チェンソーマンネタバレ68話確定
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
【厳選8サイト】電子書籍を読むのに最適なおすすめサイト

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

2020年5月11日発売の少年ジャンプ掲載のチェンソーマン67話「地獄旅行」。

第67話では吉田ヒロフミと岸辺がマキマの目的について会話し、クァンシは魔人化して復活します。

デンジは襲ってくる人形たちに苦戦する一方、クァンシは見えない攻撃で師匠に襲いかかります。

さあ68話ではどうなるのでしょうか?

ということで、さっそく68話のネタバレ予想します!

ネタバレ注意!

このページでは68話のネタバレ要素を含みます!


チェンソーマン68話のネタバレ予想

チェンソーマン68話ネタバレ予想「マキマはデンジを利用する目的とは?」

67話ではマキマの目的について吉田ヒロフミと岸辺が会話していました。

吉田曰く、マキマの目的はデンジを守ることじゃないと。

その理由として、

・護衛にしては人数が多く、目立ちすぎる
・護衛を依頼したのはみな3流の奴らだった

そしてマキマも師匠(サンタさん)も何か別の目的で動いているというわけです。

そう考えるとたしかに目立つ行為でしたね。ぞろぞろ連れ歩いて。

これは師匠ら各国から刺客に見つけてもらうため、と考える方が自然でしょう。

デンジという手駒を安易に手放すつもりはないでしょうが、デンジを利用しているのは確かです。

マキマは銃の悪魔を殺すことにこだわる言動をこれまで何度も見せています。

とすると、

①銃の悪魔に対抗できる能力を自分が身につけるため
②銃の悪魔をおびきよせるため

などが考えられます。

①はどうか?

師匠がトーリカを利用して強くなったように、マキマもデンジを生贄に差し出すことで、何かの悪魔と契約して、すごい能力を身につけようとしてるのかもしれません。

②もありそうです。

チェンソーの悪魔は悪魔にとって何か特別な存在なのは確か。

銃の悪魔とも何か因縁がありそうです。

となるとデンジを銃の悪魔をおびきよせる手段に使うのは非常に考えられます。

①と②を合わせて、デンジを使って銃の悪魔をおびき寄せ、最後にはデンジを生贄にして強くなったマキマが銃の悪魔を倒すかも。

チェンソーマン68話ネタバレ予想「下等生物を操るマキマは何の悪魔?」

「マキマは下等生物の耳を借りる」

吉田がそう断言してました。岸辺もそれを知ってるようです。

となると公安関係ではけっこう有名な話かもしれません。

ネズミ、鳥などの耳を借りると言ってますが、耳だけでしょうか?目は借りないのか?

京都から遠隔で東京に攻撃した時はカラスが空を飛んでました。上空からだと会話なんて聞こえないですし。

でも会話が聞こえるというからくりが分かって少しスッキリしましたね。

それにしても、どうやって聞く会話を選り分けてるんでしょうか?

聞きたい会話が先に決まっていて、会話の行われる場所にあらかじめ下等生物を配置しておく必要があります。

そうなると便利だけどけっこう面倒くさい能力です。

スーパーコンピューターみたいのが世界中の全ての会話を分析して有益な会話だけを選んでくれるわけではなさそうです。

下等生物の耳を借りるって何の悪魔と契約すればできるんでしょうか?

ネズミやカラスはたしかに恐怖の対象となりえます。だからといってネズミの悪魔だとネズミしか使役できません。

下等生物全般を使役できるってなんでしょう?

マキマが契約してるだろう複数の悪魔の一つと思われますが、何の悪魔なのかよく分かりませんね。

ちなみに「下等生物」を調べると

下等生物とは、ある種族に対して、決定的に劣っているとされる生物のことである。対比語であるため明確な基準は無いが、現状においてヒトが主観的に使っているため、ヒトと比較して劣っているというニュアンスで用いられる。 (ウィキペディア)

つまり人よりも劣ってる生物全て?ってことになります。

恐怖の対象になるものが悪魔になるわけだけど、こうなると何の悪魔なのかさっぱり分かりません!

チェンソーマン68話ネタバレ予想「魔人化したクァンシは洋弓の悪魔?」

魔人として復活したクァンシ。

デンジの場合は死んでもチェーンを引っ張ると復活しますよね?

クァンシの場合、右目の奥にある剣を取り出すことがきっかけになるようです。

まあ、今まで右目に眼帯をしていたから、傷と思ってたけど、まさか剣の隠し場所だったとは思わなかった。

自分が死んだときの対処の仕方を部下の女に教えていたんだろうな。

そして復活するのに血が必要だから戦闘中のデンジのところに首を落としたというわけか。

裸なのは首だけだったから仕方ないのか?首から下がすぐ再生するってよく考えると凄いな。

そして裸なのにまるで羞恥心がないのも凄い。

そしてサンタクロース師匠が言っていた「最初のデビルハンター」がクァンシだったという事実も驚き。

魔人化したクァンシだが、腕の形状がアーチェリーみたいだから、短剣じゃなくアーチェリー(洋弓)の悪魔なのかもしれない。

弓の特徴としてスピードが速いから、生身のクァンシも動きが見えないほど速かったわけだ。

次号、クァンシと師匠がどういう戦いを繰り広げるのか要注目ですね!

チェンソーマン68話ネタバレ予想のまとめ

人形化したサンタクロース師匠はやっかいですね。

超再生能力で、どれだけやられてもダメージがありません。

マキマを殺す能力を手に入れたわけですから、今回の人形化したボディがそれに該当すると思われます。

超パワー、超再生の人形化ボディの師匠は強敵です。クァンシともいい勝負になりそう。

でも最終的には師匠が勝つような。そしてその後にマキマが現れて、ダメージを負った師匠を殺すような展開になりそうです。

次号も楽しみですね。

チェンソーマン68話のネタバレ確定速報!

2020年5月11日発売の週刊少年ジャンプのチェンソーマン68話より、確定速報を紹介します。

タイトルは「ダークパワー」。さて、どういう意味か。

チェンソーマン68話ネタバレ「」

前回は人形と化した師匠(サンタクロース)vsデンジ&クァンシの戦いになり、師匠によって人形になった人々がデンジを襲いました。

意識は戻ったものの、身体はデンジを殺そうとしています。デンジも人殺しにはなりたくないから、攻撃できず逃げ回りますが、次第に囲まれていきます。

「デビルハンターにこれを殺せますか?」

そう師匠は問いかけます。

デンジが足にチェンソーを出して壁を走れば、人形たちも足からナイフを出して追いかけます。

追いつかれ、やむを得ず殺しますが、「人殺し・・・」と言われてしまい、さすがのデンジも足が止まります。

するとあっという間に囲まれてしまいます。

デンジを取り囲み、山のようになっていきますが、そこへクァンシの支援の矢が飛んできて、人形たちを吹き飛ばし、難を逃れます。

魔人化して相変わらず首から下は全裸ですが、

「人形が人間のふりをしてるだけだ。躊躇するな」

そう諭します。クァンシ曰く、そういうものだと思えば殺せるだろ、ということらしい。

要はバカになれってことです。

すると今度は師匠が壁をぶち破ってクァンシを捕まえます。

上手に4本の手でクァンシの手足を掴みます。

しかしクァンシは矢を飛ばして師匠を吹き飛ばします。

戦いは膠着状態になっていきますが、そんな時クァンシが言います。

「まずいな・・・夜が来る」

夜になるとどうなるのか?そう、ここでタイトルの「ダークパワー」です。

なんと師匠が持つ闇の力が活性化したのか、師匠の見た目に変化が起きてます。

まず頭から角が生えてます。

そして皮膚が褐色に。

そして手の本数が倍くらいに増えてます。当然、パワーやスピードもアップしてるでしょう。

師匠自身も、

「これが闇の力なのですね」

と驚いている様子。闇の悪魔と契約して手に入れた闇の力ですね。

変化した師匠と相対するのはデンジ。すると、フッとデンジの前から消えた師匠があっという間に間合いを詰めてデンジをふっとばします。

その瞬間、クァンシから矢が飛んできますが、なんと師匠はその矢をすべてキャッチしました。

そして師匠は、

「あなたが私を殺してる間に人形を作らせてもらいました」

そう言って登場したのは、人形化したクァンシの愛人の部下二人。目が魚みたいに無機質になってます。

その二人にクァンシを魔人化させたゾンビっぽい部下が腕を掴まれて拘束されてます。

人形化された部下たちの目を見て、さすがにクァンシも思うところがあるのか、

「こればっかりだな」

そうつぶやき、近づいてきたポニーテールの方の部下に胸をナイフで刺されます。

しかしクァンシは刺されながら部下をギュッと抱きしめます。

人形化されたから殺してしまうかと思いきや、けっこう情があるんだな。

それを見て師匠は、

「さて、果たして彼女は人形化できるでしょうか?」

そうつぶやきます。

うーん、クァンシまで人形になったらヤバいな。

そこへ突然、ガソリンを頭から被ったデンジが登場、両手のチェンソーをバチバチと発火させて、全身火だるま状態になって師匠に襲いかかります。

チェンソーマン68話の感想と考察

うーん、今回のチェンソーマンもハチャメチャですね。

さすがに分けわからんことはないですが、師匠がすごすぎる。

ただ、分からないのは現場にいたはずのマキマが全く登場しないこと。

戦いが長引いて、夜になったということは何時間も戦ってるのはたしか。

それだけの時間があればスキを伺って師匠を襲うことだってできるはず。

戦う手段もいっぱいあるだろうし。

なのに登場しない。さらに言うなら、師匠は師匠でマキマを探そうとしてない。

新しく手に入れた武器を使って、目の前のデンジらと戦いを楽しんでるとすら見える。

何かおかしい。

一見すると師匠vsマキマの戦いだが、実は両人とも、別の狙いがあるのでは?と思えてくる。

そのキーになるのはデンジだろうな。ということでさっそく次の展開も予想してみますね。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating