東大模試の結果は?「ドラゴン桜2」7話のキャスト・あらすじ感想・ネタバレ・動画配信先は?

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

中年ペンギン

こんにちは、中年ペンギンです!

ついに始まった今期1番の注目の「ドラゴン桜」。

6話では合宿が行われ、同時に麻里のクズ父親が登場し、麻里の進学を巡って桜木と激しいバトルがありました。

桜木の言葉が胸に刺さったのか、父親が一点、受験を認めることに。そして今までヒール役だった藤井がついにデレて、専科に入りたいと。健太にも謝っちゃった。

藤井がツンデレを見せたことで好感度が一気に上がりそうだ。

7話では先代理事長が学園売却をしようとしているらしく、謎の男(市川右團次)を引き連れて学園に。また波乱が起きそうな感じに。

専科では東大模試を受けることになり、場合によっては専科を辞めさせられるメンバーも出てくることに。焦る生徒らは大丈夫なのか?

さあ、7話はどうなるか?ということでさっそく紹介です!

「ドラゴン桜2」のキャスト(出演者)は?

「ドラゴン桜2」のキャスト(出演者)は以下のとおりです。

桜木建二役 – 阿部寛
水野直美役 – 長澤まさみ

瀬戸輝(あきら)役 – 髙橋海人(King&Prince)
早瀬菜緒(なお)役 – 南沙良
岩崎楓(かえで)役 – 平手友梨奈
天野晃一郎(こういちろう)役 – 加藤清史郎
藤井遼(りょう)役 – 鈴鹿央士
小杉麻里(まり)役 – 志田彩良
原健太(けんた)役 – 細田佳央太

米山圭太役 – 佐野勇斗 元教え子
坂本智之 – 林遣都 IT会社の経営者
岸本香役 – 早霧せいな

龍野久美子役 – 江口のりこ 理事長
高原浩之役 – 及川光博 教頭
奥田義明役 – 山崎銀之丞 校長

岩井役 西垣匠
小橋役 西山潤

龍野恭二郎役 木場勝己 久美子の父で先代理事長。
謎の男役 市川右團次。不動産屋?

<専科の生徒の両親の協力度合い>
輝…両親は他界。姉は桜木に助けられたので協力的
奈緒…桜木に説得されて今では協力的
楓…スポーツバカの両親は娘の受験に反対気味。まだ解決してない
天野…桜木に説得されて今では協力的。だが優秀な弟との関係はこじれたまま
藤井…優秀な兄貴二人がいて家では肩身が狭いらしい
麻里…クズな父親だったが6話で桜木に説得され、受験を認めることに
健太…親が出てきてない。どう考えているのか謎

<特別講師>
数学…柳鉄之介役 品川徹(16年前と同じ)
国語…太宰府治役 安田顕
英語…由利杏奈役 ゆりやんレトリィバァ

「ドラゴン桜2」の相関図は?

「ドラゴン桜2」7話のあらすじは?

東大専科の7人が東大模試を受けることになった。模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけない。今の学力では何人かは最低のE判定になることは明白だ。桜木(阿部寛)が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは混乱し、水野(長澤まさみ)も不安に襲われる。

模試に備え、新たに桜木が招へいした英語の特別講師によるリスニング力強化のための驚くべき勉強法が始まる。さらに桜木は、模試に役立つ「東大模試6カ条」を授けるが、菜緒(南沙良)と天野(加藤清史郎)は、焦りから追い詰められていた。

模試当日、プレッシャーに押しつぶされそうな7人は、それぞれの思いを胸に会場に向かう。

一方、龍海学園では先代理事長・恭二郎(木場勝己)が、何やら新たな動きを見せていた…。

「ドラゴン桜2」7話のネタバレは?

東大模試で合格見込みがないとされたら専科をクビにすると宣言する桜木。

水野、高原は反対するが・・・。

さて桜木は「そろそろあいつやっとくか」とつぶやく。次の先生を呼ぶようだ。

輝は死ぬ気でやるしかないと言うが、奈緒や天野は不安がる。

楓はプレッシャー慣れしてるせいか平常心のようだ。

天野は優秀な弟から東大模試のA判定の通知を見せられてますます焦る。

さて東大模試まであと2日。教室には新しい先生が来たが、音楽に合せて踊っている。

その先生とはユリアンだった。

そして生徒らにも同じように踊らせる。

東大入試の英語においてリスニングは4割を占めるという。

そこで特別講師の由利杏奈先生の登場。

麻里は由利のしゃべる声が小さいことを指摘するが、逆にこれがいいと。

これは「ぼそぼそシャドーイング」だと。

リスニングの第一段階はボソボソから始めること。

ただし、最初は適当にやること。日本人は言語に関しては完璧を求めすぎだと。

もし外人からあなたは英語が喋れますか?と聞かれたらたいていの日本人はアイキャンスピークイングリッシュと答えると。

しかし外国人にあなたは日本語をしゃべれるかと聞いたら、みんな自信満々にしゃべれると答える。スシ、スモーと知ってる言葉を並べて。

完璧になんてしゃべれなくていい。まずは自信を持ってしゃべること。言語が上達するコツはココだという。

つまりまとめると、最初はボソボソから始めること。そして顔の筋肉も使って自信満々にしゃべること。

上手くやるコツは「テキトー」と「ものまね」。まねて、なりきること。

そして踊りながら授業が始まる。

奈緒はそれでも不安。リスニングは時間がかかるが、模試まで時間もない。焦る奈緒はそれでいいのかと訴える。

水野が桜木にそれを言うと桜木は

「それでいい。高いハードルを前にすると自分の弱さが浮き彫りになる。自分の弱さを知り、それを乗り越えると人は強くなる」

そう言う。

海を眺める奈緒。それを励ます健太。麻里は「うじうじしてる暇があるなら勉強したら」と突き放す。

天野も海を見て不安がる。そこへ藤井がやってくる。励まそうとするが天野は去っていく。

さて授業。東大模試の6か条。

1.東大模試は年6回受ける・・・長時間で体力勝負だから慣れるため
2.国語は必ず古文から始める・・・現代文は難問。時間配分のため
3.数学は言葉で方針を書く・・・途中経過も評価される。解けなくても点がもらえる
4.必ずおやつを持っていく・・・長丁場だから好きなおやつを食べてリラックス
5.社会は既習範囲からしか出題されない・・・習ってないところは出ない
6.リスニング試験でメモをとるな・・・メモに気を取られて聞き逃すため

模試前日。不安な様子の奈緒、天野。

そして当日。緊張がピークの奈緒、天野。みんな頭が良さそうに見えてしかなたい奈緒。

国語、数学、そして昼休み。奈緒は食べる気になれない。パクパク食べてる周りを見て焦る奈緒。

天野はトイレ中に他の生徒が自分のユーチューブの話をしてるのを聞いてテンションが上がる。

スマホでチェックすると再生10万回で、東大模試の応援コメントがついていた。天野は見てくれている受験生がいることを知り、きっかけをつかむ。

次は英語。英作文にリスニング。そして終了。

「終わった…」と諦め顔の奈緒。

その夜、IT会社では坂本と米山が会話。龍海学園の売却に関する調査資料を手にしていた。

「本当に5人合格出してもらわないと困るんだけどな」

そう語る坂本。一体何を企んでいるのか。次の会議ではこの二人も同席することになったという。

さて翌日。どうだったと感想を求める桜木。

奈緒の感想に「東大受験を辞めたいのか?」と問いかける。奈緒はどうせ無理と言って専科を辞めると言い出して教室を去る。

海を眺める奈緒に岩井と小橋もやってきて励ます。意外にいいやつらだ。

夜、まだ帰宅してない奈緒を心配して瀬戸のラーメン屋に誘う水野。そしてやってくる奈緒。

桜木は奈緒にお前は幸運だなと言う。

奈緒はいろいろ習い事をさせてもらったし、普通の家庭で育った。でも他のメンバーは何かしらいろいろ背負っている。

そして奈緒に対し、お前はこのままだと不幸になると断言する。

「自分が幸運だと気づかない人間は不幸になる」

自分が幸運だと気づかない人間は現状に満足できない。ずっと何かを追い求める。だがそこには覚悟がない。

だからちょっと辛くなると辞めてまた次へ行くが長続きしない。幸運にも次から次への与えられたことが覚悟を鈍らせる。そんな人間が幸せになれるかと。

「幸せになりたかったら、お前は覚悟を決めろ!」

E判定だって20%。つまり100回受験すれば20回合格できる。運も重要。

「東大に合格したければ運に乗れ!」

そして数週間後。模試の結果発表。

麻里はA判定。健太はC判定。藤井はD判定。

残りの4名はみんなE判定。

突然笑い出す桜木。

「お前らも笑え。失敗したら笑えばいい。大事なのは次どうするかだ」

これからどうするかと問われ、諦めないと答える奈緒。

「この判定は現時点での実力。この結果を受けてそれでも東大を目指そうと思えるなら東大に合格する見込みがある」

さらに、A判定からD判定までで全体の50%。つまりE判定は残り半分だったらしい。

つまりD判定なら半分よりも上ということになる。

そして奈緒は実は一番D判定に点数が近かったという。

みんな雰囲気が良くなったものの、藤井だけは浮かない顔。

海岸で判定の用紙をクチャクチャにする藤井。そこへやってくる桜木と天野。

「その悔しさを忘れんな!」

涙を流し「ふざけんな・・・」と悔しがる藤井。あー、藤井が泣いちゃったよ。

慰めようとする天野。藤井と天野に友情が生まれつつあった。

坂本の会社にて、先代の理事長、坂本、米山、そして不動産の市川右團次とその部下。そしてかつて桜木の信頼する弁護士だった岸本。

売却の話は順調に進んでいるようだ。理事長は東大5人合格を出したら桜木にもう用はないと言う。

ラーメン屋でスマホで何かのメッセージを受け取り表情が変わる桜木。誰かから学園売却の詳細な資料が送られて来たようだ。

「ドラゴン桜2」8話のあらすじは?

東大合格者が5人出たら学園は売却される…。

桜木(阿部寛)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画が発覚。その背後に不穏な動きもあり…。

最大の危機に見舞われる一方で、桜木は生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授する。それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、それに合わせた攻略法だ。また、水野(長澤まさみ)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。

そんな中、楓(平手友梨奈)は一人悩んでいた。桜木はその様子に気づくが…そして、アクシデントが楓を襲う。

さらに、桜木の前に意外な人物が現れる…

「ドラゴン桜2」の見逃し配信・無料動画フルをParaviで視聴しよう!

「ドラゴン桜2」の動画配信状況は下記の通りです↓

サービス名 配信状況 お試し期間
Paravi 2週間無料
U-NEXT 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

今回は「ドラゴン桜2」の見逃し配信や無料動画の視聴方法について調査してみました。

「ドラゴン桜2」はテレビ放送後に見逃し配信になるので視聴したい方はParaviに会員登録してみましょう♪

他にもParaviでは関連の作品や、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、映画、バラエティ、ライブなど視聴することができます。

ぜひこの機会にParaviに無料登録してみて、「ドラゴン桜2」を視聴しましょう!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをクリック!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating