【イチケイのカラス】第5話のあらすじ・ネタバレ・見逃し配信情報!!

【イチケイのカラス】第5話の見逃し配信はどこで視聴できる!?

フジの月9で放送されているイチケイのカラスは裁判官目線で描いた法定ドラマです。

カジュアルな服装をした裁判官とエリート役の黒木華さんとのコンビが人気ですね^^

入間みちおは判決に時間をかけてでも真相を知りたいという裁判官で検事たちからは煙たがられており、人の心がわかる裁判官を演じています。

動画サービス名 配信状況 無料期間
FODプレミアム (配信中) 14日間
TVer (放送後1周間以内)
hulu 14日間
U-NEXT 31日間
dtv 31日間
Paravi 14日間

【イチケイのカラス】相関図紹介!

イチケイのカラス 相関図

【イチケイのカラス】第5話のあらすじを紹介


みちお(竹野内豊)たちの元へ、あるバレエ団で起きた傷害事件の起訴状が届く。被告人は、バレエ団代表で振付師の槇原楓(黒沢あすか)。被害者はそのバレエ団の元トレーナーの矢口雅也(松木研也)だった。2人は口論からつかみ合いになり、槇原は矢口を突き飛ばした。頭を強く打った矢口は一命を取り止めたものの、現在も意識不明の重体だった。その起訴状を見た石倉(新田真剣佑)は驚きを隠せなかった。このバレエ団には、海外からも注目されているバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)が在籍していた。実は恭子は、石倉の中学・高校時代の同級生で、初恋の相手でもあった。坂間(黒木華)が裁判長を務めた第1回公判。傍聴席には恭子だけでなく、何故か別の事件の公判を終えたばかりのみちおの姿もあった。冒頭陳述で、検察官の井出(山崎育三郎)は、トレーナーとしてバレエ団に在籍していた矢口が複数のダンサーに対してセクハラを行い、槇原に解雇されたことで一方的に恨みを抱いていたことなどを説明する。すると、『みちおを見守る会』の傍聴マニアから画用紙を借りたみちおが、「さっき、食い逃げの公判をやったんだよ。食い逃げとバレエ団、ふたつの裁判、ひとつにくっつけたいんだよ」と書いた紙を坂間に見せる。別々の事件であっても犯人が共通していたりする場合にまとめて審理する「併合審理」をしたいというのだ。坂間は、そんなみちおを退廷させるが……。

引用:公式サイト

【イチケイのカラス】第5話ネタバレと感想

イチケイのカラス 第5話はバレリーナ劇団で障害事件が起こるところから始まります。

イチケイ事務所では徐々に仲良くなっていく坂間とみちおを見て、坂間が好きな書記官の石倉はみちおが恋のライバルではないかと心配する。

そんなイチケイに届いた裁判案件はバレエ劇団で元トレーナーが階段から突き落とされたというもの。

被告人は振付師でバレエ団を経営している槇原楓。口論から歩道橋の上で突き飛ばしたといい、トレーナーの矢口は現在、意識不明だという。

書記官の石倉はこのバレエ団に学生時代の同級生がいた事から戸惑いを魅せる。

勘の鋭いみちおは石倉の同級生が石倉自信の初恋の相手だと察する。裁判を行う時に知り合いがいると公平に裁判できないので裁判官の場合は避けるが、書記官の場合は選ぶことができるという日本のシステム。

石倉は公平な裁判がしたいと裁判に加入する。

傍聴マニアも集まる中、公判が行われ、法廷内で石倉は初恋の相手・馬場恭子と再会する。

みちおは裁判を傍聴し傍聴席にいる。

傍聴席にいるみちおはスケッチブックに文字を書き、「食い逃げの犯人の裁判とこのバレエ団事件を一緒に裁きたいんだ!!」と繋げさせる事を裁判長の坂間に伝える。

「併合審理??食い逃げ犯とバレエ団事件を一緒に裁判するの??」

イチケイの皆は訳がわからず疑問を持つ。併合審理というものは犯人が共通している2つの事件を裁く時に使われるようだ。

今回みたいに被告人が違う場合は併合できないのでは?とイチケイの皆はいう。

もちろん坂間は併合審理に反対するが、駒沢部長は賛成する。

バレリーナ事件と食い逃げ犯の事件。食い逃げ犯の詳細はこうだ。

ギャンブルで負けて大損した元木次郎。 寿司屋で食べたいだけ食べて裏口から逃げたという事件である。

逃げているタイミングで娘から結婚式に来てくれと連絡があり、犯行を後悔したというのだ。

そして、逃げている間に、歩道橋で揉めている男女を見かけたという。

それが今回のバレリーナ事件だ、元木次郎は歩道橋の上にいたのは男性1人と女性2人だという。

バレリーナ事件の詳細と食い違いがある。そしてみちおは公平審理を決めたが坂間も皆も大変だと反対するが、事実を知りたいみちおは説得し併合審理を実行する。

駒沢部長駒沢部長

併合審理をやるからには正しい判断を出そうね!!

イチケイの皆は調査を開始しする中、イチケイの女性社員は坂間とみちおがお似合いだと冷やかす。

~第2回公判~

入間みちお入間みちお

事実を明らかにするために併合審理を行います。

法定で説明し、元木被告が槇原楓以外に歩道橋で見かけたという女性らしき人物を法定に呼び出し似ている人はいないか元木被告に訪ねる。

何人かバレエ団の女性を集めたが元木は歩道橋で見かけた人はいない。と答え傍聴席に座っていた馬場恭子を指差し歩道橋にいたという。

入間みちお入間みちお

歩道橋で見かけた人は馬場恭子さんで間違いないですか?

と元木に聞くと元木は「目だけは良い。どっかで見たことある人だなぁと思った」と元木は力強く言い、馬場に証言台に経ち、事件当時の事を聞く。

馬場は事件当時はレッスン場にいたと本人はいう。他のバレエ団員がその様子を見ていると馬場は言い、元木と馬場の食い違いが出た。

事実を知りたいみちおは職権を発動し傍聴マニアは喜ぶ。

食い違いは事件当時、バレエ団の馬場恭子がレッスン場におり、元木被告は歩道橋で馬場恭子を見たとハッキリ言っているところだ。

元木はそんな嘘をつく必要はない、イチケイの皆は会議を開くが馬場と同級生の石倉は馬場に感情移入し、庇ってしまう。

入間みちお入間みちお

書記官の立場から言ってね!!

みちおに忠告され複雑な石倉書記官。

現場検証を行い犯行時刻の21時まで現場にいるがイチケイの皆は時間がかかる検証だとみちおを置いて帰ってしまう。

しかし坂間はみちおに付き合い、夜遅くの現場検証を一緒に行う。

その頃、駒沢部長達はバレエ団の皆に馬場恭子の事を聞いていた。

バレエ団員全員の意見は一致した。「事件当時、馬場恭子はレッスン場で練習をしていた」というものだった。

そして証言者を法定に呼ぶよう、駒沢部長は石倉に支持した。

そんな時、練習している馬場を見て石倉は馬場の不審な踊りに気がついた。

そしてバレエ団の人に過去の公演映像を見せてもらうよう頼んでいた。

一方、みちおと坂間は現場検証をしているが激しい光が放ち、坂間は歩道橋のなにかに気づく。

~第3回公判~

入間みちお入間みちお

事件当時、デコトラの集会イベントがあの場所で行われていました。事件当時、デコトラを見かけましたか?

元木は見ていないと答え、以前”馬場恭子”をどこかで見たと言った件について思い出す。

「馬場さんをどこかで見たと前に言ったがポスターです。ポスターに大きく映っていたので印象的でした。」

そして再びバレエ団員の皆に事件当時の様子と午前中の馬場恭子の様子を訪ねる。

午前中はレッスンしていたというバレエ団員だが、実際は事件の日の午前中は取材でレッスン場にはいなかった事が分かっていた。

しかし、事件当時の夜については皆、口を揃えて「18時以降はレッスン場にいた」と言う。

坂間は思った。

坂間千鶴坂間千鶴

彼女達の証言は完璧だった。。違和感がある。。

公判が終わると、元木被告は槇原に対して、余計な事を言ったかな、、と少し後悔してしまう。

そして石倉の元に馬場恭子から連絡があり、会って話したいと言われ、翌日、石倉は欠勤し馬場の元に向かう。

石倉は複雑な顔で馬場に質問する。

みちおは石倉に馬場と会ってきたでしょ?と言い、みちお自身も悩んでいた。

入間みちお入間みちお

法定は真実を明らかにする場。人の人生の分岐点に立っているんだ。どうするかは君自身だ。

~第4回公判~

槇原楓は馬場恭子のバレエの才能を見出した人物。馬場恭子は素晴らしい踊りをするバレエ団で今のバレエ団は馬場恭子で成り立っているものと法定で検事に言われる。

馬場恭子が事件に関わっていれば、馬場は世界代表のフェスティバル公演の出演はできない。バレエ団経営者の槇原楓も馬場というスターを失い大きな損失になる。

利害関係が一致したから偽装しているのでは??と検事は槇原を攻める。

槇原は否定し続けていると、元木被告は思い出したと言って告白する。

「俺、実は見てないんです。歩道橋でなにも見てないです。嘘でした!!すいません。」

と言い、元木被告は槇原に同情したのか、嘘バレバレの証言をする。周囲がざわついていると

入間みちお入間みちお

ここで証人尋問を行います。書記官の石倉さんです。

書記官の石倉は事件から担当を降りており、事実を証言したいと自分で決めていたのだ。

石倉が現れ、証言台に立つ。

「彼女とは同級生でこの事件に関してずっと考えていました。そしたら、自分のなすべき答えが出ました。僕は僕の職務を全うする。僕が気づいた事を馬場は言わないでと僕に言いました。」

それは馬場が身体を痛めて、痛み止めの薬を飲んでいるということ。

馬場は左股関節を痛めており、馬場が通っていた外科の医師から踊れる状態ではないと石倉は医師から話を聞いていた。

そして馬場が公演に出ないとなると違約金は会場費なども発生する。

公演当日までこの事は伏せられていた、そして馬場は黙っていて欲しいと石倉に言ったのだ。

石倉は法定でさらに話を続ける。

「彼女はバレエが全て。しかしそのバレエによって身体はボロボロ。薬を飲んでも痛みは消えない。このままだと人工関節にしなければいけない状態でもある様です。」

馬場は涙しながら聞いていた。馬場にとって被告人の槇原はバレエの親的存在。身体の事は槇原に言えなかった。。

槇原も泣きながら苦しい顔をし、涙する。元木被告人は切なさそうに見ている。

元トレーナーの矢口は馬場にまでセクハラをしていた。槇原は馬場を守り、矢口を階段から突き飛ばした。

そして馬場が居なくなったら経営不振に陥る事を知り、槇原は馬場はこの事件とは関係がないよう仕組んだのだ。

槇原は泣きながら言う。「こうするしかない。恭子に全てを捧げた・・」

みちおは白鳥の湖にはエンディングが2つあると槇原に伝え、元気づける。

入間みちお入間みちお

バッドエンド、ハッピーエンド、どちらかはこれからにかかっていますよ!!

公判が終わり、馬場と石倉は帰り道を一緒に歩き馬場はさよならと伝える。

学生時代には両思いだった2人。お互いに自分の想いを伝えられなかった関係です。

イチケイの皆は証言台に勇気を持って立った石倉を見直し今好きな人は坂間裁判官だという。

しかし、みちおと坂間の距離は喧嘩をしながらも近づいている。

みちおのいたずらに坂間は振り回され、良いコンビは今日も公判に挑む。

そして日高裁判長は裁判所長長官に正式に内定が決まった。

日高という人物、昔、みちおが弁護士時代に裁判を担当した女性裁判官だ。

第5話  完。

【イチケイのカラス】Twitter第5話/Twitterみんなの感想・反応は!?

【イチケイのカラス】第6話を考察してみた

動画ちゃん

第6話では坂間が日高を連れて皆が集まっているそば屋に向かう様です。日高は裁判長官に内定すお祝いをしていたそうです。そしてみちおは志摩という人物の事件を担当するようですが、弁護士時代にその人物の事件を担当しているようです。

動画ちゃん

予告動画では志摩という人物の家に侵入し現金を奪った人が登場します。そして12年前の事件が再び動き出すようです。坂間は12年前の事件を教えてくれとみちおに言うシーンがあり来週は坂間とみちおが強烈なタッグを組むようです。

【イチケイのカラス】第5話をFODで無料視聴しよう!!

FODプレミアムはどんな人におすすめ!?メリット紹介
FODプレミアムは以下の人におすすめの動画配信サイトです。

  • 現在、放送中のフジTVのドラマを見逃した時。
  • 昔のフジTVの月9ドラマを見たい。
  • フジTVムービーを楽しみたい(踊る大捜査線/ガリレオなど。)昔の作品を観たい。
  • 雑誌100誌以上読み放題したい。
  • フジTVアナウンサーの裏側が知りたい時。
  • フジTVアニメ(ちびまる子ちゃん。ほのぼの、ワンピースなど子供と一緒に見たい時)
  • FODプレミアム詳細情報
    月額料金 976円(税込)
    コンテンツ数(見放題) 3000本以上
    無料お試し期間 2週間
    支払い方法 クレジットカード/キャリア決済/Amazon Pay/iTunes Store/

    【イチケイのカラス】ネタバレと見逃し情報まとめ

    以上、【イチケイのカラス】のあらすじとネタバレでした!! 今週は書記官の石倉の初恋の相手が事件に関わっており複雑なシーンが多かったですね^^

    そしてみちおの昔の事件が公になるようです。坂間とみちおは徐々にわかりあえている?ようですが恋愛関係に発展するのかも楽しみです。

    今週は併合審理をテーマにしたフレッシュな裁判でしたね。

    第1話からの視聴はFODで見ることができます!!



    0 0 vote
    Article Rating