「桜の塔」3話のあらすじ感想・ネタバレ・配信先まとめ!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

中年ペンギン

こんにちは、中年ペンギンです!

2021年4月15日(木曜)夜9時から「桜の塔」がスタートしました!

2話では通り魔事件を利用して警視正に出世した漣。最後には爽とのやり取りで本心が少し明るみになりましたね。

ということでさっそく3話のあらすじとネタバレを紹介します!

「桜の塔」のキャスト一覧

<捜査共助課>
上條 漣 玉木宏 警視正に出世した

<捜査一課>
牧園隆文 関智一 捜査一課課長 

・以下、水樹班 捜査一課のノンキャリア

水樹 爽  広末涼子 正義感が強い
富樫 遊馬 岡田健史 若くてイケメン
高杉 賢剛 長谷川朝晴
轟 啓一  駒木根隆介 デブ枠

<警務部> 東大派
吉永 晴樹 光石研 警視総監を狙ってる
馳 道忠 渡辺大知 漣の同期

<警備部> 薩摩派
権藤 秀夫 吉田鋼太郎 警視総監を狙ってる
新垣 広海 馬場徹 漣に態度悪い 長官の息子

<外様派>
千堂 大善 椎名桔平 警視総監を狙ってる

<警視総監>
荒牧 雄彦 段田安則

<高級クラブ「S」>
小宮 志歩 高岡早紀
及川 明深 井本彩花

<上條家>
上條 勇仁 岡部たかし 漣の父親 自殺した?らしい
上條 漣・少年時代 小林優仁

<水樹家>
水樹 鉄朗 小松和重 爽の父 中華料理屋の店主

<その他>
千堂 優愛 仲里依紗 千堂大善の娘
刈谷 銀次郎 橋本じゅん 漣の情報屋
蒲生 兼人 森崎ウィン 逮捕済み

「桜の塔」のキャスト相関図


(公式サイトより引用)

「桜の塔」3話のあらすじ

警視庁捜査共助課の理事官としての手腕が評価され、警視正に昇進した上條漣(玉木宏)は、警務部へ異動。警務部長・吉永晴樹(光石研)から、警察内の不正を取り締まる“警察の中の警察”=監察官のポストを与えられ、警視庁捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)らが半月前に暴力団から押収した拳銃を横流しした主犯を秘密裏に探るよう命じられる。

「東大派」派閥を率いる吉永が、「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)の息がかかった漣を抜擢した裏には、何かよからぬ思惑が潜んでいるはず…。だが同時に、警察官の身辺を隅々まで把握できる警務部には、上層部の弱みを探し出すまたとないチャンスが転がっているのも事実だ。

密かに警視総監の座を狙う漣は、吉永の信頼を得て警務部の中枢に入り込むため、まずは横流し事件の調査で成果を上げようと決意。千堂は「今のお前さんに監察官の仕事は手に余る」と言い、あまりのめり込まないよう忠告するが、その言葉の真意は不透明で…!?

 拳銃を横流しした主犯は水樹班の中にいる可能性が高い――そう推察した漣は、爽に押収当時の流れをヒアリング。押収品保管倉庫に拳銃を届けた高杉賢剛(長谷川朝晴)と轟啓一(駒木根隆介)のどちらかが怪しいとにらむ。

だが、下手に動いて主犯に勘ぐられるのは得策ではない。漣は確実に現行犯で捕まえるため、爽の協力を得て“罠”を仕掛けるが、なぜか読みどおりには事が進まず…。

 横流し事件の根底には“隠された何か”があると考えた漣は、警務部に所属する同期・馳道忠(渡辺大知)に、事件に関連する資料の精査を依頼。

警視正への昇進を見送られて以来、精神のバランスを崩していた馳は、なんとか平静を装って確認作業に取り掛かる。ところが…。やがて“警視庁を揺るがす闇深き真実”が発覚!常に冷静な漣が激しく取り乱す事態にまで発展してしまう――。

「桜の塔」3話のネタバレ

前回、見事に警視正になった漣は警務部に配属される。

漣は吉永から警察の不正を監査する監察官に任命される。

漣は拳銃の横流しの事件を担当することに。警視庁内部の人間が手引したらしく、その主犯を探すことに。

漣は馳と会うが、馳は疲れている様子。漣に対しても自虐的な態度。馳は吉永を顔を見ると激しく動揺。

中年ペンギン

何か変だな。。。。

漣は千堂の家に。漣は今回の人事に何か裏があると睨む。

千堂は上層部の弱みを掴むまたとないチャンスだと唆す。

千堂はあまりのめりこむなよと言う。

「今のお前さんに監察官の仕事は手に余る」

そう言うのだった。どういう意味か?漣も千堂の意図を測りかねる表情。

さて爽を呼び出した漣。38日ぶりに会話した二人。

「水樹班の誰かが拳銃を横流しした可能性がある」

そう漣は言う。

中年ペンギン

誰だ?キャリアの富樫か、ノンキャリの高杉、轟か?。

ゴルフ場にて、警視総監、そして千堂、吉永、権堂の4人。

権堂は吉永に

「千堂を潰すつもりだろ。上條を警務部に入れたのもそういうつもりがあったからでは?」

そう探りを入れる。

中年ペンギン

権堂と吉永は千堂潰しにおいて連携している様子。

漣は爽の実家にて拳銃の押収の件を聞き出す。

漣は高杉か轟かどちらかを疑っている。

当然、爽は無実を証明するために協力せざるをえない。

漣はクラブSにて志歩、刈谷と麻雀を打ちながら作戦会議。

罠をしかけるという。

爽の水樹班は銃のタレコミがあり、現場に行くが、本当に銃を発見する。

中年ペンギン

これはたぶん、漣の仕込みだな。

さて優愛と漣はレストランにて式場選び。しかし漣が興味薄そうなのに不満顔の優愛。

優愛は爽と話す漣の表情が自分には見せてない顔をしていたと指摘する。

中年ペンギン

女の勘は鋭いなぁ。

さて押収した銃を届けに行くのは高杉、轟。後で漣と爽が確認に行くとすり替えられていなかった。

では高杉、轟は無実?漣は

「俺たちの中に内通者がいる」

そう話す。つまり今回の件を知る誰かが高杉か轟に伝えている可能性を指摘する。

漣は自分の席に仕掛けたレコーダーに録音された同僚の会話から、今回の件は何か隠された意図があると睨む。

その時、外で監視していたのが富樫。漣が捕まえると、富樫は漣と爽が付き合ってるかと思って監視していたという。

翌日、富樫は高杉と轟に疑われた件を話す。轟は納得いかない様子。高杉らは現場で覚醒剤を見つける。

漣は馳に、高杉、轟のデータに何か他にも情報がないか探すように依頼。

しかし馳はデータを見て何か表情を変える。

中年ペンギン

こいつは嘘がつけない男だな。

馳が漣の父親のことを聞いてきたので、漣はまるで聞かせるように、警察の理想と現実のギャップに耐えられなかったなどと話す。

これもわざとだろうな。馳は何か思うところがあるようだ。

「強さって何だろう。長いものに巻かれることかな。それとも抗うことかな」

馳は迷いの中にいるようだ。

クラブSにて、千堂と志歩。そこへ吉永と権藤がやってくる。志歩のサプライズだったようだ。

千堂はどうして漣を警務部に呼んだのか問うと、

「興味があったからだよ。上條勇仁の息子だから」

中年ペンギン

ほー、千堂、権藤も分かってるようだ。漣の父親が死んだ件はなにか裏があったようだな。

なんと3人は警察のイロハを漣の父親から教わったという。

「だからうってつけだと思いませんか?」

そう吉永は言う。千堂は怖い顔で吉永を睨む。

中年ペンギン

これは千堂も知ってるな。なんだろう。

権藤は千堂にいつ警察辞めるのかと煽る。

吉永もあなたは警察のトップに立つ器ではないと続ける。

千堂はやってみないと分からないでしょ、と返すが、吉永は「まもなくそれが証明されるでしょう」

中年ペンギン

ほー、これから何か起こるのを知ってるような口ぶり。

場面は変わり、ヤクザの乗る車が止まり、近づいてきたのは高杉。

「金は用意できたのか?」

高杉はその代わりに覚醒剤を渡そうとするが、そこへ漣と爽が拳銃を持って待ち構える。

逃げる車は轟と富樫が車で追う。

そう、富樫が高杉らにバラしたのも仕掛けだったわけだ。

高杉の動機だが、捕まえてもすぐ犯罪を犯す連中に飽き飽きしてきたから。

爽は自分が弱かっただけでしょうと指摘する。広末涼子の泣きの演技。

漣は用意周到なことから高杉の裏に誰かいると睨む。

すると連のスマホが鳴る。馳からだ。

「君に嘘をついた」

「高杉のデータには不備があった。今から送る。それを見ればどうして君が監察官に選ばれたのか分かるはずだ」

馳はなぜ教えたのか?それは連が差し入れた肉まんが美味しかったからそのお礼。

馳は「もう一つ嘘がある」と言い、自分の仕事は決算の仕事じゃないという。

「不正経理の処理だ。」

架空の領収書を紛れ込ませることらしい。

馳は漣の父親が亡くなった時の気持ち、今なら少し分かると。そしてもうどうしようもないんだ、そう話す。

馳は自殺するつもりだ。

漣の脳裏に自殺した父親の姿が浮かぶ。

「ふざけるな」

必死に説得する漣。馳は電話を切る。ダッシュする馳。睡眠薬を手に取る馳。

漣は新垣に電話して助けを求める。先に駆けつける新垣。部屋にはいると馳はもう倒れていた。救急車で運ばれる馳。憤る新垣。

吉永に詰め寄る漣。とぼける吉永。馳のパソコンはデータが全て消されていた。

吉永は拳銃横流しの件を問いただす。現在、高杉は取調べ中だが、吉永は高笑いする。

「君は失態を犯した。私に確認を取るべきだったんですよ。」

そして千堂が部屋に突然入ってきてなんで逮捕したんだと言う。

「高杉は・・・荒巻警視総監の甥なんですよね?」

漣は指摘する。

高杉が甥だと知っていたのは警務部だけ。漣に高杉を逮捕させることで、荒牧の経歴にドロを塗り、その責任を千堂に取らそうとしたわけだ。

吉永は高杉を逮捕したからもう手遅れだと言うが、実は逮捕と言ったのは漣の嘘で、依願退職という形にしたそうだ。

さらに馳が送った不正経理の領収書の画像には吉永の筆跡も。

漣もこれで吉永は一貫の終わりだと確信するが、千堂は馳に責任をとらして吉永は大目に見ると言う。

信じられない漣。廊下で千堂に詰め寄るが、

「だから言ったろ、若さで突っ張れる仕事じゃないんだよ」

そう胸ぐらを掴む。千堂曰く、これが馳を救うことにつながるという。

もし吉永の責任を追求すると、吉永は全力でもみ消しにかかり、馳を社会的に抹殺すらするだろうと。

千堂曰く、吉永は十分傷を負ったし、漣のおかげで荒巻総監にも貸しができる。

その後、荒牧総監の部屋にて総監のドライバーを譲ってもらい、悠々と引き上げる千堂。

馳の病室。漣はあえて父親の話を馳に持ち出し、良心の呵責に耐えられないように仕向けた。

それがこの結果。そして何も変わらなかった。漣はかばんをギュッと握って悔しがる。

「どんだけ闇に染まれば夜が明けてくれるのかな・・・」

漣を後ろから見つめる爽。

爽は言う。

高杉から聞いた話として、押収した拳銃を横流しする仕組みはある警察OBの入れ知恵だったという。

馳のいる病院から帰る漣と爽。それをたまたま目撃してしまう優愛。もう嫉妬まみれの表情ですね。

クラブSに来た漣。刈谷に向かっていう。

「(横流しした)内通者はあんただよな」

中年ペンギン

えー、そうなの?

「桜の塔」4話のあらすじ

昇進に伴う異動で、警視庁警務部の監察官となった上條漣(玉木宏)は、借金返済のために押収品を横流しして依願退職処分となった元警視庁捜査一課の刑事・高杉賢剛(長谷川朝晴)を裏で操っていた人物を突き止める。

その人物とは…漣の父親代わりであり、情報屋としても暗躍する元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)だった!刈谷はどんな目的があって、高杉に横流しのノウハウを教え、事件を起こさせたのか――。

理由を問いただす漣に、刈谷は警察官だった漣の父・勇仁(岡部たかし)が派出所で“自殺”した23年前の事件を警視庁の上層部に思い出させるためだ、と告白。

勇仁は“自殺”ではなく、派出所を訪れた何者かに首を括るよう強要されたのだ、と衝撃の言葉を続ける。しかも勇仁は死ぬ直前まで、当時後輩だった小宮志歩(高岡早紀)が嗅ぎつけた、今回と同じ手口の押収品横流し事件の真相を追っていたというのだ!

刈谷と志歩から、すべては警視庁内で幅を利かせる「薩摩派」派閥によって仕組まれた可能性が高いと聞いた漣は、必ずや父を死に追いやった犯人を突き止めることを決意。

幼馴染でもある捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)に協力を仰ぐことに。漣を囲っている「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は自らの派閥への悪影響を危惧し、復讐をやめさせようとするが、漣は聞く耳を持たず…。(公式サイトより引用)

「桜の塔」の配信先は?

「桜の塔」はテレビ放送後、U-NEXTで見逃し配信される予定です!

※テレビ再放送予定はまだ発表されておりません。

動画配信状況は下記の通りです↓

サービス名 配信状況 お試し期間
U-NEXT 31日間無料
FOD 2週間無料
hulu 14日間無料
Paravi 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

仕事や飲み会でリアルタイムの視聴に間に合わなかった方、また1話から最新話までまとめて観たい方はU-NEXTに無料会員登録して視聴しましょう!

U-NEXTは初回会員登録が31日間無料な上、無料期間でも使えるポイントが貰えるので、観たい回を無料で観れちゃいます。

31日間の無料会員期間のうちに解約すれば料金は一切かかりませんよ!

U-NEXTはドラマ以外にもアニメ、映画、海外ドラマ、バラエティ、ライブ、電子書籍などコンテンツの種類も多く、作品数は業界一です。

この機会にU-NEXTに登録して「桜の塔」以外の話題の作品もチェックしてみてはいかがですか?

登録も非常にカンタンです!

「桜の塔」を無料視聴するならU-NEXTで!会員登録はこちらをクリック!

0 0 vote
Article Rating