合宿編!「ドラゴン桜2」6話のキャスト・あらすじ感想・ネタバレ・動画配信先は?

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

中年ペンギン

こんにちは、中年ペンギンです!

ついに始まった今期1番の注目の「ドラゴン桜」。

5話では藤井とのリベンジマッチが行われ、健太がその才能を発揮。麻里も急遽、専科入りして見事勝負に勝ちました。

藤井の性格の悪さも見事でした。見れば見るほど嫌なヤツに見えてきます。

さあ、6話はどうなるか?ということでさっそく紹介です!

「ドラゴン桜2」のキャスト(出演者)は?

「ドラゴン桜2」のキャスト(出演者)は以下のとおりです。

桜木建二役 – 阿部寛
水野直美役 – 長澤まさみ

瀬戸輝(あきら)役 – 髙橋海人(King&Prince)
早瀬菜緒(なお)役 – 南沙良
岩崎楓(かえで)役 – 平手友梨奈
天野晃一郎(こういちろう)役 – 加藤清史郎
藤井遼(りょう)役 – 鈴鹿央士
小杉麻里(まり)役 – 志田彩良
原健太(けんた)役 – 細田佳央太

米山圭太役 – 佐野勇斗 元教え子
坂本智之 – 林遣都 IT会社の経営者
岸本香役 – 早霧せいな

龍野久美子役 – 江口のりこ 理事長
高原浩之役 – 及川光博 教頭
奥田義明役 – 山崎銀之丞 校長

岩井役 西垣匠
小橋役 西山潤

岩崎明人 – 駿河太郎  楓の父
岩崎裕子 – 馬渕英俚可 楓の母

「ドラゴン桜2」の相関図は?

「ドラゴン桜2」6話のあらすじは?

東大専科は3日間の勉強合宿を行うことになった。桜木(阿部寛)が声をかけた麻里(志田彩良)も健太(細田佳央太)の付き添いとして参加し、先日の勝負に破れた藤井(鈴鹿央士)も約束通りやって来た。

合宿初日、16年前に地獄の合宿で飛躍的に成長した経験をもつ水野は、地獄のカリキュラムを発表する。しかし、桜木が発表したカリキュラムは驚くべきものだった!そしていよいよ始まる東大専科の合宿。受験に挑むために最適な食事、運動、生活習慣などあらゆるメソッドを駆使し、令和の合宿に挑む一同。藤井、麻里の存在が彼らに与える影響とは…

そして更なるレベルアップを目指し、桜木はくせ者の国語講師を招へいする。東大合格に向けて着実に前進しているかにみえる彼らに不穏な空気がただよっていた…

麻里の父親はこの人↓

「ドラゴン桜2」6話のネタバレは?

先代の理事長が不動産屋と会っていたという情報から久美子は学園売却をしようとしてるのでは?と考える。

東大合格者数の勝負も、体よく久美子を退かせるための方便では?と疑い始める。

授業では走れメロスを10分で100字以内にまとめる課題が。

読解力がないからまとめられない。作者が何を言いたいのか把握すること。

読解力は幼い頃からどれだけ本に触れていたのかで決まるという。

そして明日早朝から2泊3日で合宿が始まる。特別講師も来るという。

小杉は合宿について「考えておきます」と返答。果たして来るのか?

さて当日。麻里も来る。そして教室に入ると藤井も来ていた。

桜木は今日は何をやっても自由と言う。

輝ら4名は集中できず教室を抜け出すが、健太や麻里、藤井が勉強してるのを見て競争心に火が付き勉強し始める。

競争心がなくては東大に合格できない。麻里や藤井を合宿に参加させた桜木の狙いが当たったようだ。

水野は1日16時間のスケジュールを組むが桜木に却下される。

桜木は今の子供の価値観を尊重せよという。昔の成功体験はかえって邪魔になるという。

さて2日目。

朝6時に制服でラジオ体操。これも狙いがある。

本番と同じ日に起きて、同じものを食べて、同じ服を着る。そうすると本番が特別な日じゃなくなる。

そして国語特別講師。太宰府治。安田顕。ネガティブで「帰りたい」とほざく。

中年ペンギン

髪型といいクセのある挙動といい、インパクトが強かった。でも出番が短めだったのが残念。

国語とは科学。優れた文章は建築学だと。

文章をまとめるとは、頭の中で構造化することだという。

論説の構造の一つ。同等関係。

具体的な文章を抽象的な文章で言い換える。

対比関係。そして因果関係。この中で言い換えが一番重要。英語も数学も言い換える力が求められてる。

読解力が上がれば全教科で役立つ。だから読解力はとても大事。

生徒らが和気あいあいとやってる中、麻里のスマホに母親から着信がある。メッセージを見て麻里は顔色を変える。

英単語でしりとりして、間違えると馬鹿はちまきを巻くという。他の生徒らにバカにされながらもこなす。

すると麻里の両親がやってくる。不穏な空気。

中年ペンギン

さっきの着信は親が学校に来るという件だったらしい。

桜木、水野は面談することに。

進学するかどうかは麻里が決めるべきという流れの中で「大学に行くわけがない」という父親が「どうなんだ!」と机を叩きながら麻里にプレッシャーをかける。

そして父親は「退学させます。明日正式に手続きします」と言って麻里を連れて帰ってしまう。

何も言えない母親は無力だな。

桜木は

「小杉は受験さえすれば東大に行ける。あとはあいつの覚悟さえ決まればな」

藤井ですら

「東大行くのに親の許可なんていらねえだろ」

と言う始末。

さて麻里の家。

父親は「退学だ、あんな学校。お前のためを思って言ってるんだ」と言う。全く聞く耳持たない。

「どこが…」と小声でぼそっとつぶやく麻里。麻里は父親にビンタされてしまう。

桜木は夜、久美子に「折り入って頼みがあって来ました」と言って理事長室を訪れる。

さあ、どういう話し合いがあったのか?

合宿の最終日。麻里の姿はない。

課題は再び走れメロス。今度はキーワードがある。まず時系列に並べる。主語述語を明確にして文章にする。

すると前よりスッキリまとまった。

天野が「友を信じて待つ。それが言いたいことか!」と言う。健太はそれに対し、「麻里ちゃん!」と言う。

そうか、桜木はそう言いたかったのか、とみんなが気づく。

桜木はみなに「今日はお前たちに特別にやってもらいたいことがある」と言う。

さて、麻里の両親が再びやってくる。

聞く耳持たない父親。麻里の顔は腫れている。

辞めさせてどうするのか?という桜木の質問に父親は

「もちろんすぐにでも就職させます。そしていい相手を見つけて結婚させます。女にとってそれが一番いいんです」

と持論を語る。

水野が東大卒だと言うと、父親は水野を指して、「ほら見ろ、女で高学歴だとあんなふうに生意気になる」と語る。

桜木は「学歴は必要ないと言っておきながら誰よりも学歴にこだわってるのはあなたの方なんじゃないですか?」と指摘する。

さらに父親が麻里を進学させないことについて

「あんたはただ娘を自分より優位に立たせたくないだけだ!」

父親が娘に暴力を振るった跡があるだけに、学校側はそれを問題にしようとしたのだが・・・

ここで場面は麻里がビンタされて部屋に戻ったところに戻る。

電話が鳴る。電話は水野からだった。

学校側では桜木、水野、教頭が話を聞いている。

麻里曰く、父親があんな風になったのは10年前におじいちゃんが死んで会社を継いで苦労するようになったから。最初はあんなふうじゃなかったという。

麻里は父親が一人で泣いているのを見ており、私が我慢すればいいんだと思うようになった。

あんな父だけど自分にとっては世界でたった一人の父親だからと。

そして場面は今に戻る。

麻里がそう言っていたことを父親に話す桜木。

ずっとあんたを信じてきた娘をもういい加減、自由にしてやれ、そう説得する。

父親は感極まって涙を流す。

そこへ流れ込んでくる専科の生徒。課題が出来上がったという。今ここで発表してみろと促す桜木。

さて課題の内容は?

課題を読み上げる生徒。課題は麻里が東大に行くべき理由についてだった。

「小杉、こいつらの文章どうだった?」

そう聞くと麻里は

「いい文章かわからないけど、言いたいことは伝わった」

健太に「麻里ちゃん、東大行く?」と聞かれ、麻里は

「私、みんなと目指したい!」

そう宣言する。

「済まなかった・・・。」

そう謝罪する父親。娘をよろしくお願いしますと挨拶して去っていく両親。

中年ペンギン

もう少しごねると思ったが、わりとあっさり引き下がったな。

その後。理事長室にて桜木と久美子。

両親は離婚の方向で進んでいて、麻里と母親が住む場所は久美子が手配しているという。

お礼を言う桜木。

「父親に縛られるつらさは私も理解できるのよ…」

中年ペンギン

麻里が専科に加わると5人合格に近づくため、本来なら手を貸したくないはずの久美子だが、生徒のためにという信念があるからか、そこは協力的だったようだ。基本はいい人なのかもしれないと思い始めてきた。

専科の教室でたまたま麻里と藤井が二人。

お前も大変だったんだな、と言いつつ、

「俺も、兄貴二人が超優秀で、俺は受験失敗して肩身が狭いっつーか・・・」

「まー人それぞれ。楽に生きてる人なんていないんじゃない?」

さて藤井が参加してくれたことにお礼を言う桜木。

流れ的にここでバイバイという感じになり、焦る藤井。

「ちょっと待てって…」

「ん?まだなんか用か?」

躊躇する藤井に対しイラつく桜木は

「手間のかかるやつだなぁ。自分に素直になれないのかよ?」

そして桜木に促され、

「俺も東大専科に入りたい!」

健太からも一緒に勉強しようと握手され、「このあいだはごめん…」と謝る藤井。

クラス全体がいい雰囲気に。

最後、廊下を歩く桜木が先代とすれ違う。先代のそばにはもう一人男が。

「桜木くん、東大5人出せそうかね?」

「さあ、どうでしょう」

この男が不動産屋かな?市川右團次が演じるこの男は何者なのか?

最後、桜木は専科にて東大模試を受けてもらうと言う。

さらにこの模試で東大に受かる見込みがないと判断されたものは専科を辞めてもらうと宣言する。

驚く生徒ら。

予告では、東大に受かるにはハートの強さが必要だと。自分を肯定することができれば自分の本来の力が呼び起こされる、という桜木の言葉が。

「ドラゴン桜2」7話のあらすじは?

東大専科の7人が東大模試を受けることになった。模試で合格の見込みがないと判断された者は専科をやめなければいけない。今の学力では何人かは最低のE判定になることは明白だ。桜木(阿部寛)が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは混乱し、水野(長澤まさみ)も不安に襲われる。

模試に備え、新たに桜木が招へいした英語の特別講師によるリスニング力強化のための驚くべき勉強法が始まる。さらに桜木は、模試に役立つ「東大模試6カ条」を授けるが、菜緒(南沙良)と天野(加藤清史郎)は、焦りから追い詰められていた。

模試当日、プレッシャーに押しつぶされそうな7人は、それぞれの思いを胸に会場に向かう。

一方、龍海学園では先代理事長・恭二郎(木場勝己)が、何やら新たな動きを見せていた…。

「ドラゴン桜2」の見逃し配信・無料動画フルをParaviで視聴しよう!

「ドラゴン桜2」の動画配信状況は下記の通りです↓

サービス名 配信状況 お試し期間
Paravi 2週間無料
U-NEXT 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

今回は「ドラゴン桜2」の見逃し配信や無料動画の視聴方法について調査してみました。

「ドラゴン桜2」はテレビ放送後に見逃し配信になるので視聴したい方はParaviに会員登録してみましょう♪

他にもParaviでは関連の作品や、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、映画、バラエティ、ライブなど視聴することができます。

ぜひこの機会にParaviに無料登録してみて、「ドラゴン桜2」を視聴しましょう!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをクリック!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating