「警視庁強行犯係 樋口顕」第1話の無料動画やネタバレは?見逃し配信フルに感想・あらすじも!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

中年ペンギン

こんにちは、中年ペンギンです!

2021年1月15日(金)テレビ東京系列で深夜8:00から「警視庁強行犯係 樋口顕」が放送中です。

内藤演じる警視庁捜査一課強行犯係の警部・樋口顕が、さまざまな事件に挑む同シリーズは、2003年から17年にわたりスペシャルドラマとして8作放送され、12月14日(月)には9作目「鬼火」の放送もあった人気シリーズ。

私も毎週楽しみに見るつもりですが、残念ながら見逃してリアルタイムで見れなかったという方や、もう一度見たいという方もいると思います。

そこで今回は「警視庁強行犯係 樋口顕」第1話の無料動画や見逃し配信の視聴方法やネタバレ・感想について調査しました!

結論から言うと、「警視庁強行犯係 樋口顕」はテレビ放送後、Paraviで見逃し配信されてます!

※テレビ再放送予定はまだ発表されておりません。

動画配信状況は下記の通りです↓

サービス名 配信状況 お試し期間
Paravi 2週間無料
U-NEXT 31日間無料
hulu 14日間無料
FOD 2週間無料
Amazonプライムビデオ 30日間無料

Paraviは初回会員登録が2週間無料なので、観たい回を無料で観れちゃいます。

しかも2週間の無料会員期間のうちに解約すれば料金は一切かかりませんよ!

Paraviはドラマ以外にもアニメ、映画、海外ドラマ、バラエティ、ライブ、ドキュメンタリー、子供向けなどコンテンツの種類も多く、作品数は豊富です。

この機会にParaviに登録して「警視庁強行犯係 樋口顕」以外の話題の作品もチェックしてみてはいかがですか?

登録も非常にカンタンです!

「警視庁強行犯係 樋口顕」を無料視聴するならParaviで!会員登録はこちらをクリック!

Paraviの無料会員登録方法について

ここからは簡単と言っていいと思えるほど数分で終わるParavi無料トライアルの登録方法をご紹介します。

登録方法

    1.「Paravi公式サイト」にて”新規登録”をクリック
    2.登録ページにアクセスし、視聴確認する
    メールアドレスでアカウント新規作成するか、ヤフー、Google、フェイスブック、ツイッター、日経ID、Appleのアカウントでログインできます。
    3.メールアドレスで新規作成するっ場合、必要情報を入力後に”PINコードを送信”をクリックし、メールに届く4桁の番号を入力します。
    4.決済情報を入力。クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンク払いができます。

登録は下記からどうぞ!

Paraviに無料会員登録するならこちらをクリック!

「警視庁強行犯係 樋口顕~」キャストは?

<キャスト>
内藤剛志…樋口警部

佐野岳…樋口の部下・菊池和馬役
片山萌美…樋口の部下・巡査長
小松利昌…樋口の部下・巡査部長
斉藤暁…鑑識課。警部補

矢田亜希子…野心家で暗い過去を持つ記者の遠藤貴子役

川上麻衣子…樋口の妻・樋口恵子役
逢沢りな…樋口の娘・樋口照美役

榎木孝明…強行犯第三係を見守る上司
佐野史郎…樋口警部の盟友にして最大の理解者

<スタッフ>
原作 今野敏
監督 児玉宜久 金佑彦 植田尚
脚本 大石哲也 坂上かつえ 真部千晶
チーフプロデューサー 濱谷晃一(テレビ東京)
製作 テレビ東京 ユニオン映画

「警視庁強行犯係 樋口顕~」相関図は?


(公式サイトより引用)

「警視庁強行犯係 樋口顕~」第1話のゲストは?

第1話のゲストは塚本高史、前野朋哉、サンシャイン池崎、天木じゅんです。

塚本高史…樋口の娘・照美の務めるネットメディアの会社オリエンタルポストのエース記者・今井隆

前野朋哉…警視庁相談センター職員・磯山和麻役

サンシャイン池崎…オリエントポストの編集長・千葉功役

天木じゅん…神待ちサイト利用者で、昔、佐野史郎演じる氏家に補導されたことのある井川沙織役

染谷俊之…警視庁捜査一課 通信担当・巡査の梅原健太役

大河内 浩…警視庁捜査一課長・警視正の田端守雄役

「警視庁強行犯係 樋口顕」第1話のあらすじは?

駅前でスーツケースから松生一彦の毒殺遺体を発見。ポケットに「正義」のタロットカード。樋口顕(内藤剛志)と氏家譲(佐野史郎)が調べると、松生は「神待ちサイト」で家出女性4人を集め殺害した連続殺人犯と判明。世論は正義の鉄槌を下すダークヒーロー「ジャスティス」の出現に沸き立つ。東洋新聞の遠藤貴子(矢田亜希子)とネットニュース記者の今井隆(塚本高史)らが警察の限界を糾弾する中、照美(逢沢りな)が何者かに拉致され…。

「警視庁強行犯係 樋口顕」第1話のネタバレは?

冒頭、強盗事件が起きる。お金の入ったケースを運ぶ警備員を3人の男が襲い、ケースを奪って逃げるが、途中、顔を目撃した女子高生もさらって逃げる。

しかし捜査一課のメンバーがすぐ逃走先のアパートにやってきて2人を確保。逃げた一名を部下の菊池(佐野岳)が追うが、樋口も駆けつけ無事逮捕へ。

本部でねぎらう天童ら。警視総監が樋口をねぎらいとのことで移動へ。

途中、記者に囲まれ取材を受けることに。そこには記者の遠藤(矢田亜希子)も。

そこでの様子をテレビ中継され、オリエンタルポストの編集長の千葉(サンシャイン池崎)と記者の今井(塚本高史)が見ていた。

場面は変わり、夜、顔を隠した男がある男に毒を注入し殺害、遺体をスーツケースにいれてどこかの広場に放置する。

翌朝、樋口家。新聞に自分の顔が載り渋い顔の樋口。

そして娘の照美はなんとネットメディアの会社に就職したらしい。なんと遠藤に触発されたことが志したきっかけらしい。

そして呼び出しの電話がかかる。事件です。

現場に直行する樋口。さきほどの遺体を検分する捜査一課。

被害者の松生のポケットにはタロットカードが入っていた。

そして捜査会議が始まる。

防犯カメラから犯人の後ろ姿が判明。タロットカードは「JUSTICE(正義)」の意味。

さてネットメディア・オリエンタルポストの編集会議。なんと照美もここにいた。

他のメンバーが斬新な企画を立てる中、照美だけ世界の子供の虐待という重いテーマを。

千葉は「そのテーマでPVを稼げるのか!?」と怒る。

どうやら面接の時にネットメディアだから若者が食いつくテーマを扱うと言われたらしい。

そこでしばらく今井の下につくことになる。

今井は実績を積んで信頼を得るまでは頑張れと照美を励ます。

なんだ、今井いいヤツじゃないか。

そして松生の家を捜査する樋口ら。

松生の家からは女性もののアクセサリーがガラス瓶に入れて飾ってあった。

そして中田、菊池は松生の同業者に話を聞くと、女性と一緒にいたところを目撃したという。

その女性は三島絵理子。しかし本人は不在で連絡もつかず。

そして鑑識の吉崎から、松生のスマホの消去されたメールを復元したら、メールが着信したことが告げられる。

その女性は井川沙織。補導歴があり、担当したのはなんと氏家だったという。

氏家に話を聞く樋口。氏家も一緒に井川を探すことに。

新宿のネットカフェを練り歩く2人。そして偶然目撃する氏家。

井川に話を聞く2人。

松生とはまだ会ってないから知らないという。しかし神待ちサイトで出会ったという。

家出した少女が泊めてくれる男を探すネットの掲示板。

翌日、屋上で剣道の素振りをしながら考えをまとめる樋口。

捜査会議で、自宅にあった女性のアクセサリーは戦利品で、拉致した女性の持ち物だった可能性が出てきた。

果たして三島絵理子はどこにいるのか?

そして松生が所持していた別の不動産が発覚し、現場に向かう捜査一課と氏家。

地下室に行くと・・・毒物が見つかる。

遺体は・・・?すると外の林から4人の遺体が見つかる。

一人は三島絵理子だった。死因は毒物による中毒死だった。

一方、樋口はなぜタロットカードを残したのか気になりだす。

これは裁き、正義の鉄槌ではないかと。

被害者の一人の家に向かう中田、菊池。すると写真に写った腕時計は松生宅から見つかったものと一緒だった。

そして樋口に取材する遠藤は松生の遺体から出てきたタロットカードについて質問する。もちろん樋口は一切話さず。

捜査会議にて樋口は、犯人はわざわざ遺体を目立つところに起き、警察に知らしめようとしていたと指摘。

「裁きを下すために松生を殺害したんです」

さて、翌朝、樋口宅。新聞には遠藤が取材した記事が載っていた。

そして埼玉県警から別の事件でタロットカードが出てきたと報告がある。

樋口は同一犯人だと指摘する。

そしてまたマスコミに囲まれる天童や樋口ら。そこには今井と照美の姿も。

一方、オリエンタルポストでは千葉がこの事件を徹底的に取り上げてバズらせろと指令を出していた。

そして煽る記事を出してどんどんPVが増えていく。

飲み屋で愚痴る氏家と樋口。そこへ遠藤もやってくる。

オリエンタルポストが反警察の記事を書いていることを話していたら、今井と照美がやってくる。

今井は樋口の話を聞きたがるが、樋口は話す気はないと言う。

「法律に限界があるから事件が起きたんじゃないですか?」

そう問う今井に氏家も反論する。

「それでも犯罪は法律で裁くべきだ。自分こそ正義と思ってるとしたら、それこそ傲慢だ」

そう樋口は言う。

自宅に帰っても樋口と照美は少し言い合いをしてしまう。

そして次の犯罪が。

犯人らしき男がメールで「君の力を貸してほしい」と打っている。

翌朝、飲み屋街のゴミ収集所から遺体が。

被害者はDV男だった。

またもジャスティスと思われる事件が起きたことでマスコミに囲まれる天童ら。

遠藤が厳しいツッコミをする。今井は

「樋口刑事はどうお考えですか?」

そう切り込む今井。

樋口は、法の限界で捕まえたくても捕まえられない悔しい思いをしてきた。

現行のルールは先輩方が築き上げてきたもので、法を破ったら警察は警察でなくなる、と言う。

オリエンタルポストの会議ではさきほどの会見についてつっこまれる照美だが、果敢に言い返すものの悔しい思いをする。

励ます今井。優しいなぁ。家まで送ってくれるって。

しかし帰宅途中に照美を追う怪しい車が。そして拉致されてしまう。

眠らされてどこかへ運ばれる。

樋口の妻・恵子から照美が昨日から帰ってないと連絡を受ける樋口。

心配してオリエンタルポストへ行く樋口。

そこには今井がいた。

すると樋口の元に照美からメールが。添えられた写真には捕まっている照美の姿が。

捜査本部にてその話で大騒ぎになる。

そこへジャスティスから樋口あてに電話がくる。

ジャスティスは

「あんたに知ってもらいたかったのさ。理不尽な犯罪で家族を失った人がどうなるのか」

「娘がどうなるか楽しみだな」

そして天童は樋口を自宅待機にする。

「捜査に私情が絡めば判断を誤ることがある」

自宅に帰る樋口。

「すまん、俺のせいだ」

そう恵子に謝る樋口。

そしてタバコを買ってくるといって外出する樋口。

そう、お決まりの自宅待機からの単独行動。

そして待っていた氏家。氏家は監視役で派遣されたらしい。氏家にそこをどけと懇願する樋口。

氏家はさっそく一緒に捜査することに。

さて監禁場所にて目を覚ます照美。助けを求めると、犯人がやってくる。

2人はタクシーの後を追う青い車を発見。部下たちに依頼して車を借りた男の素性を割り出す。

その男はひここもりで、ジャスティスに頼まれて車を借りて指定された場所へ置いただけだったという。

男はジャスティスから力を貸してほしいと言われて嬉しくて実行したという。

男の母親によるとメールが来る前日、男が家で暴れて警察に相談したという。

うーん、これは生活安全課の警察官が怪しくなってきたぞ。

樋口らもジャスティスが犯人の情報を知るのは大変だが、一つだけ方法がある。

つまり、内通者の存在。

さっきの相談を受けたのは磯山という警察官。

これまでの事件でも相談を受けたのが磯山。その磯山は有給をとって休んでいた。

その磯山、3年前まで他の署の刑事課にいたのに内勤を命じられたということは、何か大きな問題を起こしたようだ。

磯山には事件当時、アリバイがあった。ということは共犯者がいたことになる。

樋口らは磯山がいた署に話を聞きに行く。

3年前、ストーカー殺人事件で、犯人は規制法のギリギリをかいくぐり逃れていた。磯山は取り締まるべきと上に訴えたが却下され、無視するように命じた。

その直後、殺人事件は起きた。磯山は激しく後悔。

そして磯山は犯人を逮捕する際に暴走して殴りまくってしまった。そのせいで現場を追われてしまう。

その事件の遺骨は被害者の父が引き取ったという。

磯山がジャスティスを名乗り、警察に代わって犯罪者を裁いていたのだろうか。

そして当時の調書を見て樋口らは驚く。一体何が書かれてあったのか?

氏家は「俺たちが必ず照美ちゃんを救う」と言って別れて捜査に戻る。

一人残された樋口。そこへ非通知で電話がかかってくる。

犯人は一人で指定された場所に来なければ娘を殺すと樋口を脅す。

そしてその場所へ行く樋口。

一方、警察は青い車を発見。天童から指示で照美を救出することに。

すると磯山を発見。追う中田ら。

藤本は照美を救いに行く。

中田は磯山を逮捕する。

樋口は指定された場所へ向かうとジャスティスが待っていた。

「約束どおり一人で来た。照美はどこだ?答えろ、今井!」

そう、樋口には今井だと見当がついていたのだ。

さきほどの調書では被害者の兄として今井の名前があった。

そして今井によると殺人は全て今井で、磯山はターゲットを探してくれただけだという。

その2人の様子はオリエンタルポストのメディアで勝手に生中継されていた。

ざわつくネット。バズりまくり。

天童らもその中継を見る。

今井の告白が続く。磯山は何年も被害者の墓参りに来てくれていたという。

そこで今井と磯山は出会う。

磯山の愚痴を聞く今井。

世の中の理不尽を正すためにジャーナリストになったけど、結局、誰一人救えなかった。

今井は磯山の話を聞いて、警察が裁けないなら僕が裁いてやろうと。

そして2人はターゲットを調べて同じ苦しみを味わせてやったという。

そんな時、今井は偶然、樋口を知った。

今井は樋口の欺瞞を暴いてやろうと照美を拉致したという。

今井は樋口に銃を向ける。そして照美を殺したという映像を流す。

俺が殺してやったよ、という今井。

しかし今井は銃を樋口に渡し、俺に復讐しろよと言う。

さあ、どうするのか樋口!?

涙を流して震える樋口。つかつかと歩き銃を拾う樋口。

銃口を向ける樋口。

「貴様!」

しかし銃を捨てる樋口。手錠で拘束する。

「なんで撃たないんだよ!」

「俺は刑事だ。捕まえて罪をつぐなわせるのが俺の使命だ!」

「ちっくしょう・・・」

かけつける氏家。

「照美ちゃん、無事保護した」

喜ぶ2人。

照美のところに駆けつける樋口。抱き合う2人。

「謝らないといけないのはお父さんの方だ」

樋口は自分の復讐より今井を逮捕することを選んだ。刑事である自分を捨てきれなかったと頭を下げる。

「そんなの当たり前じゃない。だってそれがお父さんの仕事でしょ」

今井を取り調べる天童。

「樋口は引き金を引かなかった。そういう男だ。今井。正義というのはそういうことなんじゃないか」

最後、飲み屋にて樋口、天童、氏家。

「樋口っちゃんが引き金を引かなかったことが今井にとって救いになってるのかもしれないな」

と話す天童。

「今井のような人間を生み出さないためにも踏ん張らないといけません」

そう話す樋口だった。

「警視庁強行犯係 樋口顕」を無料視聴するならParaviで!会員登録はこちらをクリック!

「警視庁強行犯係 樋口顕」第1話の感想は?

中年ペンギン

いやぁー2時間スペシャルは濃厚だな。今井は初めから怪しかったから、なんとなくそうかなっって思ってた。警察に失望し裏切られた刑事が内通者というのもよくあるパターン。今回は照美が拉致されて動揺する樋口の演技が見事だった。樋口のぶれない姿勢もグッド!

中年ペンギン

今井役の塚本高史。いい演技するなぁ。磯山役の前野朋哉もいい感じだった。逢沢りなも葛藤するところとか良かったと思う。そして毎度おなみじの榎木孝明と佐野史郎とのシーンも安定感があっていいね。2話も期待大ですね。

「警視庁強行犯係 樋口顕」を無料視聴するならParaviで!会員登録はこちらをクリック!

「警視庁強行犯係 樋口顕」第2話の予想展開や見どころは?

中年ペンギン

第2話「蹉跌」

廃ビルから、進学塾講師・杉山(若林久弥)の刺殺体が見つかる。杉山は近くの路上で若い男と口論の末、刺されていた。

樋口(内藤剛志)班の調べで、加害者は村上颯太(今井悠貴)という杉山の元教え子だと判明。樋口は生活安全課の氏家(佐野史郎)と捜査を開始。

村上が慕っていた予備校講師・笠井裕一(忍成修吾)に話を聞くと、村上は杉山を怖がっていたと打ち明ける。そこに東洋新聞記者・遠藤貴子(矢田亜希子)に出くわし…。

ゲスト出演者

村上颯太役…今井悠貴
学習塾「高村教室」アルバイト講師

笠井裕一役…忍成修吾
予備校「北青山ゼミナール」講師

村上和夫役…小野 了
颯太の父

青沼雄介役…高崎翔太

高村 周役…春風亭昇太
学習塾「高村教室」塾長

「警視庁強行犯係 樋口顕~」第1話の見逃し配信・無料動画フルをParaviで視聴しよう!

今回は「警視庁強行犯係 樋口顕~」第1話の見逃し配信や無料動画の視聴方法について調査してみました。

「警視庁強行犯係 樋口顕~」はテレビ放送後に見逃し配信になるので視聴したい方はParaviに会員登録してみましょう♪

他にもParaviでは関連の作品や、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、映画、バラエティ、ライブなど視聴することができます。

ぜひこの機会にParaviに無料登録してみて、「警視庁強行犯係 樋口顕~」を視聴しましょう!

Paraviに無料会員登録するにはこちらをクリック!

★コメント欄にコメントできるようになりました!
あなたの予想もぜひコメント欄に気軽に投稿してください♪(コメント欄はここをクリック!

0 0 vote
Article Rating