大河ドラマ「青天を衝け」1話の無料動画やネタバレは?見逃し配信フルに感想・あらすじも!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

中年ペンギン

こんにちは、中年ペンギンです!

2021年2月14日(日)夜8時から吉沢亮さん主演の大河ドラマ「青天を衝け」が放送されています!

ということで第1話のあらすじやネタバレ感想を紹介します!

しかし中には中にはお仕事や飲み会などで「見逃した!」とか「もう一度見たい!」という方もいらっしゃるはず。

「青天を衝け」はNHKで放送されていますが動画サイトによっては実質無料で第1話から視聴することができます。

動画配信状況は下記の通りです↓

サービス名 配信状況 お試し期間
U-NEXT 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 2週間無料
Paravi 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料
動画ちゃん

U-NEXTでは毎月1200Pt付与されるのでそのポイントを使用し、NHKオンデマンドに充当することができます。その他にも「青のSP」「にじいろカルテ」「江戸モアゼル」「書けないッ!?」「遺留捜査」「相棒19」「警視庁強行犯係樋口顕」などが無料で視聴できたり、お得たくさんの動画サイトです。

「青天を衝け」の相関図


(引用:公式サイトより)

「青天を衝け」第1話のあらすじを紹介

武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。

引用:公式サイト
https://www.nhk.or.jp/seiten/story/01/

「青天を衝け」第1話のネタバレと感想

冒頭、北大路欣也が演じる徳川家康が徳川の歴史を語り始めます。

明治維新で近代文明に変わっていく礎を作ったのが渋沢栄一だったと。

そして場面は変わり、物語がスタートします。

文久4年(1864年)。

栄一(吉沢亮)と喜作(高良健吾)が草かげに隠れて待ち受けます。

「来たぞ!」「よし行くで!」

栄一は声をかけるが、侍たちの乗った馬は通り抜けてしまう。それを走って追いかける栄一たち。

走りながら語りかけるがコケてしまう。すると馬が止まりこちらにやってくる。

ひときわ派手な馬に乗っているのは徳川慶喜(草なぎ剛)。

側近たちが刀を構えて切り抱える構え。

栄一は自分を取り立ててほしいと頼み込む。

見つめ合う慶喜と栄一。

どうやら慶喜の側近の平岡円四郎(堤真一)の仕掛けだったらしい。

慶喜は栄一らを明日、屋敷に呼ぶように円四郎に命令して去っていく。

話を聞いてもらえることになった栄一は大喜び。

そして主題歌が流れる。

場面は変わり、天保15年(1844)。

栄一の少年時代から。武蔵国。

岡部の街へ行く栄一の父、母に、「置いてけぼりはいやだ!」とすごい勢いでついていこうとするも、女中たちに阻まれてしまう。

夕方、尾高新五郎が帰ってくる。

子どもたちが「栄一がまたいなくなった」と言い、騒ぎになる。

栄一を心配する両親に叔父叔母、姉ら。人さらいに遭ったのでは?と。

全員が栄一を探す。

姉・なかが押入れを探すもいない。結局、翌朝まで見つからない。

母・ゑいは蚕小屋の中から栄一を見つける。しかし父・市郎右衛門は激怒。父は東照大権現(徳川家康)の言葉を引用して説教する。

栄一は自分を置いていくから思い知らせてやったのだが、母ゑいはどれだけ心配したか言い聞かせる。

栄一もそれが分かったのか反省した様子。

さて武蔵国の血洗島。

稲作に向かないので蚕で生糸を作って暮らしている人々。みんな歌いながら作業。

そして大事な収入源になっていたのが藍染の藍づくり。

藍の葉を育てて、藍玉を作るなど手間のかかる作業。

父・市郎右衛門は農民として、また藍玉作りの職人として、またそれを売る商人として忙しく暮らしていた。

そして栄一は人一倍わんぱくでおしゃべりだった。

栄一といとこの喜作は朝から晩まで駆け回って遊んでいた。

そして血洗島から150キロ離れた常陸国・水戸では・・・

水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)らが軍事演習で大砲を撃っていた。

徳川斉昭は外国が国交を求めてやってくるようになり、いち早く日本を守るために軍事演習を始めていたという。

その中には後の徳川慶喜となる少年・七郎麻呂もいた。

七郎麻呂は見事に鳥を弓で射る。

斉昭は長命の秘訣として毎日、黒豆を100粒、牛乳飲むを一生続けること命令していた。他にも細かい決まりごとがあった。

父親の英才教育だな。

そこへ一大事が。なんと幕府は斉昭が大砲を連発して世の中を騒がせたとして、隠居・謹慎を命じたのだ。

過激とも言える斉昭の思想は幕府から警戒されていたらしい。

日本のことを思って行動しているのに、幕府からは謀反の疑いまでかけられ、斉昭は無念でたまらない。

斉昭は息子のために全てを授けることを決意。

さて6歳になった栄一は父から読み書きを習い始める。物覚えのいい栄一。

外で遊んでいるとお代官様が通る。道端に土下座する農民たち。

こっそり覗き見る栄一。誰かがかごで運ばれていた。誰だ?江戸から来た罪人らしい。

栄一はそれが気になって仕方ない。

尾高の家は渋沢の親戚にあたる。

新五郎は水戸の軍事演習のことを語っていた。水戸様は素晴らしいと。

さて川で遊ぶ栄一たち。すると尾高のところの女の子・千代の櫛が川に流れる。どうやら死んだ父親が買ってくれたたった一つのものらしい。

それを聞いた栄一は追っていく。それを止める皆。

千代に止められるも、栄一は千代が好きで、将来守ってやると告白する。

すると川の向こうに浪人っぽい男がいた。近寄ってくる男。男は千代の櫛を渡してくれた。

そこへお役人が捉えにやってきた。おとなしく捕まる男。あのかごの男だった。

12代将軍・家慶は息子・家祥に子供ができないことに困っていた。

更に将軍にもっとも近い一橋家でも跡継ぎのないまま当主が亡くなっていた。

そこで斉昭の子・七郎麻呂が一橋家の跡継ぎに推挙される。

水戸から選ぶことを渋る家慶に、老中は武芸に秀でて評判の七郎麻呂を選びたいと詭弁を言う。

だが斉昭はそれを断る。七郎麻呂だけは養子に出さず手元に置いておきたいと。

老中はそれに対し、上様が七郎麻呂じゃないとダメだと言ったと斉昭に言う。斉昭もそれに驚く。

斉昭は承知する。斉昭は水戸から初めて出る将軍になれるかもしれないと大喜び。

さて木登りする栄一。あの罪人はどうなっているか気になる様子。岡部の街に行って様子を見に行くかという話になる。

夜、目覚めた栄一は外出し、長七郎らと3人で走る。

陣屋に忍び込む栄一。犬に追いかけられ走る栄一。追いかける役人たち。

喜作、長七郎とはぐれた栄一。何か小さな声を聞く。

家の中をたどっていくと、オランダ語だった。壁をよじのぼる栄一。

罪人の男・高島秋帆が一人でしゃべっていた。櫛の件のお礼を言う栄一。

高島はこの国はどうなるのか?とつぶやく。

高島は長崎で生まれ、出島で砲術を学び、外国人から学んできたという。

「このままではこの国は終わる」

なんで終わるのかと聞く栄一。高島の話に感銘を受ける栄一。

「俺が守ってやんべぇ、この国を!」

栄一はそう啖呵を切る。

明け方戻ってくる栄一ら。

江戸城では七郎麻呂が。家慶と対面する。家慶は亡くなった息子に似てることに驚く。

一橋家に入った七郎麻呂は家慶の慶の字をとり、徳川慶喜となった。

時は江戸時代1847年。栄一の物語はまだ始まったばかり。

続く。

「青天を衝け」第1話Twitterのみんなの感想/反応は!

中年ペンギン

たしかに似てる。この子、可愛かったな。

中年ペンギン

初回の平均視聴率は、関東地区で20・0%でした。初回が20%台になるのは、2013年の「八重の桜」以来8作ぶりです。

中年ペンギン

今回は栄一の幼少期ですが、子役の子がとにかく可愛い。和久井映見との母子の関係もいいし、父親も利発に育った我が子に嬉しそうでした。そして栄一と並行して描かれる徳川慶喜のストーリー。子役の子がすでに草なぎ君に似てる。大人の慶喜の草なぎ君も将軍感があってよかった。そして罪人の男・玉木宏も野生に満ちてよかった。今後も関わってくるのかな?次回はペリー来航。大人の栄一・吉沢亮が登場です!

「青天を衝け」第2話はどうなる?

第2話のあらすじ

父・市郎右衛門(小林 薫)から藍の商いを、いとこ・新五郎(田辺誠一)から読書を習い始めた栄一(子役・小林優仁)。でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。しかし、大人の事情で祭りは中止に。がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。一方、一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は、慶喜と名を改め、将軍・家慶(吉 幾三)から実子のようにかわいがられていた。隠居の身の斉昭(竹中直人)は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。そんな中、ペリー(モーリー・ロバートソン)が日本にやってくることになり…。

「青天を衝け」第1話をU-NEXTで視聴してみよう!

U-NEXTは国内・海外ドラマ・アニメ・映画・などが見放題の動画サービスです。ライブ映像も配信していますので音楽が好きな人にもおすすめです。

作品数は数ある動画サイトの中でもNO.1で新作の映画や話題作を多く配信しています。

またNHKとも連携しており大河ドラマの見逃しなどにも活用できます。

U-NEXTはどんな人におすすめ!?メリット紹介
U-NEXTは以下の人におすすめの動画配信サイトです。

  • 無料で見逃したドラマを楽しみたい時。
  • 無料で昔のドラマを楽しみたい人。
  • 現在、放送されているドラマを見逃した時。
  • 無料でアニメ作品を楽しみたい時。
  • 無料で邦画を鑑賞したい時。
  • 無料で海外ドラマを堪能したい時。
  • U-NEXT詳細情報
    月額料金 2,189円(税込)
    コンテンツ数(見放題) 14万本以上
    無料お試し期間 31日間
    支払い方法 クレジットカード/キャリア決済
    0 0 vote
    Article Rating