ブラクロネタバレ254
The following two tabs change content below.
中年ペンギン

中年ペンギン

三度の飯の次くらいにマンガが大好き。小学生の頃、兄の影響でマンガ誌を読み始め、ジャンプ、マガジン、サンデーなど少年誌はもちろん、青年誌、はては少女漫画まで興味を持ち、時代の幅も昭和から令和まで幅広い。最近は異世界転生モノのマンガに中毒中…
https://twitter.com/8_8labo/ (ヒロアカの記事更新してます!)

【ピックアップ記事】
どれが1番お得?動画配信サービス、厳選7サイトを徹底比較してみた

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

少年ジャンプ掲載のブラッククローバー(ブラクロ)。

第253話では悪魔の力のパーセンテージを徐々に上げていくヴァニカと、それに対等に戦うノエルの活躍。女同士の熱い友情。

そして最後にはとうとう切り札・ネロが登場してヴァニカを封緘魔法で封じ込めます

さあ254話ではどうなるのでしょうか?

ということで、さっそく254話のネタバレ予想します!

ネタバレ注意!

このページでは254話のネタバレ要素を含みます!


ブラッククローバー254話のネタバレ予想

ブラッククローバー254話ネタバレ予想「メギキュラの呪符魔法はいつ使うのか?」

253話ではヴァニカが最高潮に血がたぎってイキまくってましたね。本当、危ない女です。

そして最後にネロが登場して封緘魔法を使いましたが、254話ではどうなるのか?

その前にヴァニカについてまだ分かってないことをまとめます。

・メギキュラの呪符魔法はいつ使うのか?

・眼帯は何を隠しているのか?

・本当の年齢は何歳なのか?

ここまでヴァニカはノエルに対して血液魔法しか使っていません。

ヴァニカのような悪魔憑きにとって、自分の本来の血液魔法ではない、メギキュラの呪符魔法は切り札のような存在でしょうか?

あまりにも強力すぎて、呪符魔法を使えば必ず勝ててしまうから面白くない。

だから本当に自分が危なくなるギリギリまで使わずにとっておこうとしてる?

悪魔の力を引き出すことで、本来の血液魔法をより強力に扱えるようになり、たいていの相手にはこれで通用してしまうのでしょう。

だからこそ、ネロの封緘魔法で追い詰められた今こそ、呪符魔法を使うべきタイミンなのかもしれません。

ブラッククローバー254話ネタバレ予想「眼帯は何を隠してるのか?」

そして眼帯は何を隠してるのか?

普通に考えれば、眼帯の下には普通の目ではない魔眼のようなものがあると考えられます。

その魔眼こそが呪符魔法ではないでしょうか?

つまり眼帯をとるとき=呪符魔法を使うとき

そういうことなのかもしれません。

あるいは、眼帯は自分の能力を封じるためのものだった、という可能性もあります。

よく剣の達人とかがあえて眼帯をすることで自分を鍛えるというエピソードをよく聞きます。

ヴァニカも今よりもっと強くなるために、あえて能力を抑える眼帯を作らせて、毎日身につけることで強くなろうとしているのかもしれません。

強い相手と戦うのが三度の飯よりも好き、というタイプですから、修行して自分を鍛えるのも好きなのかもしれませんんえ。

最後に、ヴァニカの年齢ですが、前回、30歳以上では?という考察を書きましたが、そう思って253話を読み返したのですが・・・

・・・うん、足が長くてモデルみたいなナイスな体型ですね。乳は大きくないが。

戦う相手が女性だからいいけど、男性だったら超ミニスカだと中が見えちゃいそうで心配になりますね。

年齢に似合わぬ若いファッションですね。

ブラクロ254話ネタバレ予想のまとめ

ネロの封緘魔法でノエルたちが全員「これで封じ込めたか?」と安心した瞬間、ヴァニカが封緘をバーンと打ち破り、ますます嬉しそうに戦いを楽しみそうです。

絶望的な状況になるノエルたち。呪符魔法を出すまでもなく圧倒的な力の差を見せつけそうですね。

というか呪符魔法を出されたら今のノエルたちだと防げないのでは?

次回は休載なのでこの後どうなるか悶々としそうです♪

ブラッククローバー254話のネタバレ確定速報!

2020年6月22日発売の週刊少年ジャンプのブラッククローバー254話より、確定速報を紹介します。

ブラッククローバー254話ネタバレ「力の差」

前回、ロロペチカとノエルが連携して攻撃してヴァニカの魔力を使わせて、最後にネロが封緘魔法で閉じ込める作戦でした。

ノエルは

「決まった・・・!ヴァニカの魔力と悪魔の力を封じ込めた!これで・・・」

あーあ、これはフラグが立っちゃいましたね。こういう時はだいたい・・・

ロロペチカによると、これでこの世界に及んでいるメギキュラの力は機能しなくなるはずだと。

つまり自身にかかった呪いも解けているはずだと。

そういうわけで自分のお腹を見てみたら、

「呪いが解けて・・・ない!?」

作戦失敗か・・・。まあ、こんな簡単にやられるわけないよな。

するとヴァニカの方から

「私達に圧倒的に劣るというのに時に予測を超えた魔法を出してくる。やはり人間は興味深い・・・」

人間は、って言っているので、これはメギキュラが発している言葉ですね。

メギキュラがいよいよ喋りだしました。

その瞬間、メギキュラのおぞましい魔力が広がり、ネロが締め付けられ、そして魔力が爆発してロロペチカの水魔法で作った空間が四散しました。

後に残ったのは、攻撃を受けて倒れているノエル、メギキュラの魔力で縛られてるネロ。そして素の状態に戻り、恐怖におびえているロロペチカでした。

「もう少しで私の力は封じられていた。素晴らしいよ、人間。もっと弄りたくなる」

ここでヴァニカの顔がアップになりました。

顔の右側がメギキュラ、左側がヴァニカになってます。

右側は顔が真っ黒、目も真っ黒です。

左側は顔は元のままですが、目の回りにメガネのような魔力の紋様が浮き出ています。

あれですね、永井豪のマジンガーZに出てくる「あしゅら男爵」のようです。

あしゅら男爵の場合、右側が女性で左側が男性でしたが。

ロロペチカは

「なぜ・・・ネロさんの封緘魔法は成功したはず・・・?」

するとメギキュラがご丁寧に答えてくれました。

ブラッククローバー254話ネタバレ「メギキュラの呪符魔法とは?」

このメギキュラ、どことなく研究家の気質があるのか、知識をひけらかすところがありますね。

その説明によると、メギキュラは呪符魔法「衰える世界」を発動していたようです。

衰える世界は、メギキュラに影響する魔法術式を減退させる魔法で、ヴァニカが70%の時点ですでに発動していたという。

なるほど、なかなか用意周到ですね。

「封緘魔法…冥域の魔法でも上手く減退できた。良い実験になったよ」

なんでも研究対象にして、いい結果が得られると喜ぶなんて、悪魔にしては変わり者かもしれませんね。

すると左側のヴァニカが口出ししてきます。

「ちょっとメギキュラ~、邪魔しないでよ。私が楽しんでるんだから」

メギキュラが表に出てくると、あしゅら男爵状態になり、左右で会話ができるのが面白いですね。

ロロペチカの傍らには、メギキュラによってダメージを受けた水の精霊・ウンディーネが倒れています。

メギキュラは

「水の精霊に呪いをかけたのは初めてだ。これも良い実験になった。」

ロロペチカはショックを受けておかしくなる寸前の状態です。

そこへお腹の呪いが反応して激痛で叫びうずくまるロロペチカ。

「おや失敬、私が近づいたせいで呪いが反応してしまったね」

ロロペチカは激痛で動けなくなり、ウンディーネも使い物にならない。

「ここまでだね」

そう言って終わらせようとするメギキュラに今度はヴァニカが口出しします。

「ちょっと待ってよ、ロロペチカちゃん!」

せっかくいいところだったのに、まだ頑張れるよね?と問いかけるもロロペチカは泣いたまま。

「あ、コイツ、もうダメだ」

見切りましたね。

「あ~あ、つまんないの。もう死んでいいよ」

そしてトドメを刺そうとするヴァニカ。

すると!ノエルがゼェゼェ言いながら立ち上がります。

ヴァニカにすれば、ノエルなんてロロペチカの魔法がないとたいしたことがないと思ってます。

それでも突っ込むノエル。それに攻撃を加えるヴァニカ。

「力の差がありすぎて冷めるわー」

すると!

「まだよ!力の差、そんなもの関係ない!」

なんとノエルはヴァニカの攻撃をヴァルキリードレスで致命傷をギリギリ受け流しながら前へ進んできました。

その瞬間、ヴァニカはゾワッとし、メギキュラは「この娘はー!」と何かに気づきます。

そしてノエルは攻撃をかいくぐり、ヴァニカのお腹にまた槍を突き刺しました!

ブラッククローバー254話の感想と考察

まあ、最初の作戦が通用しなくて、心が折れる寸前まで行ったけど、ノエルだけは諦めず立ち上がり、一撃を加えることに成功した感じです。

今回、メギキュラがしゃべったことで、今まで謎だったメギキュラのことが少し分かってきましたね。

悪魔にも個性があるのが面白いですね。

最後の攻撃の時、メギキュラはノエルが以前呪いをかけた女の娘だと気づいたのではないでしょうか?

そしてヴァニカもノエルを認めたことで、また面白がって戦うのかもしれません。

しかし・・・力の差がありすぎて、ここからどう戦うのか。普通に戦ってもやがてはジリ貧になりそう。

ネロがなんとか復活しないと望み薄だなぁ。次回も楽しみ。

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating