供と一緒に見たい時)
  • FODプレミアム詳細情報
    月額料金 976円(税込)
    コンテンツ数(見放題) 3000本以上
    無料お試し期間 2週間
    支払い方法 クレジットカード/キャリア決済/Amazon Pay/iTunes Store/

    【イチケイのカラス】ネタバレと見逃し情報まとめ

    以上、イチケイのカラスのあらすじ・ネタバレでした。今週は少しダークな印象でした。脱税や天下り。。昔の事件など深いところがテーマでしたね。やはり脱税となると黙秘を貫く姿や人間の欲望が見えたりとやけにリアルでしたね。

    来週は黒幕がハッキリして欲しいです。12年前の殺しは誰が行ったのか。。

    第1話からのイッキ見はFODで視聴可能です^^



    0 0 vote
    Article Rating