チェンソーマンネタバレ76話
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

前回はマキマによって早川と同様、全てを捧げることになった天使。

一方でアメリカ大統領は銃の悪魔と契約し、全国民の寿命1年を捧げる代わりにマキマを殺してもらうことに。

秋田県沖合に現れた銃の悪魔はさっそく人間たちを銃殺。マキマは待っていた誰かを迎え入れる。さあ76話ではどうなるのでしょうか?

チェンソーマン76話は2020年7月6日(月)発売の週刊少年ジャンプで掲載予定です!

※発売日当日にネタバレ確定速報に変更されます。

ということで、さっそく76話のネタバレ予想します!

ネタバレ注意!

このページでは76話のネタバレ要素を含みます!


チェンソーマン76話のネタバレ予想

相変わらず展開が全く読めないチェンソーマンですが、気になる点をいくつか考察したいと思います。

チェンソーマン76話ネタバレ予想「気になる点がたくさん…」

マキマが支配の悪魔と判明し、さらに銃の悪魔が現れたことでいろいろ気になる点が出てきました。

まずマキマが以前に話した情報の中に嘘がたくさんある可能性があります。銃の討伐遠征をブラフにして、実際は世界を支配しようとしてたわけですから。

ということで気になる点を挙げていきます。

・銃の悪魔の肉片

各国が肉片を分け合っている状態。アメリカでも20%程度しかない。じゃあ、今の銃の悪魔は何なのか?

肉片が寿命を捧げることで完全復活したのか、それとも、肉片を各国が分け合ってるという情報そのものがマキマの嘘で、本体は肉片を減らしてもすぐに復元して常に100%の状態だったのか。

・大統領は誰と電話してるの?

全国民の寿命1年を捧げる前の状態の銃の悪魔の肉片?

肉片が電話できるのか?会話できるのか?

アメリカのどこかに肉片が保存されており、大統領は直接会話するのは嫌だから肉片のしばに受話器を置いて、電話で話しているのか?謎すぎる

・銃の悪魔=自由の悪魔なのか?

考察で銃の悪魔はマキマの支配の悪魔と対になる自由を象徴しているというのがありました。

自由の国・アメリカが銃の悪魔と契約することで支配の悪魔に対抗しようとしているわけですね。

まあ、語呂は合ってるけど、作者がそこまで意識してるのかはよく分かりませんね。

こうなると、今後はマキマ(支配の悪魔)vs自由連合(マキマ以外全て)という構図になっていくのかな。

その時、デンジはどうするのか?まあ、デンジに命令すれば支配できるだろうけど。

・1997年だった

今までなんとなく冷戦時代なのかな?という感じだったけど、明確に年が出てきたのは初めて。

実は1991年にソ連は崩壊してロシアになってるが、チェンソーマンの設定ではそれとはパラレルワールドで、ソ連が崩壊しておらず、冷戦が続いてることになっているのかも。

・マキマの目的

マキマが支配の悪魔と分かったこと。また大統領が「マキマを今殺さないと人類に最悪の平和が訪れてしまう」と語っていたこと。

ということは、マキマの目的は人類の支配。全て支配することで、たしかに人類は平和になるけど、自由はなくなる。

アメリカとしてはそれは容認できない、ということでしょうね。

人類の歴史は支配に対して自由を求めることだったとすると、支配は常に恐怖の対象であり、マキマの力を強くし続けていたということになる。

っていうか、マキマって人類が生まれる前から生きていることになるのか?

・銃の悪魔がゴルゴ13すぎる

大統領はまるでデリバリーでも頼むように、銃の悪魔にマキマの暗殺を依頼していました。

これって、どこかの国が一部の国民の寿命を犠牲にして捧げれば他国のVIPとか軍隊を殺せるってことにもなる。

そんな便利な存在なの?電話一本で暗殺をお届けって便利すぎるよ、銃の悪魔。

・それでも謎なマキマの力

支配する力ってのは分かった。たしかに小動物を支配して会話を聞くことはできるだろう。

でも、銃で撃たれたのをなかったことにしたり、京都から囚人の命を犠牲にして東京の奴らを遠隔で殺す能力って、支配じゃないよね。

天使の記憶を奪って書き換えるのも支配の力なのか?

それとも支配している悪魔が他にいて、その悪魔の力を引き出して使えるってことか?

ちゃんとどこかで説明してくれるんだろうね、作者よ・・・。

・マキマは誰に「おいで」と言ったのか?

これは全く分かりません。考えられるのはデンジあたりか。

実はすでに支配下においていて、命令どおり来たという可能性も。

・銃の悪魔、全然関係ないところに現れてるじゃん!

銃の悪魔が現れたのは作者の出身地でもある秋田県にかほ市。

でもマキマがいる海岸とは違う場所っぽい。

大統領はマキマの暗殺を依頼したのに、全然違う人達を殺してる。これって意味あるの?

それとも銃の悪魔はバカだから、誰でもいいから殺したら依頼完了とか思ってるのか?意味不明すぎる。。。

チェンソーマン76話ネタバレ予想のまとめ

考えれば考えるほど気になる点が出てきて、さらに毎回新情報が盛り込まれる。

チェンソーマンはジャンプの漫画の中でも1番ホットかもしれませんね。

来週も展開が全く読めません・・・

チェンソーマン76話のネタバレ確定速報!

2020年7月6日発売の週刊少年ジャンプのチェンソーマン76話より、確定速報を紹介します。

なんと、ますますワケが分からなくなってます!

チェンソーマン76話ネタバレ「銃の悪魔vsマキマの結果は…?」

前回、銃の悪魔が秋田県にかほ市に出現し、大量虐殺しました。

今回、冒頭では一人の少年がサッカーしに出かけるところで母親からお小遣いもらって微笑んでいました。

その次の瞬間、

「3時18分22秒、銃の悪魔、マキマへ向け前進」

ということで、天地がひっくり返ったように建物が崩壊し、街がぶっ壊れてます。

すると今度は、

「3時18分23秒、マキマが500キロ先の銃の悪魔視認」

なんと1秒後に視認してます。しかも500キロ先にいるのに。

銃の悪魔が移動してるので、当然、途中の道では大勢の人々が死にまくってます。

そして、

「3時18分24秒、銃の悪魔能力発動。周囲およそ1キロの誕生月1月、2月、3月、5月、6月、8月、9月、11月、12月の生物の心臓に銃弾を撃つ能力を確認」

つまり、4月、7月、10月の誕生月の人は除外。うーん、何か意味があるのか?

そしてそんなピンポイントな精度で狙って撃てるのか?どういう理屈なんだろうなぁ。

次は

「3時18分25秒、銃の悪魔停止。銃の悪魔能力発動。マキマへ向け銃撃開始」

ほー、たった3秒間でどれくらい移動したのかな。

そして今度はマキマ。

「3時18分26秒、マキマ能力発動準備。マキマ観測上、29度目の死亡」

えっ?29度目の死亡ってどういうこと?

マキマの能力でしょうか、体から鎖が出て、それが隣にいる早川や天使につながっています。

しかもよく見ると、片腕あった早川の腕がなくなり、両腕なくなってます。

マキマのおでこにたしかに銃弾が当たっているのですが、その穴から脳みそのようなものがニョロっと出て、頭の上で天使の輪っかになってます。

この時のマキマは美しい表情。

観測上ってことは、まるで火山の噴火のような災厄の扱いか。

「3時18分27秒、マキマ能力発動」

すると銃の悪魔の頭上にマキマの頭上と同じ輪っかが登場します。

そしてマキマからは鎖が左右に6本出て、6人とつながっています。

左からプリンシ、沢渡アカネ、早川(ここまでマキマの左側)、続いて天使、天童ミチコ、黒瀬ユウタロウ。

「黒瀬ユウタロウ、天童ミチコの生前契約悪魔『罰の悪魔』、沢渡アカネの生前契約悪魔『蛇の悪魔』、早川アキの生前契約悪魔『未来の悪魔』、天使の悪魔、蜘蛛の悪魔、異常の能力を使用」

マキマも含めて全員、海の上に浮いてます。

他の4人はどこから出てきたんだ?これもマキマの能力か?

「3時18分28秒」

それ以上の説明はありませんが、銃の悪魔の頭上の輪っかからは剣を持った死体のようなものが大勢重なった異形のバケモノが降りてきました。

おそらく、銃の悪魔は倒された?ように見えます。結果は分かりませんが。

チェンソーマン76話ネタバレ「デンジは禁断の扉を開けるか!?」

場面は変わり、早川の部屋のチャイムが鳴ります。

パワーはまだ寝ており、デンジが玄関へ行きます。

「アイツ、やっと帰ってきたよ~」

そう言って扉を開けようとするデンジ。

まさにドアノブをつかもうとした瞬間、ドアの向こうから

「デンジ」

そう呼ぶ声がします。

「開けちゃダメだ」

そのセリフの背景にはかつて何度も夢で見たというドアが。声の主はポチタか?

しかし次のコマでは部屋のドアに戻ってます。ピンポンと何度も鳴ってます。

デンジはまさにドアノブをつかもうとしてるところで今回は終わりです。

チェンソーマン76話の感想と考察

さあ、今回もいろいろ新情報が出てきました。

最後のページのキャッチコピーには

「望まぬ来訪者…誰…!?」

そう書いてあります。

おそらくデンジがドアを開けると、またとんでもない事態になってしまいそう。

ドアの向こうはどこかとつながっており、開けたためにデンジはマキマに呼び出されてしまう可能性もありそう。

そしてマキマの能力発動。見てもよく分からないよ、何が起こったのか。

黒瀬とか天童ってマキマと関係ないところで死んでいる。死体は回収したかもしれないが、死体さえあれば自分の支配下におけるのか?

天使と早川は直接、マキマと契約したから支配下におけるのはわかるけど。

マキマは支配下においたものと契約してる悪魔の能力を発動できるってのが鍵だな。

今までマキマがいろいろな能力が使えるのが謎だったけど、そんなチートな能力だったとはね。

こうなるとマキマこそがチェンソーマンにおけるラスボスってのが有力になってきた。

この世界はずっとマキマと戦って敗れてきた歴史があり、今もマキマを殺すべく世界が動いていた…という前提になりそう。

でもそれだったらとっくに今頃世界を支配していてもおかしくないけど、そうではないのはなぜなのか分からん。

次回はどうなるのか全く想像がつかないなぁ。

あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating